2009年10月アーカイブ

こんばんは。
アフリカボランティアチームのれいです。
ここに記事を書くのは久々になってしまいましたが、
10/20のミーティングの様子をお伝えしたいと思います。

この日は、JVCの会員の方向けに発行されている会報誌Trial&Errorの
アフリカボランティアチームバージョンである通称「もうひとつのT&E」を
印刷する作業を行いました。
なんと、印刷部数は1450枚!
この日は折り機の調子が悪く、印刷したものをボラチームメンバー全員で
手折りしたこともあり、作業完了まで2時間くらいかかりましたが、
和気藹々とした雰囲気で、皆楽しく作業していました。

その後、先週登場した津山さんが出演された日経CNBCの番組を皆で鑑賞しました。
この番組はJVCの事務所で撮影されたらしく、撮影中は皆緊張していた裏話などを
スタッフから聞いたりして、盛り上がりました。

その後、最近停滞していたアフリカ連続講座の話しを少しして、ミーティングは
終了しました。

そうそう、この日は暫く会社の出張でベトナムに行っていたメンバーが
2ヶ月ぶりに帰国して、ミーティングに参加してくれました。
おみやげのドライフルーツ風お菓子とベトナムコーヒーを皆で味わいました。
ご馳走様でした!

JVCにいると、いろいろな国の食べ物が食べれるのも魅力の一つですね。
皆さんも是非、毎週火曜日19時30分?、遊びに来て下さい。
それでは。

突然ですが、津山直子さんをご存知でしょうか。
今から20年も前、南アフリカの反アパルトヘイト運動に関わり、その後JVCの南アフリカ現地代表として、南アフリカで15年活動されてきた方です。

その活動が認められ、2006年ニューズウイーク誌の「世界が尊敬する日本人100人」にも選ばれています。

4月にJVCを退職されたのですが、それに際して「ボランティアチーム向けにもなにか報告会をやりましょうか」ということで、本日は通常のミーティングをお休みし、居酒屋で津山さんを囲んだ飲み会を開催しました。

参加者は全部で12名。南アでどっぷり生活してきた人にしか聞けない、貴重なお話を聞かせていただきました。
私見ですが、印象に残ったお話をいくつかご紹介します。

「南アの高級住宅街は、自分のものを守ろうと塀を高くし、自分だけの世界を囲っている。盗られる物を持っていなければ、そんなに犯罪は怖くない。それに、物をもっていない人の方が、かえって分け合うことをする。」

ボランティアメンバーからの、津山さんにとって幸せとは?という質問に対し、
「自分がやっていて心地よいことをする事。南アで、周りの人と夢を共有しながら活動するのは、幸せだった。自分が心地よいことは、自分がいちばん分かる。心地よければ、一生懸命できるし、続けられる」

「たとえアフリカに行けなくても、学校、会社など、自分の属する組織の外に出ること。そこに新たな出会いがあるし、学びがある。自分の生活から一歩出て、周りの人のことを考えてみては」

20091013tsuyama.jpg

ボランティアチームメンバー(左)から幸せについて聞かれる津山さん(右)。

ありがとうございました!

ゆうすけです。こんにちは。
最近は人の増えてきたアフリカチーム、今回のミーティングはスタッフ含めて11名が参加しました。
心強い限りです。

さて、本日のミーティングも内容盛りだくさん。


  • グローバルフェスタ振り返り
10/3,4のグローバルフェスタ、みなさんお出かけになられたでしょうか?
JVCは運悪く非常に見つけにくい場所にブースとなったので、客足もまばら。その分ゆっくりとご説明できたのはよかったのですが...
振り返りでは、JVCやボランティアチームについての知識不足が反省点として挙げられました。これを機に勉強します。


  • 南アフリカ滞在報告
JVCアフリカ事業インターンの高橋さんに、南ア滞在報告をしてもらいました。
今年の夏休みを利用して、南ア(+ジンバブウェ)に3週間滞在された高橋さん。彼女は医療系大学の4年生で、今回の滞在は卒論のためだそうです。テーマは「南アのエイズにおける差別」。
JVCの事業地であるカプリコーン郡を訪れ、エイズ陽性者支援をするボランティアの方のおうちで寝泊りし、支援活動もいっしょにおこなったのだそう。


  • 南アフリカ出張報告
JVC南アフリカ事業担当スタッフの渡辺さんに、7月?9月の南アフリカ出張報告をしてもらいました。
今回の出張のメインは「都市貧困地域における菜園研修」。JVCのホームページも更新され、この活動が掲載されました。
JVC?南アフリカでの活動
今年からソウェトで始まったこの活動、今まさに事業を立ち上げる段階です。
この日の報告では、ソウェトで行ってきた活動から、どうやって事業を立ち上げていくのか、ということを語っていただきました。
リアルタイムで立ち上がりゆく事業を見るのは、本当に貴重な機会です。これもボランティアの特権ですね。

上記2つの報告は、アフリカチームの発行する『アフリカと踊ろう!』に掲載される予定です。
『アフリカと踊ろう!』は、アフリカチームの会報誌で、JVCの会報誌『Trial & Error』の付録として、会員の皆様に配布されます。詳しくは、以下のページをご覧下さい。
JVC?入会のご案内

ゆうすけです、こんにちは。
今週末はグローバルフェスタ!国内最大規模の国際協力イベントで、国際協力系NGOが日比谷公園にわさわさと集合します。

グローバルフェスタJAPAN2009
老舗国際協力系NGOであるJVCももちろんテントを出店。アフリカチームも参加し、売り子を手伝ったり、ボランティア活動の紹介をしたりします。
  • 日時:10/3(土)、10/4(日) 10:00―17:00
    • アフリカチームは両日とも12:00―14:30に出没します。ボランティア活動に興味がある方、ここが狙い目です。
    • 他の時間帯にも、JVCの他のボランティアチームが参加しています。
    • 日曜の13:00―14:00には、アフガニスタンチームがボランティア説明会を実施!こちらもぜひお越し下さい。
  • 場所:日比谷公園
JVCブースはこちら。

gf09_sitemap.png

グローバルフェスタでは、他にもアフリカで活動しているNGOが、多数ブースを出しています。
また、アフリカに関するステージ企画もあります。例えば、

10/3(土)15:0016:00 メインステージ
『アフリカについて語ろう
今こそアフリカ支援
モデレーター:     道傳愛子(NHK解説委員)
パネリスト:     中野美奈子(フジテレビアナウンサー)
木寺昌人(外務省国際協力局長)
岡村善文(在コートジボワール大使)

10/4(日)12:0013:00 サブステージ
『アフリカを知ろう!
音楽とクイズで知るアフリカ
JICAアフリカ部
など。NGOテントで聞いた話と比べ、NGOとの連携や、取り組み方の違いなどに思いをめぐらせるのも一興。

そしてそして、JVCではグローバルフェスタに合わせて、イラク・アフガニスタン・パレスチナに関する一大イベント『JVC中東フォーラム』を開催します。
「中東について知ろう、考えよう ―日本と私たちの役割について―」 シンポジウム&パネル展
10/3(土)、グローバルフェスタのすぐそばの会場で一日中やってます。僕もJVCテントの担当時間が終わったあとは、こちらに流れるつもりです。

それでは今週末、日比谷公園でお会いしましょう!

このアーカイブについて

このページには、2009年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年9月です。

次のアーカイブは2009年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ

お問い合わせは、こちらまで。

jvcafricaあっとgmail.com

(あっとを@に変えてご利用ください)