EVENT

2023年11月30日(木)18:00〜19:30
知りたい系

【緊急アクション11】11/30緊急報告会:「停戦後」のガザ人道支援に向けて〜国際協力NGOスタッフの懸念と課題〜

0fc817ec67ec948270cf870bb089551f-1701759218.png

アーカイブ

広報文

10/7以降、ハマースおよびイスラエル当局双方による国際人道法違反が続き、大きな暴力により多くの市民の犠牲が生じています。11/24に4日間の戦闘一時休止および人質・囚人の一部解放が決定し、これを停戦へと繋げる最大限の外交努力が各国に求められています。

いつか戦闘が止まり、最終的には停戦が実現した後でも、ガザの人々には本当に多くの課題が残されます。ガザ全体が被災し、圧倒的に物資が不足している現在、瓦礫の撤去・住居の再建、負傷者の手当やリハビリ、精神的なケア、教育施設の運営といった活動まで、外部からの支援なしに、ガザの人々が人間らしい暮らしを取り戻すことは困難です。

一方で、長年ガザの支援に携わってきた国際協力NGOのスタッフは、現在の状況から今後の現地支援の難しさを懸念しています。そこで今回の緊急報告会では、各団体からそれぞれの視点で見える課題について報告いただき、停戦後においても国際社会が取り組むべき問題を考えます。

※当日は30分ほど、質疑の時間がございます。
※本イベントは後日、アーカイブ動画をJVCのYouTubeチャンネルにて無料公開いたします。チャンネル登録をしてお待ちください。
https://www.youtube.com/ngojvc


◆日時:11/30(木)18:00-19:30
◆場所:オンライン(Peatixのマイチケットからzoomリンクを表示の上、ご入室ください)
※11/30 15:15までにお申し込みの方には、Peatixのメッセージでリンクをお送りしております
◆定員:500名
◆申込:無料

◆登壇:(五十音順)
【国際協力NGO】
和泉羽美(パレスチナ子どものキャンペーン(CCP)/エルサレム事務所駐在員)
大澤みずほ(日本国際ボランティアセンター(JVC)/パレスチナ現地調整員)
矢加部真怜(ピース・ウィンズ・ジャパン(PWJ)/エルサレム事務所駐在員)

【研究者からのコメント】
鈴木啓之(東京大学准教授)

◆司会:JVC並木麻衣
◆主催:特定非営利活動法人日本国際ボランティアセンター(JVC)

登壇者・司会プロフィール

パレスチナこどものキャンペーン(CCP)
和泉羽美(エルサレム事務所駐在員)
京都府出身。高校時代の留学経験から貧困や格差に興味を持つ。在学中、国際関係学・開発学を学ぶ傍ら、中東・アフリカ・アジア地域など約30ヵ国を訪問、ボランティア活動にも従事する。社会問題を解決するためのソーシャルビジネスを展開する企業へ就職後、2021年1月入職。
https://ccp-ngo.jp
-----------------
日本国際ボランティアセンター(JVC)
大澤みずほ(現地調整員)
北海道出身。 子どもの頃にテレビで貧困や紛争などに苦しむ同じ年頃の子どもたちを見て、人々の役に立つ仕事をしたいと思うようになる。 看護師となって緊急医療支援に参加すべく、国内で救急医療に従事する。 その中で命の尊厳や個々人の人生の選択を考えるようになり、青年海外協力隊に参加、南米パラグアイの地域病院や学校で健康啓発活動などを行う。 人々が抱える問題には様々な社会的要因が複雑に関係していることを痛感し、より包括的な支援に関わりたいと考えるようになり、2018年7月、JVCへの入職に至る。
https://www.ngo-jvc.net/
—-------------------------
ピース・ウィンズ・ジャパン(PWJ)
矢加部真怜(エルサレム事務所駐在員)
佐賀県出身。大学在学中に、トルコのクルド系女性政治家の獄中書簡を読んだことやパレスチナへ渡航したことがきっかけで、「テロ対策」の名のもとに横行する人権侵害に関心を持つ。民間企業、政府機関等を経て2021年12月にピースウィンズに入職し、若者の就労支援や子どもの心理社会的支援等の事業を担当。
https://peace-winds.org/
—-------------------------
鈴木啓之(東京大学)
東京大学大学院総合文化研究科グローバル中東研究特任准教授。博士(学術)。専門は中東近現代史、特にパレスチナ問題。著書に『蜂起〈インティファーダ〉:占領下のパレスチナ1967-1993』(東京大学出版会)
1987年、神奈川県生まれ。パレスチナ問題を軸に、近現代の中東地域を研究しています。
2019年9月から 東京大学中東地域研究センターで研究・教育活動に従事。
—-------------------------

司会:並木麻衣(日本国際ボランティアセンター(JVC)広報担当)
1984年、東京都生まれ、福岡・大阪・宮城・千葉育ち。 イラク戦争のニュースを見て「紛争下でもたくましく生きる人々の素顔を探しに行きたい」と思い、東京外国語大学でアラビア語と平和構築を専攻。 "紛争地"パレスチナで暮らしてみたくなり、パレスチナ・イスラエルへ留学。 現地に友人が増え、紛争の両側で生きる人々が抱える問題に直に触れ「日本からできることは何だろう」と悩みを深めて帰国した。2013年からJVCパレスチナ事業担当、2019年から広報担当。 現地に生きる人々の体温を伝えられるNGOでありたい、と願いながら日々活動中。
https://www.ngo-jvc.net/

◆お問い合わせ先◆
(特活)日本国際ボランティアセンター
Tel: 03-3834-2388 (平日 11:00-16:00)
E-mail: info@ngo-jvc.net


★過去のイベントアーカイブはこちら
◎緊急報告会アーカイブ:国際法からパレスチナ・イスラエル情勢を読み解く(2023/10/20)
https://www.youtube.com/watch?v=svb6zmog2Qs
◎緊急報告会アーカイブ:日本の対中東政策とパレスチナ問題(2023/10/29)
https://www.youtube.com/watch?v=JkXwYL0Qf3U
◎緊急報告会:「日本のNGOによる外務省への要請文 イスラエル・パレスチナにおける武力行為の即時停止への働きかけを求めます」(2023/10/12)
https://www.youtube.com/watch?v=6TVIOaoTzvg
◎緊急院内集会:イスラエル・パレスチナにおける武力行為の即時停止へ国際社会と日本の働きかけを求めます(2023/10/20)
https://www.youtube.com/watch?v=x17KbQj0H_Y
◎緊急報告会アーカイブ:ガザ危機をめぐる国際社会の動向 ~国連総会決議A/ES-10/L.25を中心に~(2023/11/03)
https://www.youtube.com/watch?v=DSUqJu6LAkc
◎緊急報告会アーカイブ:イスラエル側の事情〜「頑なさ」の背景を専門家に聞く〜(2023/11/15)
https://www.youtube.com/watch?v=iLI_XtF3Pdc
◎緊急報告会アーカイブ:ガザ・イスラエル情勢をめぐる皆様のご質問に一つひとつ答えます(2023/11/18)
https://www.youtube.com/watch?v=hFbPneEAVbE
◎緊急報告会アーカイブ:イスラエル国内の今 〜世論調査から見る人々の意識と声〜(2023/11/22)
https://www.youtube.com/watch?v=gUVfplSVTPY
◎緊急報告会アーカイブ:

一覧に戻る

同月のイベント

  • 知りたい系
    2024年4月20日(土)14:00-16:30

    4/20(土)憲法問題シンポジウム/ガザ「人道危機の回避と1日も早い停戦を」

    開催予定
  • 知りたい系 参加したい系
    2024年3月26日(火)21:30~22:30

    3/26(火)21:30~【月刊JVC#29】誰が戦争を長引かせているのか ~戦闘勃発から1年、スーダンのいま

    終了
  • 知りたい系
    2024年3月26日(火)20:00〜21:30

    【緊急アクション16】3/26緊急報告会:なぜ入植は続くのか 〜パレスチナ/イスラエルへの視点を「占領」からアップデートする〜

    終了
戦闘勃発から一年 スーダンの現地の声を聞く