アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • 会報誌Trial&Error >
  • No.345 支援する・されるから対等の関係に移行した今、タイとカンボジアの事業は終わるが新たな交流へ

No.345 支援する・されるから対等の関係に移行した今、タイとカンボジアの事業は終わるが新たな交流へ

2021年7月14日 更新
支援する・されるから対等の関係に移行した今、タイとカンボジアの事業は終わるが新たな交流へ

1980年の設立からJVCが関わってきたタイとカンボジアでの事業は、40年を経た2020年度で終了となる。

この節目に、この40年間の事業の経緯を座談会形式で振り返ろうと、本誌前号ではその前編として、緊急救援から農村開発に移行するまでの80〜90年代についてを初期のスタッフに語ってもらった。

「何かやらざるを得ない」との衝動的な思いから現地に飛び込み、困窮する人々を支援し続けた日々。

その活動は90年代後半から農村部での、日本と現地での人材育成、農民が決 定権をもつ市場の確立、日本とタイの農民交流など、支援する・されるの関係ではなく、現地NGOと対等の関係を構築できたからこそ実現したことばかりだ。 

両国での事業は終わる。だがこの40年で築いてきたネットワークは、今後の新たな交流を可能にする。

座談会後編では、これら事業について、90年代後半から2010年代後半にかけて関わったスタッフに語ってもらう。

特集 終了する事業から見るJVCの歩み (PART2)

  • 座談会参加メンバー
    松尾 康範
    森本 薫子
    下田 寛典
    大村 真理子
  • 司会
    大野 和興
-
連載

現地事務所へようこそ!!
間取りから見るワーク&ライフ
vol.06 南アフリカ編

南アフリカ
スタッフの
ひとりごと
夢のような44日間だった。
(会員・支援者担当 横山 和夫)
-
コネタにゅーす
活動地雑学
時代は変わる
(ラオス事業現地代表 岩田 健一郎)
ラオス
報告
  • タイ事業最終報告
    3年間の日本との交流から、新たな実践が始まるタイ
    (元JVCタイ事業担当 合同会社PLC代表 下田 寛典)


  • コロナ禍でのJVCの活動報告
    できなくなったこと、始めたこと、そして課題
    (事務局次長 細野 純也、
    パレスチナ事 業現地代表 木村 万里子、ラオス現地駐在員 山室 良平)


  • 2020年度カレンダー販売
    新しい挑戦を今も続ける国際協力カレンダー
    (収益事業担当 伊藤 圭)
タイ、パレスチナ、ラオス
プロジェクト一覧2020年12月後半~2021年3月前半-
JVC ALL STAFF 世界中で活動しているJVCの全スタッフからのメッセージ
「昨年度の一番の思い出は?」
-
ODAウォッチ プロサバンナ事業 第29回
プロサバンナへの政策提言活動から学んだこと
(JVC政策提言アドバイザー 高橋 清貴)
プロサバンナ
イベント
あらかると
1月〜3月
  • いべんと・ピックアップ!
    壁で分断された国をめぐり考えるパレスチナピーススタディツアー
    (パレスチナ事業担当 大澤 みずほ)
パレスチナ
ひろば
  • JVCなひと
    「はたらく (傍楽)」ということ
    (監事 田中 雅幸)


  • おすすめ映画
    『1984』
    マイクル・ラドフォード監督 1984年 1時間53分
    (KOREAこどもキャンペーンインターン 玉村 優奈)
-
お知らせ
  • 第22回 JVC会員総会のご案内
  • 人事
  • 「冬の募金」報告
  • 募金集計
  • 編集後記
-

【発行年月日: 2021年4月20日】

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net