2012年10月アーカイブ

※宣伝 10/30, 11/6 スーダン(北,南)報告会やるよ!

1.jpeg

© Mirror Mountain Pictures


東京国際映画祭で、『アクセッション - 増殖』を見てきました。南アフリカの映画で、同国の女性への性暴力をテーマにしています。問題作といいますか、映画祭の中でも色々な意味で話題になっているみたいです。("アクセッション"でTwitter検索してみると、いろんな感想が読めます)

いつもですと、アフリカ関係の映画は、アフリカチームの会報誌である『アフリカと踊ろう!』(JVCの会員になると隔月で届く会報誌『Trial&Error』に挟み込まれてお届けしています)の中の「アフリカをみるよむきく」で紹介しているのですが、今号はスペースがなさそうなので、こちらで出張版として紹介します。

たぶん日本では今後上映もソフト化されることもなさそうなので、ネタバレどころかストーリーも全部書きます。いつか上映されることに賭けるよ!輸入して見るよ!という人は、この先読まないことをオススメします。


舞台となっているのは、ジョハネスバーグ(ヨハネスブルグ)の南東に位置するDuduzaタウンシップ。タウンシップというのは、アパルトヘイト時代に黒人居住区として定められた地域で、黒人はそこ以外に住むことを許されませんでした。アパルトヘイト撤廃後も、多くの黒人は貧しく、そのままその地域に住み続けています。

主人公のジョンは、そんなDuduzaに住む黒人男性。定職には就かず(といっても仕事自体少ないですが)、昼間から酒を飲んで、気晴らしのために女を探してはセックスをしています。


ストーリーを最後まで追いましょう。

ジョンは関係を持った一人の女性から、HIVに感染していることを告げられます。南アには処女と性交すればエイズが完治するというデマがあり、口ではそれを迷信と切り捨てていたジョンも、次第にその可能性にすがろうとします。彼は友人の妹をレイプし、処女ではないと怒ります。さらに赤ん坊を連れ去ってレイプし、その子を死なせて死体を川に放り投げます。そんなことでエイズが治るはずもなく、ジョンは初期症状と思われる嘔吐を繰り返します。最終的に、彼は妹をレイプした友人(もしくは殺した赤ん坊の父親)に、ナタで殺され、映画は終わります。


ストーリーからして救いがないですが、さらにこの映画をキツイものにしているのが、撮り方です。

この映画のほとんどの時間を占めているのは、主役のジョンのアップ。それも目的もなくタウンシップを歩く彼を、間近から手持ちのカメラで撮った映像で、画面は常にグラグラと揺れ動きます。

彼の感情や内面に焦点を当てているのであればその演出も納得ですが、これだけの出来事があっても、彼の表情は驚くほど変わりません。そのため観客は、これだけ長時間その顔を見ている彼に、最後まで感情移入することができないのです。


監督は、主人公を、感情移入させないために意図的に作ったキャラクターではなく、取材したタウンシップの多くの男性をモデルに、リアルさを追求した結果生まれたキャラクターだと、上映後の質疑応答で語りました。

そう、これだけのことをしでかすジョンは、狂人ではないのです。映画からもそれは見て取れます。彼が私たちとは違う常識、理解できない常識の中で生きているということが、痛いほどよく伝わりました。


アクセッションの感想を読んでいると、延々と同じ画で退屈という感想を度々見かけました。しかしこの"退屈"も、この映画を構成する一つの要素ではないでしょうか。

女性への暴力も、レイプも、ジョンにとっては退屈な日常のすぐ近くにあるもので、観客がジョンの顔のアップから逃れられないように、ジョンもまた、絶望的な日常から逃れられないでいるのです。


南アフリカでは、年間のレイプ被害数が25,000人、そしてうち半数が子供である。この数値は報告されているものだけで、実態はさらに何倍も大きいものと思われる。監督はそう語りました。そして自分が、この問題を映画化した最初の人間だと。この映画の大きな価値はそこにあります。

さらにもう一つ。この問題については、日本でもいくつか書籍が出ていますが、たいていは被害者の女性の視点で、男性が何を思ってそんなひどいことをするのかは、読んだことがありません。そんな中、この映画は、南アの女性への性暴力について、徹底的に男性側の視点で描いた希有な作品でもあるのです。


もちろん、南アの黒人男性は、こんな人たちばかりではありません。南アのJVCの活動の中で有機農業のトレーナーをやっているジョンさんのような男性もいます。しかし、南アにおける女性の性暴力被害の多さ、10代の妊娠の多さ、シングルマザーの多さを考えると、この男性の存在がリアリティをもって感じられ、絶望的な気持ちになります。

※宣伝:10/30, 11/6 スーダン報告会やるよ!

10/6 のグローバルフェスタ、そして10/20,21のよこはま国際フェスタで、アフリカチーム主催のワークショップを開催しました。

南アフリカの食事を入り口に、そこから南アのことを知ってもらおうというのが今回の企画の目的。

そのため、南アの食事の写真をいくつか用意して、それを食べてるのはどんな人なのかを話し合って発表してもらう、というグループワークをご用意しました。

1_large.jpeg



10/6 グローバルフェスタ

アフガンチームとの共同開催となったグローバルフェスタでのワークショップ。予想以上の来客で椅子が足りなくなってしまう事態に。

12_large.jpeg

話し合いをする各テーブルを、南アのコサ民族の衣装を着たボランティアチームメンバーが伺います。

ワークショップはおおむね好評でしたが、話し合いや南アの説明など、全体的に時間が短かった模様。

ちなみにアフガンチームの方は、アフガニスタンの『女子会!』『ヒゲオヤジ会?』と題して、JVCスタッフの方がトーク。普段の報告会とは違ってかなり砕けた雰囲気で、笑いの絶えないイベントになりました。



10/20,21 よこはま国際フェスタ

時間が短い?じゃあ倍にしてやろうじゃないか!

ということで、ゆったり余裕を持って臨んだよこはま国際フェスタでのワークショップ。

内容的にはグローバルフェスタと変わりませんが、話し合いの時間や南アについての解説時間を十分に取りました。

9_large-1.jpeg

グローバルフェスタに比べると、若干寂しいですかね。2日間で合計7名の方にご参加いただきました。

人数が少ない分、ボラチームメンバーと色々な話ができたよう。日曜にはJVC南アフリカ担当の渡辺さんも参加してくださったりで、参加者の方には、お楽しみいただけたのではないかと思います。



感想、レポート募集!

「レポートを書くまでが(イベント|勉強会|報告会)です!」なんてことを申します。

今回イベントに参加されて、なにかしらブログやFacebookやTwitterに書かれた方、またこれから書こうという方は、ぜひアフリカチームまでお知らせ下さい。

今後もうすこしレポートの書きやすい、そして書いたらお知らせしやすい仕組みを取り入れていこうと思います。

毎年10/15は Blog Action Day。世界中のブログが、一つのテーマについて記事を書く日です。 今年のテーマは、"Power of We"。それにかこつけて、普段私がボランティアをしながら思っていることを書いてみます。

"Power of We"、なんですが、アフリカチームで活動していると、自分の力不足を感じることばかりです。 イベントやワークショップなどでは、よく「アフリカを身近に感じて」なんてことを言っていますが、そう言ってる私自身にとって、アフリカは相変わらず遠く、支援しようにも手が届かない、そんな感覚をずっと持っています。

知る事がまず第一歩だと言うので、スタッフの現地報告などから現地のことを学ぶのですが、それで見えてくるのは、「自分にできること」ではなく、アフリカの人々のたくましさばかり。 内戦で生活を壊され、住処を追われたスーダンのヌバ山地の人々は、避難先で自らコミュニティを作り、糧を得るため農業を始めました。 HIV/エイズの蔓延に苦しむ南アフリカのリンポポ州の人々は、訪問介護ボランティアをして陽性者をケアしています。 彼らは戦争や病気という避け難い問題に生活を踏みにじられながら、それでも自分たちの手で状況を良くすることを諦めてはいません。

彼らにこそ力があります。理不尽な目に遭いながらも、立ち上がろうとする意思の力。と言うと、少し違和感があります。むしろ、生活というのはどのような状況に置かれても続いていくのだということと、その生活を少しでも良くしようという人々がいること、それが力なんだと思います。

JVCがプロジェクトをはじめるときは、まずそういう人たちを探すのだそう。現地を知り、彼らの活動をしり、何か力になれることがないかを考える。ざっくり言ってしまうと、JVCの活動は、そうやってスタートします。JVCの活動の主役は現地の人々、そう言っても差し支えないでしょう。 そしてそのような活動によって、生活を立て直し、自信を取り戻した人々がいます。 JVCにも確かに力があります。しかしそれは、JVC単独では発揮できない力、現地の人々と共に発揮される力です。

翻って私ですが、JVCのプロジェクトのように直接現地の人々の力になることは、今のところ全くできていませんし、その方法も見えていません。 ですが、彼らを支援するJVCのお手伝いは、少しはできているのではないか。そう思えることも、少しはあります。 先の二つの力と比べると本当に微力ですが、私にも少しは力があるのかもしれません。そしてそんな支援者の力が集まって、JVCの活動を支えている。自分の力も、ささやかながらその中に加わっているのかと思うと、少し安心します。

さて、ここからは宣伝です。アフリカチームがその力を使い果たして連続でイベントをやります。

詳細は各リンク先をご確認下さい。 と言っても、よこはま国際フェスタのワークショップは、まだ時間が決まってないのです。 最新情報はTwitterやFacebookで流してますので、こちらもチェックしてみて下さい。

このアーカイブについて

このページには、2012年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年11月です。

次のアーカイブは2012年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ

お問い合わせは、こちらまで。

jvcafricaあっとgmail.com

(あっとを@に変えてご利用ください)