アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
ボランティアをする

NGOの東京事務所で1年間インターンをする

2021年3月12日 更新

責任をもってNGOの仕事を体験・研修してみませんか?
(1年間、週2日)

イベントではお客様の対応もします!イベントではお客様の対応もします!

JVC東京事務所では、スタッフの補佐をしながらNGOの仕事を具体的に知り、NGOの視点を学んでいただくことを目的にしたインターン制度を実施しています。
インターンには仕事に責任をもち取り組んでもらいます。人材育成の一環として研修にも注力します。実際の仕事を通じて、さまざまな人々・チャンスとの出会いもあなた次第です。

インターン修了後のNGOへの就業を約束するものではありませんが、インターン活動を通して得たNGO関連の情報や、多様な価値観、生き方、人脈、そして志(こころざし)を同じくする仲間との出会いは、必ず大きな財産になります。

JVC東京事務所インターン制度のメリット

このインターン制度には以下のようなメリットがあります。

  • 1年間と期間が長いので、国際協力の分野にじっくり関われる
  • 4月~翌年3月なので、個人の年度計画に合わせやすい
  • さまざまな国で多様な活動をしている団体なので、関心事を見つけやすい
  • ベテランスタッフから若手スタッフまで、その得意分野も経験も多様。だからさまざまな学びが得られる
  • JVCに関わる人は多い。インターンはもちろん、多くのボランティアの方、支援者の方との多くの出会いがある

2020年度インターンが関わっているイベント/コンテンツ

事務所での活動のほかにも、2020年度インターンは以下のような活動を自主的に企画/実施しています。

近年受け入れている主なインターン

パレスチナ事業インターン
JVCパレスチナ事業担当の補佐や、パレスチナ伝統刺繍製品の在庫管理、イベントの広報・運営の手伝いなどをお願いしています。
広報グループ(広報・支援者/ホームページ)
JVCの考えや活動を世の中にひろく伝えるための大事な仕事です。広報担当の仕事は多種多様。多忙な広報担当の、"JVCを伝える"作業を手伝っていただきます。また、JVCの会員のみなさんに関する仕事のサポートもあります。
またJVCの広報の一環として、今ご覧のJVC公式ウェブサイトの日々の更新作業をお願いしています。

インターン経験者の声

堀江 恵(収益事業/大学3年生)

20210215-intern-horie.png
【主な仕事は】
JVC国際協力カレンダーについての業務が中心です。JVCで30年以上販売しているカレンダーのランディングページやバナーの作成、注文の入力や販売先であるECサイトの分析などを行います。カレンダーについての仕事以外にも、自分から「こんなことをしたい」という考えを形にすることもできます。私は少しでも収益に貢献したいという思いから、Instagramを使って買い物ができる機能の導入を提案しました。他にも、広報やパレスチナ事業のインターンと協力して、JVCの活動地の若い人と交流するという企画を立てました。
【担当スタッフとどのように仕事していたか】
今年度はオンラインでの勤務がメインだったため、ZOOMを使って、始業の際に担当スタッフとその日にする仕事内容について話し合い、何か質問があればその都度チャット機能を使って質問をしていました。また、自主的に企画したものも担当スタッフと共有することで、足りないところの指摘をもらえます。年度初めに目標を設定し、それに対しての振り返りを定期的に行うので、これから何をすればいいのかなどのアドバイスやフィードバックももらえます。
【活動を通して感じたことは】
この一年、様々な内容の仕事と関わっていくことで、たくさんの知識や経験を得られたと感じました。カレンダーの仕事を通じて、JVCが活動に込めている思いなども知ることができました。また、任される仕事も自分たちで企画したイベントも、必要なスキルや知識は幅広いので、たくさんのことを学ぶことができます。私は文系でパソコンにも強くありませんでしたが、ECサイトの分析やSNSを活用した企画を通じて、パソコンスキルやタイムマネジメント、優先順位のつけ方などについても今後に活かせる能力を身に着けることができました。少しでも興味を持った方は、是非インターン説明会にお越しください!
※堀江さんにインタビューした記事
広報インターンの庄司さんが堀江さんにインタビューした記事です。留学時代のエピソードなどを聞き出しています。
2020年度インターンインタビュー ③【堀江恵】

松田 美夜日(パレスチナ事業/大学4年生)

202102215-intern-matsuda.jpg
【主な仕事は】
パレスチナ事業で販売している刺繍製品の管理・販売や、支援者の方へのお礼状の発送が中心です。また、JVCが開催するイベントの手伝いや、ホームページ・SNS記事の執筆なども担当しました。日によってタスクは異なるので、1年を通じてさまざまな業務を経験することができます。今年は事業インターンの募集はありませんが、インターンの役割として「1人でも多くの方にJVCや事業地のことを知ってもらう」という目的は共通していると思います。他事業同士のスタッフ・インターンが連携して進めていく仕事も多く、担当の垣根を越えて、NGOの仕事を幅広く経験することができました。
【担当スタッフとどのように仕事していたか】
私は週2回の勤務日のうち、1回は事務所で、1回はテレワークで業務を行いました。先が見えづらい状況下なので、原則テレワークとなる可能性もありますが、事務所へ出勤するかテレワークにするかは、業務の内容に応じて担当スタッフと相談します。大学の用事がかぶってしまうなど、週に2回の勤務が難しいときは、自分でスケジュール管理を行い、勤務日をずらしたり、週3回に分けたりすることも可能です。その他、勤務体制や仕事に進め方に関して、この場合はどうすればいいんだろう?と心配な方は、ぜひ説明会にてご質問いただけたらと思います。
【活動を通して感じたことは】
国際協力への多様なかかわり方を学ぶことができました。活動の中では、JVCスタッフやインターンをはじめ、支援者の方々やジャーナリストの方々など、国際協力に携わるさまざまな人々とのつながりが生まれます。その中で、インターンを終えた後に自分にできることは何だろうか、将来を考えるヒントをたくさんもらいました。JVCのインターンを通じて、海外に行かなくてもできる国際協力へのかかわり方を、ぜひ体験してみてください。
※松田さんにインタビューした記事
広報インターンの金岡さんが松田さんにインタビューした記事です。松田さんがパレスチナ事業インターンを選んだ理由などを聞いています。
2020インターンインタビュー④【松田美夜日】

庄司 優衣(広報/大学4年生)

20210225-intern-syouji.jpg
【主な仕事は】
HPやSNSの更新、インターンブログや会報誌の執筆、募金ページの作成など、任される業務は多岐にわたります。中でも、自主企画で挑戦した「JVCスタッフ/インターンインタビュー」「活動地の若者と異文化交流」は、濃い時間でした。インターンは初めに、一年間活動する目的を明確にします。それを達成できるような企画はスタッフの手厚いサポートのもと、どんどん積極的にやらせてもらえる環境が整っているのも、JVCの魅力だと感じました。
【担当スタッフとどのように仕事していたか】
私は完全テレワークだったので、実はオフラインで業務したことが一度もありません。しかし、日々のミーティングで一から業務を教えてもらえたのはもちろん、わからないことがあればオンラインのビデオ通話やチャット電話で確認するので、理解しないまま物事を進めることはありません。また、毎月の面談やランチ交流など、インターンとスタッフの多面な繋がりを維持していたので、仕事以外の話もたくさんできました。
【活動を通して感じたことは】
入って一番良かったなと思うことは、素敵な人たちに出会えたことです。JVCスタッフをはじ初め国際協力に関わる人は、人生に対する熱量をとても感じます。バックグラウンドも興味深く、多様な生き方を学ばせてもらいました。自分の思い描く企画に、フィードバックを何度もしてもらいながら実現していく過程はとても楽しく、自分の力になったと強く思います。NGOとの関わり方に悩みを持ち面接した日から今日まで、楽しくてあっというまの日々でした!
※庄司さんにインタビューした記事
広報インターンの金岡さんが庄司さんにインタビューした記事です。国際協力に関心を持ったきっかけやオーストラリア滞在時期エピソードなどを聞き出しています。
2020年度インターンインタビュー②【庄司優衣】

金岡 一和(広報/大学院生)

20210225-intern-kanaoka.jpg
【主な仕事は】
広報インターンの主な仕事は、HPやSNS掲載の更新や、会誌の作成などがルーティンとしてあります。それに加え、自分がJVCを通してやりたいことは、企画から実行まで普段の業務としてできることが魅力的でした!今年度は、インターン・スタッフインタビューの実施を積極的に行い、ブログ掲載を定期的に行いました。いつでも相談できるスタッフがおり、今まで何かを企画したことが無い人でもチャレンジする環境がJVCにはあります!
【担当スタッフとどのように仕事していたか】
私はパソコンが大の苦手だったので、オンラインでの仕事がとても不安でした。なので、4月から現在でも分からないことはすぐにスタッフに聞くようにしています。あれこれ聞くのは少し怖い...申し訳ない...と思ってしまいがちですが、そんな不安を感じる前に、スタッフが丁寧に説明して下さりますし、質問があるかを適宜聞いてくれるので安心です!また、国際関係のニュースについて深いお話ができるのも、私の密かな楽しみになっています!
【活動を通して感じたことは】
私がインターンを通して感じたことは、国際協力は人生を通してできることです。インターンをする前は、なるべく早く国際協力の現場で活躍したいと、必要以上に肩に力が入っていたと思います。しかし、インターンを通して色んなスタッフの話を聞き、日本の一般企業に就職しても、そのスキルを再び国際協力に活かすという道があることを知りました。また、ボランティアや支援など、個人として出来ることもたくさんあると学びました。
※金岡さんにインタビューした記事
広報インターンの庄司さんが金岡さんにインタビューした記事です。美容に関心があることやものの考え方などを聞き出しています。
2020年度インターンインタビュー①【金岡一和】
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net