2010年8月アーカイブ

7月下旬にケニアのツアーに参加しました。ナイロビにあるキベラスラムのマゴソ小学校での交流について、「もうひとつのT&E」(JVCの会報誌『Trial & Error』に添えられる、アフリカチームの機関誌)で報告しました。その続きをこのブログで報告します。

ブログに書こうとしていた時、そのマゴソスクールともう一つ訪問したスラムの産院のことが、毎日新聞の8月14日朝刊に見開きで大きく取り上げられていて驚きました。今回旅のガイドをしてくれたナイロビ在住のライター早川千晶さんから、毎日新聞が取材に来て協力した話を聞いていたのですが、こんな大きな写真で載るとは、ビックリでした。そして言葉より写真の訴える力はすごいと思いました。キベラスラムの至る所にあるゴミの山と生活排水や汚水の流れの不衛生さを、私はこの目で見たのでわかりますが、裸足で歩いて感染症にかかった子どもの足の写真はそれをしっかり訴えていました。

毎日jp:「乾きと命:'10海外難民救援キャンペーン?ケニアの首都から 生きたい」 (魚拓

新聞にも載ったフリーダさんの産院(フレパルス産院)に、私たちが訪問したのは午前10時頃で、午前5時と6時に赤ちゃんを産んだ2人のお母さんが入院していましたが、5時に産んだお母さんはもう退院していくところでした。赤ちゃんは1枚の布にくるまれているだけで、何も着せていませんでした。私たち日本人の1人が新生児の服を支援品としてたくさん持って行ったのですが、助産師のリディアさんがものすごく喜んでくれてその赤ちゃんを産んだ2人にも早速3枚ずつあげていました。

リディアさんは、まだ20代の女性ですが、早川さんは彼女の笑っている顔を見たことがなくて、袋いっぱいの新生児服を見たとき笑顔を見せたのが、早川さんが初めて見た笑顔だったそうです。「よほど嬉しかったのよ」と早川さんが言っていました。医師がいなくて少ない助産師だけで(リディアさんだけのときもある)いつも厳しい出産現場をきり抜けているので、厳しい表情になってしまうのでしょうか。

助産師さん一人で7,8人一度に来た妊婦さんから次々に赤ちゃんをとりあげていき、そのうち2人の赤ちゃんは仮死状態で酸素吸入をあてお尻をたたき蘇生させる、そんなすごい状況を切り抜けているそうです。もちろん、スラムなので出産代が払えないお母さんもいるそうですが、分け隔て無く手当しています。

 現在エチオピアは雨期。雨期になると生き物の息吹が大地にこだまし、渇きの大地は瞬く間に実りの大地へと変貌する。そして俺は体全体で、草木の成長に喜びを感じ、草を食む家畜の姿に安らぎを得、可憐に舞う蝶の群れに美しさを感じ、収穫の喜びを分かちあった。
(左の写真は乾期の様子、右側は現在の様子で、いずれも同じ畑。この畑があるのは対象地域でも最も年間雨量が少ない地域だが、そんな地域でもこれだけの差がある。)
     乾期.jpg   雨期.jpg 
 しかしなんだろう、この感動は。日本にいる際、特に東京にいる際には、季節が変わっても、服を替えたり布団の枚数を変えたりするのみであり、季節の変わり目に喜びを感じる、そして感謝するということを久しくしてこなかったのではないか。ゲリラ豪雨や異常高温などが連日報道されているが、これは自然への感謝・尊敬、時には畏怖を忘れた、都会に住む人に対する自然の怒りの表れではないだろうか。
※すけるの帰国に伴い、エチオピア便りはしばらくお休みいたします。次回は10月頃より再開する予定です。

7/27ミーティング

すっかり遅くなってしまいました...。すみません。

先週のミーティングについてお話します。
実はここ最近はボランティアチームはこじんまりとしています。
メンバーのうち何人かが海外に行ってしまっていたり、学生さんは試験期間中だからでしょうか。
しかし!それでも毎週ミーティングは行っていますよ☆
いつものワイワイした感じのミーティングが待ち遠しいです!

27日のミーティングでは畑の様子と、この9月に開催されるNGOまつりについて話し合いました。

畑の様子ですが、ちょっと前まで続いていた炎天下の影響で、一部の畑はカラカラ気味だったようです。
現在収穫できる野菜は(またちょっと変わっているかもしれませんが...)、
トマト(黄色がオススメ)、ミニトマト、いんげん、なす、ししとう、ピーマン!です。

そして9月5日(日)にJVCが入っている丸幸ビルで開かれるNGOまつり!
(詳しくは公式ブログhttp://ngomatsuri2010.blog118.fc2.com/をどうぞ)

ビルに入ってるさまざまなNGOが参加するこのイベント。JVCももちろん参加します!
そしてアフリカボランティアチームも企画を考え参加することになりました。

実は企画自体は先週のミーティングでだいたいの形がまとまりつつあったのですが、
今週のミーティングでは、「果たしてそのイベント、どういう意図(目的)を持ってやる?」ということを話し合いました。
アイデアはポンポン出て楽しいのですが、やる以上は企画の根っこというか芯を作る必要がありました。
とは言いつつも、深く考えるのは苦手な私...。メンバーのみんなと話し合った結果、以下のような意見が出ました。

ちなみに企画というのは、南アの授業が活動しているソウェトでの有機栽培とボラチームが持っている東村山での農業体験を比較して紹介するというものです。

目的
・ワールドカップが終わってそれっきりにならず南アへの関心を継続
・アフリカチームに来てほしい
・菜園の手間を知ってほしい
・身の周りのものを活用した農業を知ってほしい
・日本でも南アでも農業でやっていることはあまり変わらないということを知ってほしい
・南アに親近感←メイン

これらを柱に(特に南アへの親近感!)企画をもっと掘り下げていきましょう!

ちなみに今週のミーティングではいよいよタイトルが決まります。
乞うご期待!

ボラチームの長畑でした。

こんにちは。

さて、直接にアフリカチーム、ということではないですが、
週末に参加したイベントについてご紹介します。


土曜日は、横浜のパルシステム主催の「ハートカフェ」という
国際交流イベントに行ってきました。

(パルシステムさんにはJVCが支援でお世話になっています)

JVCも出展していました。私は着いたのが午後で、ほとんど飛び入りでした。
カンボジア事業担当の山?さんが孤軍奮闘状態でした。
日本の夏は10年ぶりくらいという山崎さん、初売り子とのこと。

DSC03396.JPGカンボジア、ラオス、そして南アフリカの物販をされていました。(写真は山崎さん)
私も臨時で短い時間ですが、物販に立ちました。

南アフリカの製品では、人形とTopsyビーズ製品が並べられておりました。

ビーズ製品は人形と天使のストラップ。この日は、なんと。天使のストラップが完売、人形のストラップ
はひとつも売れず、という意外な結果になりました。
お子さんが多かったようですが、天使のストラップがとてもかわらしかったからでしょうか・・・

(下の写真、右が天使のストラップ、このあと売り切れました!)

DSC03403.JPG日本と韓国の子どもたちの絵画の展示もありました。

DSC03392.JPG

 

つづいて、日曜日(8月1日)は、「クラスタ爆弾禁止条約」が発効
(批准国が30カ国に達してから半年後に発効することになっていました)
という記念の日です。世界各地で"Beat the drrum to  ban clauster boms"
というイベントが開催されることになっていました。

日本では増上寺にて和太鼓コンサートが開催されました。

男性2人のユニット、男女混合、女性のみのグループ と3組が参加されました。
和太鼓だけのコンサートは初めてでした。すごい迫力ですね。
足元から体中に響きわたります。
歌詞があるわけではないので、太鼓奏者のみなさんの力強いパフォーマンスを
聴きにきた方々はぞれぞれの感じ方で受け止めたのではないでしょうか。

(演奏中の撮影はNGだったので、写真はこれだけなのが残念です)

DSC03417.JPGDSC03418.JPGDSC03416.JPG  コンサートのパンフレットによると、
7/30時点での署名国は107カ国、批准国は37カ国です。
ちなみに、南アフリカは条約に署名していますが、批准はまだ。
スーダンはまだ署名をしておりません。

米国、ロシア、中国の大国が署名しておりません。しかし、今日発効という
大きな一歩を踏み出したことが、今後につながっていくことを期待したいです。


 

このアーカイブについて

このページには、2010年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年7月です。

次のアーカイブは2010年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ

お問い合わせは、こちらまで。

jvcafricaあっとgmail.com

(あっとを@に変えてご利用ください)