アフリカチームが畑作りに挑戦!

user-pic
0

  アフリカチームがやってみたいと胸に秘めていたこと(?)第1弾、畑作りがいよいよ現実となりました。東村山市の農業体験農園に入園することができ、3月6日土曜日、3人が朝9:30東大和駅集合、歩いて12分(遅れて来て迷いに迷って倍くらいかかった人約1名いましたが)、目指す「文ちゃん農園」に到着。実はメンバーの1人が自転車で10分の所に在住なので、時々見にこれる利点があります。そして、東村山市と聞いて「遠いなー」と思った人が多かったのですが、案外時間はかからなかったというのが、この日集まった人の感想。

 さて、第1回は「じゃがいもの植え付け」です。みんなが長靴をはいたり身支度をして集まったところで、この農園の園主「文ちゃん」が登場、じゃがいもの植え付けの実演講習がありました。教科書のプリントが事前に渡されていて、新入生は名指しで「何て書いてある?」と質問されるので、ボーとしていてはいけません。4種類の有機肥料を混ぜ込むことから始まりますが、有機無農薬提唱している文ちゃん農園では、「文ちゃん丸」という手作りの肥料があったりします。

 

 植え付けるじゃがいもの種芋に灰をつける時には、優しくつけてあげてとか、土の中に埋めるときも「頑張って芽を出してね」とじゃがいもに語りかけてとか、家に帰っても「夜はじゃがいもが寂しがるからエールを送ってあげて」とか指導されました。野菜に愛情をかけ野菜の自然の力にお願いして実をならせてもらうという姿勢が大切ということでしょうか。「奇跡のリンゴ」の木村さんと同じだと思いました。人間の力でなく自然の力で実がなるのだという。

 

H6_large.jpg H8_large.jpg

 講習のあと、自分たちの畑に行き習った通りにやってみました。まず、端から長さを測って畝作り。「あれ、ちょっと曲がってるかも」大丈夫、大丈夫。そして大きなシャベルで肥料を混ぜ込みますが、普段大きなシャベルは使い慣れていないので、ちょっと苦労したかな。「あー堆肥の葉っぱを細かくちぎってから播くんだった」と順番が前後したりとかしましたが、じゃがいもさんに「芽をだしてね」とお願いしながら、なんとか10個植えました。そして、次の作物ほうれん草の畝を隣に作りました。肥料をまたシャベルで混ぜ込みましたが、少しずつシャベルの使い方が慣れてきたかな。肥料がじゃがいもとは一つ違う肥料で、野菜によって必要な栄養は違うんだなあと当たり前だけど感心したり。

 

H9_large.jpg H13_large.jpg

 

 今日の作業は終わりだ、早かったねと思ったら、もう2時間たっていたというのが、みんなの感想でした。お天気は時々ポツポツ落ちてくるいまいちの天気でしたが、自然を満喫した充実した2時間でした。まわりは、1人か2人で静かに黙々作業をしている人が多いなか、うちの畑は、「うわ?、忘れた」「曲がっちゃった」「何センチだっけ」「写真とるよー」と賑やかにでした。楽しかったですよ。

H16_large.jpg H17_large.jpg

このブログ記事について

このページは、やましたが2010年3月 9日 19:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2/16 ミーティング  ?雪舞う中で?」です。

次のブログ記事は「3/9 ミーティング  畑作業って素敵です&アフリカ事業報告会 頑張ります!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ

お問い合わせは、こちらまで。

jvcafricaあっとgmail.com

(あっとを@に変えてご利用ください)