アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
ボランティアをする

NGOの東京事務所で1年間インターンをする

2018年1月23日 更新

責任をもってNGOの仕事を体験・研修してみませんか?
(1年間、週2日)

イベントではお客様の対応もします!イベントではお客様の対応もします!

JVC東京事務所では、スタッフの補佐をしながらNGOの仕事を具体的に知り、NGOの視点を学んでいただくことを目的にしたインターン制度を実施しています。
インターンには仕事に責任をもち取り組んでもらいます。人材育成の一環として研修にも注力します。実際の仕事を通じて、さまざまな人々・チャンスとの出会いもあなた次第です。

インターン修了後のNGOへの就業を約束するものではありませんが、インターン活動を通して得たNGO関連の情報や、多様な価値観、生き方、人脈、そして志(こころざし)を同じくする仲間との出会いは、必ず大きな財産になります。

2018年度インターンの募集を開始しました! (1月12日更新)

現在、2018年度JVC東京事務所インターンの募集を実施しております。募集は年に1度、このタイミングだけです。詳細は上のリンク先のページをご覧いただき、ぜひご応募いただければと思います。

JVC東京事務所インターン制度のメリット

このインターン制度には以下のようなメリットがあります。

  • 1年間と期間が長いので、国際協力の分野にじっくり関われる
  • 4月~翌年3月なので、個人の年度計画に合わせやすい
  • さまざまな国で多様な活動をしている団体なので、関心事を見つけやすい
  • ベテランスタッフから若手スタッフまで、その得意分野も経験も多様。だからさまざまな学びが得られる
  • JVCに関わる人は多い。インターンはもちろん、多くのボランティアの方、支援者の方との多くの出会いがある

近年受け入れている主なインターン

アフガニスタン事業インターン
JVCアフガニスタン事業担当の補佐や、アフガニスタン関連のニュースを日本語で紹介するアフガン・ウォッチの作成などをお願いしています。
アフリカ事業インターン
、JVCスーダンおよび南アフリカ事業全体の補佐や、南アフリカのクラフト雑貨の管理、情報収集(アフリカ関連時事問題、援助、農業、HIV/エイズなど)、イベント等での広報ツールの作成が主な仕事です。
パレスチナ事業インターン
JVCパレスチナ事業担当の補佐や、パレスチナ伝統刺繍製品の在庫管理、イベントの広報・運営の手伝いなどをお願いしています。
広報グループ(広報・支援者/ホームページ)
JVCの考えや活動を世の中にひろく伝えるための大事な仕事です。広報担当の仕事は多種多様。多忙な広報担当の、"JVCを伝える"作業を手伝っていただきます。また、JVCの会員のみなさんに関する仕事のサポートもあります。
またJVCの広報の一環として、今ご覧のJVC公式ウェブサイトの日々の更新作業をお願いしています。

インターン経験者の声

金城 英見さん(大学4年生):2017年度ホームページインターン

2018-jvcintern-eimi.jpg

【主な仕事は?】
ホームページ更新の仕事をしています。イベント情報や現地ブログ、アドボカシーに関する情報など、各事業スタッフから送られてくる情報をホームページに公開、更新しています。その他、JVC主催のイベントや外部イベントでのお手伝い、インターンによるイベントの企画・運営を行っています。

【担当スタッフとどのように仕事してましたか?】
朝、事務所についたら担当スタッフとその日に公開・更新する記事を選んで作業に取り掛かります。わからないことはとーっても丁寧に教えてくれるので、しっかり理解しながら作業を進めることができました。仕事以外の会話からも得られるものがたくさんある!かも?

【活動を通して感じたことは?】
感じたことはたくさんありますが、その中でも国際協力に対する考え方が変わっていくのを強く感じました。インターンをする前はNGOの視点で国際協力を見たことはなく、国家レベルのマクロな視点から国際協力を見ていました。しかし、JVCでのインターンを通して世界の様々な問題、様々な考え方に触れていくにつれて、自分の生活レベルのミクロな視点からも物事を考えるようになりました。大学4年で就職活動と重なったこともあり、これからの自分の人生を考える上での選択の幅が広がった貴重な1年でした。他に感じたことは説明会でお伝えします!

佐藤 泉未さん(大学3年生):2017年度ホームページインターン(分析系)

2018-jvcintern-izumi.jpg

【主な仕事は?】
ホームページ分析インターンの仕事は、今ご覧になってるホームページがどうしたらより見やすく、使いやすくなるかを考える仕事です。専用のツールを使い、毎月のイベントレポートを作ること季節ごとにネット広告を打ち出すことが基本の仕事です。その他に、イベント運営のお手伝いや、自分たちで企画をしてイベントをすることも!

【担当スタッフとどのように仕事してましたか?】
週に一度、ホームページ分析をお手伝いしてくださるボランティアの方と担当スタッフと3人で現在のホームページが抱える課題を共有し、それが改善できる施策を考えます。私はホームページ分析をやったことがなかったのでわからない事だらけでしたが、担当スタッフと話をしたり、本を読んだりと試行錯誤をしながら業務をしていました。途中からは与えられる課題だけでなく、自発的にも分析をしていけたと思います。

【活動を通して感じたことは?】
インターンとしてJVCに関わる前は、NGOで働く人ってどんな人なんだろうと想像がつきませんでした。業務を始めてびっくりしたことは、学生から社会人まで、色々な人がひっきりなしに事務所を訪れ、話をして帰っていくことです。普通に大学生として生活していただけでは関われない人と出会えることができたことが自分にとって一番大きいことだと思います。スタッフ、ボランティアなどなど、人を通して社会の在り方、NGOの意味など考えることができたと感じています。

小貫 真由さん(大学3年生):2017年度広報インターン

2018-jvcintern-mayu.jpg

【主な仕事は?】
広報インターンの主な仕事は、ニュースレター(DM)の仕分け、メディア掲載、イベント運営補佐です。その他に、私自身イベントの企画・運営に関心があったので、企画書作りやイベント運営にもたくさん携わってきました。イベントでは学生や様々な職種の方と交流し、国際協力の知識やそれぞれの考えを知ることができ、国際協力に対する自分の考えを見つめ直す機会が多くありました。

【担当スタッフとどのように仕事してましたか?】
「何かあったら言ってね。」と担当スタッフから言われていたので、業務を通して分からないことがあれば、すぐに聞くことができました。担当スタッフに限らず、JVCには分からないことや、やってみたいことがあると、すぐにスタッフに声をかけやすい雰囲気があると思います。イベント運営補佐として外出する際は、前もって関係のある情報を教えてもらい、学ぶ時間を十分に持つことができました。知識や目的を持って臨むことで、専門的な知識も理解しやすくなりました。

【活動を通して感じたことは?】
活動中に学んだ知識だけではなく、以前はあまり気にしなかったニュースもチェックするようになり、多角的に知識が広がりました。また様々な交流により、「私にとっての国際協力って?」という問いに自分なりの答えを出すことができました。また、大学3年生の私はJVCでの活動を通して、進路についても考えたいと思っていました。スタッフは色々な経歴を持っていることを知り、就職活動を並行したことで、キャリアステップや企業についても同時に考える良い機会になりました。

【応募者に一言!】
インターンになるときは、国際協力について分からないことだらけで活動を開始しました。わからなくても、学びに対する熱意さえあれば、インターン活動は十分に楽しめます!ぜひお気軽に応募してみてください!

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net