エチオピア便り(10):畑の石

user-pic
0

CIMG0385.jpg 現場を回っていて「畑に石多いなぁ、こんなの耕すのに邪魔じゃねぇのか?」と思っていたのですが、どうやらわざと石を残しているようで、ちゃんと意味がありました。一つはこれらの石が押さえとなって雨が降った際に畑の土が流れ出るのを防ぐため。二つ目としては、急激に気温が下がった場合でも石の余熱で土地の温度が急激に下がることを防ぐため。三つ目は土地表面を覆うことで水分蒸発量を抑えるため。(らしいです)なるほど。

このブログ記事について

このページは、すけるが2010年7月 5日 04:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エチオピア便り(9):パラグアイより日本」です。

次のブログ記事は「梅雨の合間に農園作業!(7月3日)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ

お問い合わせは、こちらまで。

jvcafricaあっとgmail.com

(あっとを@に変えてご利用ください)