雑記の最近のブログ記事

毎年10/15は Blog Action Day。世界中のブログが、一つのテーマについて記事を書く日です。 今年のテーマは、"Power of We"。それにかこつけて、普段私がボランティアをしながら思っていることを書いてみます。

"Power of We"、なんですが、アフリカチームで活動していると、自分の力不足を感じることばかりです。 イベントやワークショップなどでは、よく「アフリカを身近に感じて」なんてことを言っていますが、そう言ってる私自身にとって、アフリカは相変わらず遠く、支援しようにも手が届かない、そんな感覚をずっと持っています。

知る事がまず第一歩だと言うので、スタッフの現地報告などから現地のことを学ぶのですが、それで見えてくるのは、「自分にできること」ではなく、アフリカの人々のたくましさばかり。 内戦で生活を壊され、住処を追われたスーダンのヌバ山地の人々は、避難先で自らコミュニティを作り、糧を得るため農業を始めました。 HIV/エイズの蔓延に苦しむ南アフリカのリンポポ州の人々は、訪問介護ボランティアをして陽性者をケアしています。 彼らは戦争や病気という避け難い問題に生活を踏みにじられながら、それでも自分たちの手で状況を良くすることを諦めてはいません。

彼らにこそ力があります。理不尽な目に遭いながらも、立ち上がろうとする意思の力。と言うと、少し違和感があります。むしろ、生活というのはどのような状況に置かれても続いていくのだということと、その生活を少しでも良くしようという人々がいること、それが力なんだと思います。

JVCがプロジェクトをはじめるときは、まずそういう人たちを探すのだそう。現地を知り、彼らの活動をしり、何か力になれることがないかを考える。ざっくり言ってしまうと、JVCの活動は、そうやってスタートします。JVCの活動の主役は現地の人々、そう言っても差し支えないでしょう。 そしてそのような活動によって、生活を立て直し、自信を取り戻した人々がいます。 JVCにも確かに力があります。しかしそれは、JVC単独では発揮できない力、現地の人々と共に発揮される力です。

翻って私ですが、JVCのプロジェクトのように直接現地の人々の力になることは、今のところ全くできていませんし、その方法も見えていません。 ですが、彼らを支援するJVCのお手伝いは、少しはできているのではないか。そう思えることも、少しはあります。 先の二つの力と比べると本当に微力ですが、私にも少しは力があるのかもしれません。そしてそんな支援者の力が集まって、JVCの活動を支えている。自分の力も、ささやかながらその中に加わっているのかと思うと、少し安心します。

さて、ここからは宣伝です。アフリカチームがその力を使い果たして連続でイベントをやります。

詳細は各リンク先をご確認下さい。 と言っても、よこはま国際フェスタのワークショップは、まだ時間が決まってないのです。 最新情報はTwitterやFacebookで流してますので、こちらもチェックしてみて下さい。

こんにちは。

さて、直接にアフリカチーム、ということではないですが、
週末に参加したイベントについてご紹介します。


土曜日は、横浜のパルシステム主催の「ハートカフェ」という
国際交流イベントに行ってきました。

(パルシステムさんにはJVCが支援でお世話になっています)

JVCも出展していました。私は着いたのが午後で、ほとんど飛び入りでした。
カンボジア事業担当の山?さんが孤軍奮闘状態でした。
日本の夏は10年ぶりくらいという山崎さん、初売り子とのこと。

DSC03396.JPGカンボジア、ラオス、そして南アフリカの物販をされていました。(写真は山崎さん)
私も臨時で短い時間ですが、物販に立ちました。

南アフリカの製品では、人形とTopsyビーズ製品が並べられておりました。

ビーズ製品は人形と天使のストラップ。この日は、なんと。天使のストラップが完売、人形のストラップ
はひとつも売れず、という意外な結果になりました。
お子さんが多かったようですが、天使のストラップがとてもかわらしかったからでしょうか・・・

(下の写真、右が天使のストラップ、このあと売り切れました!)

DSC03403.JPG日本と韓国の子どもたちの絵画の展示もありました。

DSC03392.JPG

 

つづいて、日曜日(8月1日)は、「クラスタ爆弾禁止条約」が発効
(批准国が30カ国に達してから半年後に発効することになっていました)
という記念の日です。世界各地で"Beat the drrum to  ban clauster boms"
というイベントが開催されることになっていました。

日本では増上寺にて和太鼓コンサートが開催されました。

男性2人のユニット、男女混合、女性のみのグループ と3組が参加されました。
和太鼓だけのコンサートは初めてでした。すごい迫力ですね。
足元から体中に響きわたります。
歌詞があるわけではないので、太鼓奏者のみなさんの力強いパフォーマンスを
聴きにきた方々はぞれぞれの感じ方で受け止めたのではないでしょうか。

(演奏中の撮影はNGだったので、写真はこれだけなのが残念です)

DSC03417.JPGDSC03418.JPGDSC03416.JPG  コンサートのパンフレットによると、
7/30時点での署名国は107カ国、批准国は37カ国です。
ちなみに、南アフリカは条約に署名していますが、批准はまだ。
スーダンはまだ署名をしておりません。

米国、ロシア、中国の大国が署名しておりません。しかし、今日発効という
大きな一歩を踏み出したことが、今後につながっていくことを期待したいです。


 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち雑記カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはミーティングです。

次のカテゴリは書評です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ

お問い合わせは、こちらまで。

jvcafricaあっとgmail.com

(あっとを@に変えてご利用ください)