アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • 声明/提言書など >
  • 国連・AIDA共同声明: 「『緩和』は不十分:人々はガザ内外へ移動できるべき」
声明

国連・AIDA共同声明: 「『緩和』は不十分:人々はガザ内外へ移動できるべき」

2010年8月 4日 更新

ガザ地区がイスラエルによって封鎖されてから丸3年以上が経ちました。国連と国際NGOの共同体AIDAは、これまで何度も封鎖の解除をイスラエルに対して要求してきました(過去の声明:2009年6月、7月、9月、11月、2010年1月)。

2010年5月31日、トルコからのガザ支援船に対してイスラエル軍が公海上で攻撃を行い、多数の死者を出した事件を受けて、国際的な批判が高まったことにより、イスラエル政府はガザ地区の封鎖をこれまでよりも緩和すると発表しました。しかしこの「緩和」は、140万人が住み、その8割以上の人々が外からの支援に頼っている状態のガザ地区の人々の生活を改善するには決して十分とは言えない内容でした。さらに、ガザで支援活動を行っているNGOは、この封鎖のために活動への影響を今も受けています。

これを受け、国連とAIDAは再度、改めてガザの封鎖を解除するよう呼び掛ける声明を発表し、JVCもこれに署名しました。


「緩和」は不十分:人々はガザ内外へ移動できるべき

2010年7月18日

被占領パレスチナ自治区で活動する80以上の人道開発機関によって構成される国際開発機関協会(AIDA)は、パレスチナ市民と支援従事者にとってガザ地区へ出入りすることの必要性を改めて表明する。

AIDAの加盟団体は、その関係者と受益者たちがガザ地区内外へ移動できることを、国際社会が確保する必要性を強調する。イスラエルが課しているガザ封鎖の緩和は、現時点では人員の移動や輸出への影響を想定していない。極めて限定されかつ選択される許可体制は、専門的な医療ケアを求めている子どもと大人、高等教育の機会を求める学生、トレーニングプログラムを切に必要としている医者とその他の従事者、商業関係者、愛する者を訪ねたいと願う家族、そしてさらに広範な市民たちにとって、依然として変わらぬ状態にある。

アクセスの拒否は悲惨な結果をもたらす―世界保健機関(WHO)によれば、2008年2月から2010年6月までの間に22人の子どもを含む63人が、ガザ地区の外での治療へのアクセスを待っている間に命を落とした。入手した情報によれば、2007年からヨルダン川西岸地区で大学教育を受けたいと願うガザの学生はひとりも(ガザの外に出る)許可を得られず、歯科、作業療法、生体工学などのいくつかの重要な学位課程はヨルダン川西岸地区でしか受けられないということが重大な懸念である。赤十字国際委員会(ICRC)が「違法」と呼ぶこの封鎖は、90%のガザの工場を閉鎖させ、商業界の境界線を跨ぐ移動をほとんどなくし、地域経済を再活性化させる能力を非常に困難にし、封鎖の結果として生じている貧困と失業の軽減を阻んでいる。

この着実に悪化し続ける状況に対処するため、AIDA加盟団体は被占領パレスチナ自治区において数千の職員を雇い、人道開発事業のために何億ドルという資金を拠出している。これらの仕事を効果的に行うためには、私たちの職員のガザ地区とヨルダン川西岸地区と東エルサレム間の移動が可能でなければならない。AIDA加盟団体の職員たちは、ガザ地区に出入りするのに大きな困難に直面し続けている。例えば、この2カ月の間に地元の職員がガザに出入りするための許可申請は、たった39%しか承認されなかった。31%は拒否され、29%は未だに許可待ちの状態にある。一度ガザ入りを許可された職員は、次回は再度申請を行う必要があり、しばしば2度目は拒否される。このことがプログラムを実行することを飛躍的に難しくしており、また支援団体は現在、一人分の仕事のために二人を雇わなければならないことから、より費用がかかる状態になっている。

経済の復興と開発、人道的なニーズを満たすこと、そして被占領パレスチナ自治区における民間人の権利を守ることは、人々と物資がガザ地区・ヨルダン川西岸地区・東エルサレムの間を素早くかつ支障なく移動できるかにかかっている。AIDA執行委員会の議長であり、CARE Internationalの現地代表であるMartha Myersは以下のように述べている:「人々がガザ内外への移動可能性を確保することは、物資の移動を含めた封鎖の解除の一部でしかない。これには特に、治療が必要な患者や、ガザ外で学業に就く可能性のある学生、重要な職務を遂行するためにガザへ入る必要のある支援従事者を含んでいる。私たちは、一方で封鎖に対処するためにイスラエルに対応し続ける国際社会に対して、パレスチナ民間人と人道開発支援職員のアクセスと移動を、すべての当事者が最優先事項として扱うことを要請する」

(以下英文)

An 'Easing' is not enough: People Must Move in and out of Gaza

The Association of International Development Agencies (AIDA), a group of over 80 humanitarian and development agencies working in the occupied Palestinian territory (oPt), reiterates the need for Palestinian civilians and aid workers to enter and exit Gaza.

AIDA members stress the necessity of the international community ensuring that its partners and beneficiaries are able to move in and out of Gaza. Easing of the Israeli-imposed blockade on Gaza, at present, does not envision having impact either on movement of personnel or on exports. The highly restrictive and selective permit regime will remain in place for children and adults seeking tertiary medical care, students accessing higher educational opportunities, doctors and other professionals going to vitally needed training programs, businesspeople, families wishing to visit their loved ones, and the broader civilian population.

Denial of access can have catastrophic consequences - according to the World Health Organization 63 people including 22 children died waiting to access medical care outside of Gaza from February 2008 until June 2010. According to available information, no student from Gaza wishing to pursue university education in the West Bank has been granted permits since 2007, an issue of crucial concern as several important degree programs such as dentistry, occupational therapy, and biomedical engineering are only offered in the West Bank. The blockade, called illegal by the ICRC, has been catastrophic for the Palestinian economy with 90% of Gazan factories closed and almost no movement of the business community over the borders, greatly complicating their ability to revive the local economy and preventing the alleviation of the poverty and unemployment that has been the consequence of the blockade.

In order to respond to this steadily deteriorating situation, AIDA members employ thousands of staff members and implement hundreds of millions of dollars worth of humanitarian and development projects in the oPt. To do this work effectively, our staff must be able to move between Gaza, East Jerusalem, and the West Bank. AIDA members' staff continue to face significant difficulty travelling to and from Gaza. For example, over a two-month period only 39% of permits for national staff to enter or leave Gaza were approved. 31% were rejected, and 29% are still pending. The same staff member that receives an approval one visit, has to reapply and is often rejected the next. This makes it exponentially more difficult to implement programs and much more expensive as agencies must now hire two staff to do the work of one.

Economic recovery and development, meeting humanitarian needs, and honouring the rights of the civilian population in the oPt, depends on the ability of people and goods to obtain rapid and unimpeded access in, within, and out of Gaza, East Jerusalem, and the West Bank. Martha Myers, Chair of AIDA Executive Committee and Country Director of CARE International says: "Ensuring people can move in and out of Gaza is just as much a part of lifting the blockade as the movement of goods. This especially includes patients needing treatment, students with places to take up their studies outside Gaza or aid workers who need to get in to Gaza to carry out their vital work. We urge to the international community, as they continue working with Israel to address the blockade, to make access and movement for Palestinian civilians, as well as humanitarian and development workers, a top priority on their agenda with all the parties."

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-22-1 東鈴ビル4F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net