[特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター]
[特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター]
 
[JVC団体案内へ]
[10ヵ国での活動へ]
[カンボジアでの活動へ] [ラオスでの活動へ]
[ベトナムでの活動へ] [タイでの活動へ]
[南アフリカでの活動へ] [アフガニスタンでの活動へ]
[イラクでの活動へ] [パレスチナでの活動へ]
[北朝鮮での活動へ] [スーダンでの活動へ]
[調査研究・提言へ]
[JVCに募金へ]
[JVCに入会へ]
[ボランティアへ]
[出張講演・資料貸出へ]
[書籍・開発教育へ]
[メディア掲載へ]
[東京事務所スタッフ日記へ]
[JVC国際協力ポストカード発売中]
[JVC国際協力コンサート2009 合唱団員募集]
[25周年記念出版「NGOの選択」へ]
[JVCマンスリー募金へ]
[JVCメルマが登録へ]
[JVC会員専用ページへ]
[ビデオ「カンボジア農村開発」へ]
[JVCキッズページへ]
[JVC WEB担当者ブログへ]
[イベント情報]
JVC水曜講座 
2007年3月2日 更新
 

05年から始まった「JVC水曜講座」。世界各地で起きている様々な事柄に関して、皆さんと一緒に考える場として好評を得ています。

最新講座

第21回水曜講座

講座詳細

スーダン難民の新しい生活が始まった
 〜職業訓練の現場から〜

「毎日家に帰ると家族から、今日は何を学んだと聞かれるんだ。みんな俺が技術を身に付けるのを楽しみにしているんだよ。」
 内戦で難民となった人々が車両整備を学ぶ工場では、そんな明るい声が聞こえてきます。

21年にわたる内戦で400万人以上が難民となったスーダン南部。
2年前にようやく和平協定が結ばれ、今、難民キャンプから故郷へ続々と人々が戻り始めています。
 そんなスーダン南部で、JVCは帰還した難民の人々が手に職を持って自立した生活をスタートできるよう、自動車整備工場での職業訓練を支援しています。
 そこで技術を学んでいる元難民の人々は、今どのような暮らしを送り、これからの生活をどのように描いているのでしょうか。研修生ひとりひとりのエピソードを、2月に撮影した最新の映像と写真を交えてお話します。


講座申込(2007年2月)

報告者 JVC 岩間邦夫石川朋子(一部変更の場合もございます)
日時 2月28日(水)19:00〜21:00
会場 日本国際ボランティアセンター(JVC)2F会議室
東京都台東区東上野1−20−6 丸幸ビル6F
TEL 03-3834-2388/FAX 03-3835-0519
会場への
アクセス
JR御徒町駅から徒歩5分
地図はこちらです
参加費 500円(会員の方は無料)
定員 15名
問合せ/
申込み
日本国際ボランティアセンター(JVC)
〒110-8605 東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビル6F
Tel:03-3834-2388 Fax:03-3835-0519
E-mail: info@ngo-jvc.net 担当:広瀬

※参加ご希望の方は事前にお申し込みください

★JVCでは毎月第3または第4水曜に、様々なテーマで 入門編の講座を行なっています。毎月お楽しみに!

過去の講座

第1回: スーダンで何が起こっているのか

第2回: 石油と戦争 〜エネルギーを奪い合わない世界って?〜
     報告はこちら

第3回: 「グローバリゼーション」ってなんだろう

第4回:アフガニスタン 〜支援の現場から〜

第5回:在日コリアンから見た北東アジア

第6回:貧困を生みださない社会のために〜ODAを変えていこう〜

第7回:ワークショップで参加! 私にとっての「貧困」とは?

第8回:災害と貧困 〜スマトラ沖津波から1年〜

第9回:もっと身近に、北朝鮮〜絵画交流と人道支援を通して〜

第10回:激動のパレスチナ現地報告
     報告はこちら

第11回:森の国ラオス・現地スタディツアー報告
     〜森とともに暮らす・女性たち・今、昔〜

第12回:こだわり米屋さんが語る「農」と「食」
    〜玄米おにぎりで豊かさを知る〜

第13回:現地スタッフ帰国報告
  「その地で暮らしていくために〜アジア・アフリカ農村の現場から〜」

第14回:イラク市民社会からのメッセージ

第15回:地雷のない世界へ

第16回:スーダン 〜整備工場から始まる新しい生活〜

第17回:紛争の中を生きるパレスチナの子どもたち

第18回:イラクからの声 〜白血病の医療支援を通して〜

第19回:カンボジアの農村から

第20回:エイズ入門

第21回:この土地で生きる:アフリカ農村での気づきからアジア、日本へ

 
 


 問合せ・資料請求  リンク集  個人情報保護方針  リンク時のお願い

 
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はJVCおよびその関係者に帰属します。 サイトマップ