[特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター]
[特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター]
 
[JVC団体案内へ]
[10ヵ国での活動へ]
[カンボジアでの活動へ] [ラオスでの活動へ]
[ベトナムでの活動へ] [タイでの活動へ]
[南アフリカでの活動へ] [アフガニスタンでの活動へ]
[イラクでの活動へ] [パレスチナでの活動へ]
[北朝鮮での活動へ] [スーダンでの活動へ]
[調査研究・提言へ]
[JVCに募金へ]
[JVCに入会へ]
[ボランティアへ]
[出張講演・資料貸出へ]
[書籍・開発教育へ]
[メディア掲載へ]
[JVCブックレット刊行へ]
[東京事務所スタッフ日記へ]
[JVC国際協力ポストカード発売中]
[JVC国際協力コンサート]
[25周年記念出版「NGOの選択」へ]
[JVCマンスリー募金へ]
[JVCメルマが登録へ]
[JVC会員専用ページへ]
[ビデオ「カンボジア農村開発」へ]
[JVCキッズページへ]
[JVC WEB担当者ブログへ]
[イベント情報]
【緊急報告会】
パレスチナ:ガザを生きる人々の現状 
2009年1月13日 更新
 

★エルサレム事務所代表・小林が出演の予定でしたが、ガザ緊急支援に伴い急遽パレスチナに戻るため、イベントの内容が変更したことをご了承ください。

■2004年ガザ地区ラファ

12月27日から攻撃を受け続けているガザ地区。すでに800人以上が犠牲、3000人以上が負傷しています(1/12現在)。この地では攻撃を受ける前から流通の封鎖などにより、最低限の生活を送ることすら難しい状況にありました。それは「人間の尊厳への冒涜」とまで言われています。

そんなガザでJVCは子どもの栄養支援の活動を続けてきました。また緊急に医療支援も開始し、エルサレムからガザの人々の声を電話で聞き、伝え続けてきました。これらの活動を現地で行っているエルサレム駐在員の小林和香子と福田直美に電話をつなぎ、報道では伝わらない現地の声をお伝えします。そして、ガザで共に仕事している現地NGOのスタッフの声も(電話録音)お伝えします。

また、ガザの現状、根本的な問題について、イスラエル・パレスチナ問題の専門家と共に考えていきます。

内容

  • ・JVCルサレム事務所日本人スタッフの電話報告
  • ・ガザからの声(現地NGO関係者の電話報告:録音)
  • ・ガザ危機を考える
  • ゲスト:臼杵陽(日本女子大学教授)など
  • 司会進行:JVCパレスチナ事業担当 藤屋リカ
日時 2009年1月15 日(木)19時〜21時(開場18:45)
会場 東京ウィメンズプラザ 視聴覚室
会場へのアクセス 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67
JR山手線・東急東横線・京王井の頭線:渋谷駅下車徒歩12分
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線:表参道駅下車徒歩7分
都バス(渋88系統):渋谷駅からバス4分青山学院前バス停下車徒歩2分
地図はこちら
参加費 500円(JVC会員は無料) 
問い合わせ・申込み 日本国際ボランティアセンター(JVC)
電話:03-3834-2388、FAX:03-3835-0519
E-mail:jvc-jer@ngo-jvc.net 担当:藤屋まで
※事前にお申し込みください。
 
 


 問合せ・資料請求  リンク集  個人情報保護方針  リンク時のお願い

 
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はJVCおよびその関係者に帰属します。 サイトマップ