[特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター]
[特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター]
 
[JVC団体案内へ]
[10ヵ国での活動へ]
[カンボジアでの活動へ] [ラオスでの活動へ]
[ベトナムでの活動へ] [タイでの活動へ]
[南アフリカでの活動へ] [アフガニスタンでの活動へ]
[イラクでの活動へ] [パレスチナでの活動へ]
[北朝鮮での活動へ] [スーダンでの活動へ]
[調査研究・提言へ]
[JVCに募金へ]
[JVCに入会へ]
[ボランティアへ]
[出張講演・資料貸出へ]
[書籍・開発教育へ]
[メディア掲載へ]
[JVC国際協力コンサート2009 合唱団員募集]
[25周年記念出版「NGOの選択」へ]
[東京事務所スタッフ日記へ]
[JVCマンスリー募金へ]
[JVCメルマが登録へ]
[JVC会員専用ページへ]
[JVCアフリカキャンペーン2008]
[ビデオ「カンボジア農村開発」へ]
[JVCキッズページへ]
[JVC WEB担当者ブログへ]
[イベント情報]
JVJA・パレスチナ緊急報告
「なぜガザ住民は封鎖・大量殺害されるのか」 
2008年3月7日 更新
 

破壊された救急車
破壊された救急車(PMRSホームページより)

パレスチナ・ガザ地区へのイスラエルの攻撃によって、3月1日だけでも60人を超え(2000年に第2次インティファーダ以来、1日の死者数では最悪)、2月27日からの5日間で、パレスチナ人100人以上が殺害されたと報道されています(3月3日現在)。イスラエル側は、パレスチナ人武装グループのロケット弾攻撃によってイスラエル人市民1人が犠牲になったことへの『報復』だと主張しています。近い将来、イスラエル軍によるガザ地区への大規模な侵攻も予想され、その犠牲者数は前例のない規模になる恐れがあります。

一方、150万のガザ住民は、昨年6月以来、いっそう強化されたイスラエルによる封鎖で、食料、生活物資や医薬品がガザ地区にほとんど搬入されなくなりした。またがん患者など重病患者もエジプトなどで治療を受けられず死亡する例も急増しています。

なぜガザの住民は、これほどの苦難を強いられるのか。6月以来、ハマスが実効支配するガザ地区はどうなっているのか。民衆はそのハマスをどう観ているのか。イスラエルはなぜガザ攻撃を繰り返すのか。そしてガザ地区とパレスチナはどうなっていくのか――

長年、パレスチナ取材を続けてきたJVJA会員による緊急報告です。

日時 2008年3月15日(土)
開場13:00 /映像上映・講演 13:30〜16:30
場所 明治大学リバティータワー 9階 1096教室
アクセス 地図はこちらをご参照ください。
内容(予定)
  1. ガザ空爆と侵攻の被害状況・最新映像(解説・土井敏邦)
    • JVCも現地からの最新情報と現地協力団体パレスチナ医療救援協会の空爆による被害等を報告を予定しています(藤屋リカ)
  2. 古居みずえ・報告
    • 映像上映「ガザ住民の生活の現状」(古居みずえ・撮影/編集)
    • 解説(予定)
  3. 土井敏邦・報告
    • 映像上映「ガザはどうなっているのか」(土井敏邦・撮影/編集)
       (第一部)封鎖と民衆、(第二部)ハマスと民衆
    • 解説
共催 現代史研究会/日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)
資料代 1000円
お問い合わせ JVJA事務局 090-6101-6113 office@jvja.net
※先着順(予約は必要ありません)定員140名
 
 


 問合せ・資料請求  リンク集  個人情報保護方針  リンク時のお願い

 
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はJVCおよびその関係者に帰属します。 サイトマップ