JICA モザンビーク プロサバンナ 声明 外務省

モザンビーク「プロサバンナにノー!キャンペーン」から河野太郎外務大臣宛書簡

2018年3月1日に京都で開催されたODA政策協議会(NGO・外務省定期協議会の一環で年3度開催)で、プロサバンナ事業に関連する議題が議論されました。この直前に、外務省より、JVCを含む関係NGOメンバーに対して、「河野外務大臣からの伝達事項」が伝えられました。

これを、事業に抵抗の声をあげる」プロサバンナにノー!キャンペーン」の現地農民組織・市民社会組織に伝えたところ、同キャンペーンより河野太郎外務大臣宛に書簡が送られたのでここに掲載いたします。

河野太郎外務大臣宛書簡

添付別添 2017年10月25日

なお、3月1日は外務省側から重要な伝達事項があると言われたため、NGO側から録音が申し出られ、これが了承されました。その上で、伝達事項の重要度を鑑み、NGOから外務省が読み上げに使用した書面の共有が要請、外務省はこれを持ち帰り検討するとの説明がなされましたが、現在までこの書面の共有は行われていません(要請は何度か行われています)。

書面は提供できないが、当日の録音を公式記録として扱ってよいとの外務省の了解が得られました。
この録音をもとに起こされた記録はこちらをご覧ください。

一覧に戻る

ガザ緊急支援に寄付する