アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

2011年7月に開催されるイベント一覧

<主催者広報文より>

おかげさまをもちまして、2006年7月に発足したヒューマンライツ・ナウ(HRN)は、設立から五周年を迎えることとなりました。皆さまのご支援に心より感謝いたします。

つきましては、記念シンポジウム、続いてネットワーキングパーティーを開催する運びとなりました。記念シンポジウムでは、これまでのHRNの活動を振り返るとともに、今後、日本のNGOはどのように活躍していくべきかについて、日本を代表する様々な国際NGOの代表者の方にお集まりいただき、討論していただきます。

皆さまにお会いできるのを楽しみにしております。

※記念シンポジウムにパネリストとしてJVC代表理事の谷山が登壇します。

日時 2011年7月30日 (土) 13:00~16:00

南スーダン独立の陰で

2011/07/14 更新
s-sudanivent.jpg

さる7月9日、南北和平合意に定められた移行期間を経て、スーダン南部はスーダン共和国から分離独立し、新国家「南スーダン共和国」を樹立した。歓喜に沸く南スーダンをよそに、北部スーダン内部に取り残されたその他の低開発諸地域を取り巻く矛盾は深まり、そのうちのひとつ、南コルドファン州では紛争が再燃、現在も戦闘が続いている。
南コルドファンの動乱は、内戦以来の勢力構造や矛盾を反映しており、今回は、その背景と情勢についての報告、また南コルドファンの動向が北部スーダンにどのような影響を与えるのか、北部全体の今後の展望などの分析を加え、今後の北部スーダンの行方について、参加者と考えたい。

日時 2011年7月26日 (火) 18:30~20:30 (18:20開場)

<主催者広報文より>

HANDSは2001年からブラジル・マニコレ市で活動をしています。ここで、医療施設が整っていないアマゾンの森林で暮らす人びとが自らの健康を守るための取り組みを支援してきました。しかし活動の中で、住民の健康について考えるとき、保健医療の改善だけでは十分でないことに気づかされました。まずは彼らの不安定な生活そのものを変えていく必要があるからです。そこで2007年から着手しはじめたのが、環境保全型農業である「アグロフォレストリー」です。住民たちが樹木や果樹など多種の作物を栽培し、森林を守りながら、持続的な収入確保や新しい産業の可能性を探り、自ら栄養改善、生活改善していくことを目指しています。

日時 2011年7月23日 (土) 13:30~16:30 (13:00開場)

企画の趣旨

ボランティア活動、インターンシップ、スタディーツアー、フィールド・ワークなどは、教育・研究機関である大学にとっても、それらを企画・運用する企業やNGO・NPOにとっても大きな関心事であると思います。

 

「ボランティア活動やインターンシップについて単位を認めてほしい!!」「ボランティアに単位をつけることはおかしい!?」「万が一の事故やトラブル対策に備えたい。」「受け入れ先の迷惑になってはいけない!」「何が自分にできるかわからない?」「単なる雑務や事務作業ではなく特別な経験をしてみたい。」「最近の若者の動向を把握したい。」「人材育成の機会にしたい。」「リーダーシップを育みたい。」「なかなか仲間が集まらないしメンバーが続かない」「私も○○学部のインターンシップに参加してみたい」...。

このような悩みや問題意識を抱いている方々のために、中京大学・社会科学研究所が学部や研究科、教員や学生、大学や企業、大学やNGO・NPO等の垣根を超える実践的なワークショップを企画・開催することになりました。

日時 2011年7月19日 (火) 17:00~21:00
スーダンの村での今井スーダンの村での今井

<主催者広報文より>

内戦の影を残すアフリカ・スーダンの村で平和を再構築する活動をしてきた日本国際ボランティアセンター(JVC)スーダン代表の今井 高樹さんに現状とこれまでの様子をお話いただきます。

今井さんより:『私たちの活動は、住民と一緒に村を歩き回り、様々な村の良さの「再発見」をしていくことから始まります。それを通じて見えてきたヌバ(活動対象地域の民族グループの総称)の生活の知恵や助け合いの仕組み、伝統的な選挙方法や裁判などを紹介しながら、彼ら自身が「おカネがなくても生活できる」という生活文化を紹介します。しかし、内戦を経て、その暮らしも変わりつつあります。』

*現地情勢悪化のため内容は一部変更する可能性があります。

日時 2011年7月18日 (月) 11:20~12:50
スーダンの村での今井スーダンの村での今井

7/17に開催されます「北海道国際協力フェスタ2011」。北海道を拠点に活動するNGOが一堂に集まるこのイベントに、JVCも参加させていただきます。

トークセッション「国際協力を仕事に」では、NGOの仕事の醍醐味、求められる技能、これまでのキャリアコースなどについて語ります。

また講演「世界で一番新しい国 南部スーダンの誕生と国際協力の役割」では、JVCスーダン現地代表が登壇します。

※JVCはこのイベントに外務省NGO活動環境整備支援事業「NGO相談員」としてスタッフを参加派遣しています。

日時

2011年7月17日(日) 10:00~16:00
 12:10~13:30:トークセッション「国際協力を仕事に」
 13:40~14:30:講演会「世界で一番新しい国 南部スーダンの誕生と国際協力の役割」

スーダンの村での今井スーダンの村での今井

<主催者広報文より>

スーダン南北の内戦を終結させた和平合意から6年。独立に沸く南部スーダンの陰で、スーダン南北境界線付近では政府軍と反政府軍と戦闘が5月に勃発。内戦中に時計の針が逆戻りしたかのように、多くの犠牲者や避難民を出しながら今も戦闘は続いています。

和平とは何だったのか? 国際社会はどう関与してきたのか? 日本も自衛官を派遣した国連平和維持活動はどういう役割を果たしたのか、果たさなかったのか? そして、現地の人々は事態をどう受け止めているのか?

現地で活動するNGOの報告を材料に考えてみたいと思います。

※JVCはこのイベントに外務省NGO活動環境整備支援事業「NGO相談員」としてスタッフを参加派遣しています。

日時 2011年7月16日 (土) 14:00~16:00

パレスチナ直送便

2011/06/28 更新
s-DSC_7742.jpg

テレビや新聞ではいつも同じような危険なニュースしか流されないパレスチナ。

しかし、そこにも人々の生活があり、色彩豊かな人生がある―――。

JVCの現地調整員として約2年間パレスチナに駐在した津高政志が、現地で見たこと・感じたことを赤裸々に語ります。

日時 2011年7月14日 (木) 19:00~21:00

アラブの風と月

2011/05/28 更新
20110709_arabconcert.jpg

アラブ音楽で「楽器の女王」と呼ばれる"ウード"。弦をはじいて音を出す伝統的な撥弦楽器で『千夜一夜物語(アラビアン・ナイト)』では宮廷での演奏シーンで登場します。

日本におけるウード演奏の第一人者である常味 裕司氏が奏でる、時には深く、時には鮮やかな音色が心の襞に迫ります。アラブの風が疲れを癒し、アラブの月が涙を誘うように、時空を越えて愛とロマンの世界が広がるアラブの音楽をお楽しみください。

日時

2011年7月9日(土)
 【4時の部】午後4時~5時30分
 【6時半の部】午後6時30分~8時
 ※各回定員30名

横浜駅直結のデパート「ジョイナス」屋上で開催される「空中の森マルシェ」にJVCが出店します。神奈川県産の野菜など作り手の顔が見える商品が並ぶマルシェで、JVCはパレスチナの刺繍雑貨や南アフリカのビーズ雑貨などのフェアトレード商品を販売します。

日時 2011年7月 2日 (土)~2011年7月 3日 10:00~18:00
団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net