アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

ガザ復興に寄り添う

~NGOスタッフが見た人々の姿と展望〜
2014年11月10日 更新
写真中央:JVCガザ事業担当 金子写真中央:JVCガザ事業担当 金子

2014年夏、地中海に面したわずか360平方キロメートルの地域をめぐり、あまりに多くの犠牲者を出したガザ戦争。亡くなった方はパレスチナ側で2,205人(多くの一般市民を含む)、イスラエル側で71名にのぼります(国連データより)。

10万人以上が家を失ったガザの復興には5,400億円が必要といわれる一方、国際社会による支援は必要額を満たせずにいます。しかしガザに生きる人々は寒い冬を目前に控えながら、日常生活を可能な限り取り戻そうと、今日も奮闘しています。

JVCはガザの子どもの栄養失調予防事業を加え、今年は医療や衛生等に関わる緊急支援を実施しています。また現地スタッフは、人々が避難している学校や被害の生じた地域に入り60人近くにインタビューをしながら、ニュースに出ることのない人々の声を拾ってきました。今回のイベントでは、その声を皆さんにお伝えするとともに、日本からNGOができること、二度とこの悲劇を繰り返さないための今後の展望について、現地スタッフの口からお伝えします。是非ご参加ください。

日時 2014年11月29日 (土) 11:00~13:00 (10:30開場)
会場 クリエイティブOne秋葉原ビル6F JVCオフィス
住所:〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F (会場への地図)
電話:03-3834-2388
アクセスJR秋葉原駅 中央改札口から徒歩7分。
JR御徒町駅 南口から徒歩7分。
東京メトロ銀座線「末広町駅」から徒歩5分。
報告者
プロフィール
20140527-kanekosan.jpg

金子由佳
(JVCパレスチナ事業現地調整員 ガザ事業担当)

2011年、国際政治学部・紛争予防及び平和学専攻でオーストラリアクイーンズランド大学大学院を卒業。直後にパレスチナを訪れ、現地NGOの活動にボランティアとして参加。一ヶ月のヨルダン川西岸地区での生活を通じ、パレスチナ人が直面する苦難を目の当たりにする。

イスラエルによる占領状況を黙認する国際社会と、一方で援助を続ける国際社会の矛盾に疑問をもち、国境を越えた市民同士の連帯と、アドボカシー活動の重要性を感じている。2012年6月よりJVC勤務。同年8月より現地調整員ガザ事業担当としてパレスチナに赴任。JVCのプロジェクトを通じて、苦難に直面する人々と連帯し、その時間・経験を日本社会と共有したい。

参加費

1,000円(要事前申込、JVC会員500円)
※経費を抜いた額をパレスチナ支援事業に大切に使わせていただきます

定員25名
主催日本国際ボランティアセンター(JVC)
申し込み/
問い合わせ先

問い合わせ先:日本国際ボランティアセンター(JVC)
担当:並木
Email:namiki@ngo-jvc.net/Tel:03-3834-2388

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net