アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • 声明/提言書など >
  • AIDA声明「ガザ地区におけるデモ参加者の不法な殺害 に対し、説明責任を求める」
声明

AIDA声明「ガザ地区におけるデモ参加者の不法な殺害 に対し、説明責任を求める」

パレスチナ事業担当 並木 麻衣
2018年5月22日 更新

アメリカ大使館がエルサレムへ大使館を移転した5月14日、パレスチナ・ガザで行われた非武装のデモに対してイスラエル当局が実弾を使用し、61人が亡くなりました。この状況について、JVCも加盟する現地の国際NGOネットワーク「AIDA」が以下の声明を発表し、JVCも賛同し署名を行いました。

AIDA:ガザ地区でのデモにおけるイスラエルの不法な殺害に対し、説明責任を求める

2018年5月15日

占領地パレスチナで活動する80以上の国際NGOで構成されたネットワークAIDA(Association of International Development Agencies)は、2018年5月14日、ガザ地区の境界で行われたデモにおいて、イスラエルが抗議者を不法に殺害したことを非難する。これまでに61人のパレスチナ人が殺されており、その中には医療従事者1人と子ども8人が含まれている。また2,700人以上の人々が負傷し、ガザ保健庁によれば、その多くはイスラエル治安当局が抗議者に対し発砲した実弾によるものである。これら死傷者はガザ境界線近くで行われている抗議デモで発生している。

クリスチャン・エイドの中東政策提言統括であるウィリアム・ベル氏は、「イスラエルは抗議運動の参加者に対し、殺傷力が高い実弾を必要以上に使用し続けており、これは耐え難いのみならず、明らかな国際法違反である」と述べている。

月曜日のデモは、2018年3月30日から続けられてきた一連の抗議活動の集大成である。この抗議は、75万人以上のパレスチナ人が家を追われた1948年から70周年を記念するものである。ガザ人口の70%以上が難民であり、封鎖された地区の中で悲惨な状況を生きている。

「11年続いた封鎖の結果、ガザ地区は人道危機のまさに瀬戸際だ。封鎖はガザの経済を麻痺させ、支援への依存を増やし、結果として人々の84%が人道支援に頼っている。失業率は驚くべき45%に到達している。ガザに暮らす200万人の女性、男性、男の子、女の子にとって、そこは陸海空を封鎖された天井の無い監獄である。人々は、彼らが生きるこの耐え難い状況がいつかは終わる、という希望を失いつつある」。オックスファムのパレスチナ自治区・イスラエル地域統括を務めるクリス・エイケマンズ氏はこう述べている。

3月30日から、100人以上のパレスチナ人が殺されており、数百人の子どもを含む12,271人が負傷している。それに加え、医療従事者や医療施設も攻撃にさらされ、WHOによれば211人の医療従事者が怪我を負ったほか、25台の救急車が損傷した。病院はあまりに多い怪我人に対応することができず、10年以上も続く封鎖、電力・医薬品・設備の不足により、崩壊寸前である。ガザ地区外で手術を受けるため医療紹介状を得ることは不可能に近く、3月30日以降のデモ参加中に負傷したパレスチナ人たちのうち、21人は手足の切断手術を行うに至っている。

国際法によれば、殺傷力のある発砲は人命への切迫した危機にさらされる状況下のみにおいて使用されるべきものである。イスラエル軍は、武力を必要以上に行使せず自制し、パレスチナ人の生命、健康の権利、集会の自由を尊重する義務を負っている。そして医療従事者を標的にすることは国際法違反であり、ローマ規定における戦争犯罪としてみなされる。負傷した人々の治療を妨げることは、健康の権利を侵害するものであり、集団的懲罰に等しい。

AIDAは第三国に対し、イスラエルの不法な殺人を非難すること、イスラエルが国際法上の義務に反して、非武装のデモ参加者に対する実弾の使用を直ちに中止し、そしてガザの不法な封鎖を終結するよう、圧力を増すことを呼びかける。またAIDAは国連のアントニオ・グテーレス事務総長に同調し、本事件について、責任ある主体が義務を果たすよう、独立しかつ信頼のおける調査を行うことを求める。

80+ INGOs Demand Accountability for Israel's Unlawful Killing of Demonstrators in the Gaza Strip

Jerusalem, 15 May 2018

AIDA, a network of more than 80 INGOs operating in the occupied Palestinian territory (oPt), on Tuesday condemned Israel's unlawful killing of demonstrators at the border of the Gaza Strip on 14 May 2018. So far, 61 Palestinians have been killed, including one medic and eight children, and over 2,700 others have been injured, the majority by live ammunition fired at protesters by Israeli security forces, according to the Ministry of Health in Gaza. The casualties occurred in the context of protests near the fence with Israel.

"Israel's continued use of lethal and excessive live-ammunition against protestors is not only deplorable, but also in sharp contravention of international law," said William Bell, Head of Middle East Policy and Advocacy, Christian Aid. Monday's demonstration is a culmination of a sequence of protests organized since 30 March 2018 to mark 70 years since the expulsion of more than 750,000 Palestinians from their homes in 1948. More than 70 % of Gaza's population are refugees, living under dire circumstances in the besieged Strip.

"The Gaza Strip is on the verge of a humanitarian disaster as a result of 11 years of blockade, which has crippled Gaza's economy and increased aid dependency, with some 84 % dependent on humanitarian assistance, and an unemployment rate which stands at a staggering 45 %. Gaza is an open air prison for 2 million women, men, boys and girls, living under air, sea and land blockade. People are losing hope that the untenable situation they find themselves in will ever be resolved", said Chris Eijkemans, Country Director for Oxfam in the occupied Palestinian territory and Israel.

Since 30 March, more than 100 Palestinians have been killed, and another 12,271 injured, including hundreds of children. In addition, medical personnel and facilities have also come under fire, resulting in the injury of 211 medical staff and damage sustained to 25 ambulances, according to WHO. Hospitals are at the brink of collapse, unable to deal with the vast number of injured as a result of a decade-long blockade and insufficient electricity and medical supplies and equipment. Due to the near impossibility of obtaining a medical referral for surgery outside of the Gaza Strip, 21 Palestinians injured during demonstrations have so far had limb amputations since 30 March.

According to international law, lethal fire may only be used in circumstances where threat to life is imminent. Israeli forces are obliged to exercise restraint and refrain from excessive use of force, and respect Palestinians' right to life, health and freedom of assembly. Targeting medical personnel is a breach of IHL and is considered a War Crime under the Rome Statute. Preventing injured persons from accessing treatment is a violation of their right to health, and amounts to collective punishment.

AIDA calls on third states to condemn Israel's unlawful killings and to step up their pressure on Israel to immediately halt its practice of using live ammunition against unarmed demonstrators, which runs contrary to Israel's obligations under international law, and to lift its unlawful blockade of the Gaza Strip. Echoing the words of UN Secretary General, Antonio Guterres, AIDA urges third states to demand independent and credible investigations into the incidents, and for those responsible to be held to account.

ENDS

For more info, contact: info@aidajerusalem.org

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net