ゆうすけ: 2010年3月アーカイブ

畑作りレポート、植え付けはどんどん進みます。今週はだいこん、こかぶ、インゲン、とうもろこし。

の前に、まずは先週やったマルチの張りなおし。先週の農作業のあと、東京は大風に見舞われ、いくつかの畑のマルチが剥がれてしまいました。ウチの畑もそうなったひとつ。今回は飛ばされないよう、マルチの端を思いっきり深く埋めます。

一仕事してから、ようやく今週の植え付け。肥料をブレンドして、畑に撒いて攪拌。この辺は前もやった作業ですが、作物によってかき混ぜる土の深さが違います。レジュメに書いてある深さを見て、講習で文ちゃんの掘る深さを見て、なんとなくこのくらいかな、という深さで混ぜます。
マルチを張って、植えるところの土を掘り、ふるいにかけて不純物を取り除きます。土を穴に戻し、空き缶で8mm押し、種を置き、8mm土をかけます。これは大根のやり方。こかぶもインゲンも種の植え方、植える数、植える間隔、すべて違ってきます。
R0019465.jpg R0019472.jpg

もう一区画はすべてとうもろこし。こちらは肥料の撒き方から違います。18cmぐらいの溝を2つ掘って、そこに落ち葉堆肥、肥料、土、肥料、土...と入れ、層を作ります。あとはこちらもマルチを張って植え付け。トウモロコシは、乾燥した実が種です。小さな実が芯にくっついている硬いところがおへそ。そこを下にして植えます。
R0019476.jpg R0019479.jpg

最後に両区画ともネットを張って、今日の作業は完了。これも飛ばされないよう注意して、より深くに埋めました。

この日は良い天気でしたが、土は湿っていて重く、作業はいつもよりも重労働。すぐに暑くなって、上着を脱いで作業しました。へとへとで帰って飲むビールは格別でした。そして翌日=これを書いている今現在、腕と肩が筋肉痛です。もっと全身を使わないと......

余談ですが、畑にはネコも現れます。ふかふかの土がお気に入りのトイレなのだとか。ぜひお近づきになりたいものです。

アフリカチームのゆうすけです。
今週は、JICAの業務で行っていたエチオピアから久しぶりに帰ってきた人、新しく参加した人などが加わり、いつも以上ににぎやかなミーティングになりました。

メイントピックは、スーダン現地代表、今井さんの帰国報告会です。
JVCスーダン現地代表帰国報告会 「岐路に立つスーダン」 ―南部独立と和平の狭間で―

今井さんは、普段はスーダンに駐在していて、毎年4月に一時帰国します。

...そう、年に一度なんです、直接話を聞けるチャンスが。
これまでの車両整備事業はどうなったの?
スーダンでの生活はどんな感じ?
工場長のサイモンさんは元気?
新しい事業の候補地はどんなところ?
聞きたい話はたくさんあります。

でも今回は、今井さんの「伝えたい!」という気持ちをなにより優先し、報告会のテーマを決めました。詳しくは上のリンクから、報告会のページをご覧ください。

北境界に位置する南コルドファンは、南北内戦に翻弄され続けてきました。この地域の人々に影響を与えるスーダンの情勢は、今年4月に総選挙、来年南部独立
投票を控え、ここへきてめまぐるしく変化しています。チャドとの関係改善、ダルフールの反政府勢力との和平交渉の進展など、ニュースで見られた方も多いで
しょう。
こういった政情とともに、そこに住む現地の人々の声を聞くことができる、めったにない機会。大変楽しみです。

アフリカチームも今月頭から報告会の準備を進めています。今週は事前資料のレビューや、てっぺいさんの作ってくれた広報用のチラシのレビューなど。一つ一つに、アフリカチームはクリエイティビティを発揮していきます。

このアーカイブについて

このページには、ゆうすけ2010年3月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはゆうすけ: 2010年1月です。

次のアーカイブはゆうすけ: 2010年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ

お問い合わせは、こちらまで。

jvcafricaあっとgmail.com

(あっとを@に変えてご利用ください)