[特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター]
[特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター]
 
[JVC団体案内へ]
[10ヵ国での活動へ]
[カンボジアでの活動へ] [ラオスでの活動へ]
[ベトナムでの活動へ] [タイでの活動へ]
[南アフリカでの活動へ] [アフガニスタンでの活動へ]
[イラクでの活動へ] [パレスチナでの活動へ]
[北朝鮮での活動へ] [スーダンでの活動へ]
[調査研究・提言へ]
[JVCに募金へ]
[JVCに入会へ]
[ボランティアへ]
[出張講演・資料貸出へ]
[書籍・開発教育へ]
[メディア掲載へ]
[JVCブックレット刊行へ]
[東京事務所スタッフ日記へ]
[JVC国際協力ポストカード発売中]
[JVC国際協力コンサート]
[25周年記念出版「NGOの選択」へ]
[JVCマンスリー募金へ]
[JVCメルマが登録へ]
[JVC会員専用ページへ]
[ビデオ「カンボジア農村開発」へ]
[JVCキッズページへ]
[JVC WEB担当者ブログへ]
[イベント情報]
パレスチナ・ガザに平和を!!
緊急シンポジウム@宇都宮 
2009年1月21日 更新
 

2008 年12 月27 日、イスラエル軍はガザ地区へ大規模な攻撃を開始し、2009 年1 月11 日現在、死者は900 人を超え、その3分の1は子供です。また、イスラエル軍は国連安保理の停戦決議を無視し、非人道的兵器を使って市民を無差別に殺戮しています。ハマスの「テロ」に対するイスラエル軍の「報復」という口実で始まりましたが、事の発端はイスラエルによるパレスチナ占領にあります。今回、パレスチナの現状に詳しい講師陣を招き、今、ガザでは何が起きているのか、パレスチナ問題とは何かを知り、私たちに何ができるのかを一緒に考えましょう!!

日時 2009 年1月24 日( 土) 13:30 - 16:30
会場 宇都宮松が峰教会
〒320-0807 栃木県宇都宮市松が峰1丁目1−5(地図
会場への
アクセス
●東武宇都宮駅から徒歩3分
●JR 宇都宮駅から徒歩約25分
●JR 宇都宮駅から関東バス
 作新・駒入行で8分、
 東武宇都宮駅前下車徒歩3分
プログラム 13:30 講師によるリレートーク「ガザの状況とパレスチナ問題」
15:30 メッセージキャンドル準備
16:00 メッセージキャンドル点灯・黙祷・U-MIC アカペラ
講師 田中 好子さん(NPO パレスチナ子どものキャンペーン事務局長)
[略歴]1986年の特定非営利活動法人パレスチナ子どものキャンペーン設立に参加。ガザ地区やレバノンの難民キャンプで、ろう学校、心理サポート、子ども歯科など、教育、保健、人権に関わる支援事業を実施中。国連パレスチナ問題NGO国際調整委員会委員、同アジア地域調整委員会委員を歴任し、パレスチナのNGOはもとよりイスラエルの平和団体や各国のNGOとの関係が深い。同キャンペーンは1996年に東京弁護士会人権賞を受ける。翻訳書「イスラエル 兵役拒否者からの手紙」(NHK出版2003 年)。

藤屋 リカさん(日本国際ボランティアセンター[JVC] スタッフ 東京事務所 パレスチナ事業担当)
[略歴]広島市での保健所勤務、他NGO勤務を経て、JVCパレスチナ母子保健プロジェクトに現地派遣員として参加。その後、医療調整員として現地で緊急医療支援に携わる。2006年春より現職。海外で医療関係の仕事がしたいと願い、看護師・保健師の資格を取った。そのなかでNGOの活動を知る。問題意識を持ちながら、人々と共に学びながら働ける機会あるいは生き方として、NGO に関わり続けていきたい。著作 『平和・人権・NGO』(新評論・共著、2004)、『NGOの選択』(めこん・共著、2005)など
参加費 無料
当日、会場で募金活動を行います。集められた募金は、NPO パレスチナ子どものキャンペーンと日本国際ボランティアセンターに寄付いたします。皆様の暖かいご支援をお待ちしております。
主催 パレスチナ問題を考えるとちぎ市民の会
呼びかけ
団体
宇都宮大学学生サークルFACT、宇都宮大学学生NGOリソースネットワーク、宇都宮大学学生サークルKAKEHASEEDS、アムネスティ・インターナショナル宇都宮、JVCとちぎネットワーク、まちなか・せかいネット−とちぎ海外協力NGO センター、Vネット、アウシュビッツ平和記念館
後援 宇都宮市市民活動サポートセンター
お問合せ先 パレスチナ問題を考えるとちぎ市民の会
主計(かずえ) 啓太朗
E-mail:shukeitaro@gmail.com
 
 
 


 問合せ・資料請求  リンク集  個人情報保護方針  リンク時のお願い

 
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はJVCおよびその関係者に帰属します。 サイトマップ