2010年4月アーカイブ

前回の作業から3週間ほど間隔が空きました。今回は、来週植える予定のトマトやナスなどの肥料入れと支柱立てを3人のメンバーで行いました。ここ最近、冬のような寒さが続いて雨も多かったので、これまでに植えてきた野菜たちが元気に育っているか心配でしたが、以外に成長していてびっくりでした。本日は、ようやく春らしい穏やかな天候で、日中は気温も上昇し、絶好の畑日和でした。

 

さて、まずは肥料をブレンドします。何故か落葉たい肥の分量を量るバケツが見当たりません。仕方なく目分量でブレンド・・ 大丈夫でしょうか・・・?その後、シャベルで溝を掘って肥料を入れ、マルチを被せます。今回はマルチの穴あけが不要だったため、前回より作業自体は楽でした。

DSC00912.JPGのサムネール画像

 

本日のメイン作業は支柱立てです。これが以外に大変。イボ竹4本と鉄管6本を地面に立てるのですが、土が固いところがあり、うまく地面に刺さりません。また、地面に立てた支柱を固定する屋根用の鉄管を、カチェックスと呼ばれる留め具を使って直角に付けるのですが、これがまた難しい作業でした。2人で支柱と鉄管を支えて、残りの1人がカチェックスを付けるのですが、支柱の向きが曲がったり、固定する場所が揃わなかったりと、かなり苦戦しました。

それでもなんとかこんな感じで支柱を立て終わりました。次回の作業のときに倒れていないことを祈るのみです。

DSC00913.JPG

 

あ、そうそう、前回の作業のときに混ぜてしまった小松菜と水菜の種。仲良く芽が出ていましたよ。

DSC00914.JPG 今後の成長が楽しみです。

こんばんは。アフリカチームのれいです。

スーダン報告会が終わり、今度は南アフリカ報告会の準備を開始しました。
本日のミーティングには3人の新メンバーが加わり、ますますにぎやかになりました。

さて、南アフリカ報告会ですが、5/18(火)に行われます。
報告者は、先日南アフリカ出張から戻られた南アフリカ事業担当の渡辺さんです。
JVCがサポートする南アフリカは、今年6月からサッカーのワールドカップが開催される予定で、
最近、注目度が高くなっています。今回は、南アフリカの抱える課題のディティールや
それに立ち向かう方法などについて報告頂く予定です。

本日は、報告会のタイトル決めを行いました。
実はタイトルは次のように決まっていました。
「初心者歓迎! あの! 南アフリカ入門講座」
しかし、入門ではないし、講座でもないだろう、ということで、
タイトルを再考することになったのでした。

とりあえず、ブレスト形式で、思いついた人からどんどん言っていく形式で
進めていきました。

「知られざる南アフリカというのはどうだろう?」
「知られざるって。。どんな秘境の話しをするんだ?」

「虹の国という言葉を入れたい!」
「初心者には虹の国が何か分からないのではないか?」
「報告会で知ることができれば良いのでは?」

活発な意見が飛び交い、試行錯誤の末に、ようやく決定しました。
ずばり!
「初心者歓迎!W杯直前 南アフリカってこんな国だったんだ! ?虹の国の人々?」
みなさん、いかがでしょうか?

今後も当日の作業分担決め、資料作成・印刷、広報など、報告会当日まで準備は続きます。。

アフリカチームのゆうすけです、こんにちは。

4/6のミーティングの様子をお届けします。
今週は、南アフリカ現地代表兼事業担当の渡辺さんが、南アフリカ出張から帰ってきて、お土産のドライフルーツをいただきながらのミーティングでした。

ミーティングの一番のテーマは、もちろんこちら!
JVCスーダン現地代表帰国報告会 「岐路に立つスーダン」 ―南部独立と和平の狭間で―
いよいよ来週に迫ってきたスーダン報告会を前に、ボランティアチームも最後の詰めです。役割分担を再確認し、細かいタスクを洗い直し、当日と、それまでの動き方を決めました。

今回の報告会は、インターネットによるライブ放送も行います。そのテストも兼ね、こっそりミーティングの様子をライブ中継していました。タイムラグがあるので、10秒前の自分達の映像が、常にパソコンに流れている様子は、なんだかシュール。
中継の仕方は、JVCのweb担当スタッフの、細野さんのブログを参考にしています。
iPhone 3GS(3G回線)+外部電源(KBC-L2AS)でイベントをUSTREAM中継してみた

来月18日には、南アフリカの報告会もあり、ボランティアチームもお手伝いさせていただく予定です。
そして6月に入ると、毎年恒例、アフリカンフェスタ

忙しくも楽しい日が続きます。どこかの会場で、ご覧になってる皆さんともお会いできれば、と思います。

4月の暖かい日差しの下、新しい植え付けをしてきました。この週も風が強かったので、先週のマルチが飛ばされていないか不安でしたが、しっかり残っていました。一安心。この日はやることがたくさんあったので、おしゃべりをしつつ、分担して作業していきました。

いつもどおり施肥、耕作をした後、マルチに穴を開けるという初めての作業がありました。はさみで切るだけなのですが、すでに端が土に植わっている状態なので、意外と難しい。他の穴とのバランスを見つつ、切っていきます。

 

IMG_0516.JPG

 

そして、種まきをした後のフィルム張り。細長い棒で骨組みをつくり、その上からフィルムをかぶせます。だんだんテレビなどでみる畑の風景に近づいていきます。

 

IMG_0519.JPGのサムネール画像

 

植えるものが多いため、この作業を二回繰り返しました。一回目はとても時間がかかり、こりゃ大変だと思いましたが、二回目はあっという間。慣れてくるとどんどん進みました。

が、二回目の途中で問題発生。水菜の種が見つからない!!どうやら、一回目に小松菜を植えた時に、混ざってしまっていたようです。小さい種なので掘り返して見つけることもできません。小松菜と水菜の芽が仲良く生えてくることを期待しましょう!

 

作業が終わった後、文ちゃんに頼まれた草むしりをしました。アフリカチームの区域のすぐ横にある倉庫の周りをきれいにしました。

 

IMG_0524.JPG

 

こんなに採れた!!

ここがアフリカチームの区域です。

 

IMG_0526.JPG

IMG_0525.JPG

芽も出てきてましたよー。

 

IMG_0528.JPG

 

 

農園から帰る途中で、お祭りがやっていました。桜祭りです。獅子舞もいて、盛り上がっていたので、混ざってうろうろしてきました。

 

IMG_0529.JPG IMG_0532.JPG

次回は三週間後になります。暖かくなってぐんぐん育っているのが楽しみです。

 

エチオピアの料理

user-pic
0

それは3月ももう終わりだというのに寒い日のことでした。

JVCが入っている 東上野の丸幸ビルにたどりつき、1Fでエレベーターの扉が開いた瞬間

 

なにやら 異国のスパイスの香りが?。

 

そして、6Fの事務所の扉を開けると そこは

 

エチオピアになっておりました。

 

仕事でエチオピアへ行っていた メンバーが、お土産として手に入れてくれた 「ドゥコシ」と呼ばれる、唐辛子をベースとした液体状のスパイス。

 ↓

CA390481.JPG

各家庭で作るもののようで 「どこかで手に入らないかな?」とつぶやくと

ドライバーさんが家から持ってきてくれたようです。

それも2リットルも。

 

これを乾燥インジェラ(ドゥルコウシ)にからめて作った「フルフル」

本来はこれを 普通のインジェラの上にのせて食べるようで

メンバーの言葉を引用すると

「例えるなら キムチチャーハン オン ザ 白米!」

朝食によく食べられているようです。

本日はこれをフランスパンに載せて おいしく頂きました。

 

CA390477.JPG

 

ごちそうさまでした。

 

おなかいっぱいになったところで、エチオピアでどんな仕事をしているのかや、どんな土地を回ったのかなどを 写真を見ながら説明開始。

とても興味深い内容なのですが、長くなるので、またの機会に。

 

<参考>

都内のアフリカ料理屋さんで撮ったインジェラ。

テフ(穀物)の粉を水で溶き 発酵させてからクレープ状に焼いたもの。

発酵させているので、酸味があります。

インジェラ.JPG

 

 

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、2010年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年3月です。

次のアーカイブは2010年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ

お問い合わせは、こちらまで。

jvcafricaあっとgmail.com

(あっとを@に変えてご利用ください)