アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

スーダンに関連するメディア掲載


Yahooニュース」、「時事ドットコムニュース」にJVCがBookoffとともに行っている「教育の国際デー」支援キャンペーン「あなたの本で、スーダンの子どもたちに教育を!」に、山形県鶴岡市で結婚式場を営むエルサンがSDGsの取り組みのひとつとして参加することが掲載されました。

JVCは今回Bookoffとともに、支援キャンペーン「あなたの本で、スーダンの子どもたちに教育を!」を実施しています。本、CD、DVD他、不要なものを送っていただくだけ。(送料負担もありません。)Bookoffによって買い取られた金額+10%が、そのままスーダン教育支援への寄付になります。

このキャンペーンに、山形県鶴岡市で結婚式場を営む株式会社エルサンがSDGsの取り組みのひとつとして参加くださることになりました。

「創業50周年を機にSDGsに取り組もうと考えた」とのことで、営業課の佐藤将隆さんが企画。昨年から「結婚式から繋がろう!~使用済み切手を世界の方々へ~」というプロジェクトを企画、使用済み切手の回収をスタートし、JVCにお送りいただいています。(使用済み切手は収集家の方々に買っていただくことで、活動地への支援に変えることができます。)そんなご縁から、今回の「スーダンのこどもの教育支援」にも賛同してくださり、キャンペーンにご協力いただくことになりました。

また、エルサンでは、自社のYouTubeチャンネルでSDGsの取り組みを発信し、地域の方々によびかけながら支援活動を継続しています。

このような形でご支援をいただくことを、ほんとうにありがたく思っています。

SDGs、国際教育、というと、自分と関係がないことかもと思う方も多いかもしれません。 ですが、身の回りのちょっとしたものを支援の形に変えることで、実際にスーダンのこどもたちの教育の機会を作ることができ、子どもの笑顔が生まれます。日本全国、どこからでも気軽に、スーダンの子どもたちの教育を支援することができます。

【あなたの本で、スーダンの子どもたちに教育を!】
※2022年2月28日まで

小学校を卒業するのはたった1割。スーダンの子どもたちの教育を支えたい

1956年の独立以来、紛争が絶えないアフリカの国・スーダン。昨年10/25にはクーデターが発生し、日本でもニュースになりました。争いの影響で故郷を離れなければならない人々も多く、子どもたちもその悪影響を大きく受けています。わたしたち日本国際ボランティアセンター(JVC)が支援する南コルドファン州では、小学校(8年制)を卒業できる割合は たったの12%なのです。ご自宅の不要品が寄付へと変わります。子どもたちに学びの機会を届けるため、ご自宅からできる国際協力にご参加ください。本以外にも、回収しておりますので大掃除やお部屋の整理などで出てきた不要品で、ぜひご協力ください。※無料集荷

スーダン_DSC05131挙手してあてられた子が黒板で文字を書く.jpeg

本キャンペーンでは、ブックオフコーポレーション株式会社様と提携。皆さまに送っていただくご不要品の買取査定を行ったあと、査定額+10%の全額がJVCに寄付され、スーダンの人々の支援に充てられます。

《対象品》

  • 本(コミック、ビジネス書なども含みます)
  • CD・DVD・Blu-ray
  • 小型家電・タブレット・スマホ
  • ブランド品、貴金属など

※その他、さまざまな物品を一緒に寄付することができます。買取対象品の詳細は「ブックオフ・売れるもの一覧」をご参照ください。

詳しくは>>あなたの本で、スーダンの子どもたちに教育を!

国際開発ジャーナル社の発行する「国際開発ジャーナル 2021年4月号」に、写真を提供しました。

同紙に掲載された革命後のスーダンの情勢を解説する記事に、JVCスタッフが現地で撮影した写真を提供しました。

4月1日「まなぶ」掲載

2021年4月 5日 更新

労働大学出版センターの出版する雑誌「まなぶ」に、JVCスタッフの執筆する記事が掲載されました。

スーダン駐在員の今中が、燃料高騰によって自転車の普及が進む現地の様子を紹介します。

2月16日「毎日新聞」掲載

2021年2月17日 更新

スーダン現地駐在員今中への取材記事が、毎日新聞デジタルおよび2月17日付けの朝刊紙面に掲載されました。

JVCの活動を通して未来への一歩を踏み出したマルガニ君はじめ、JVCがスーダンで行っている補習学級の現状が紹介されています。

新型コロナウィルスの影響により一時閉鎖を余儀なくされましたが、9月に再開。子どもたちが通い続けられる仕組みづくりを意識しながら今後も活動を続けていきます。

「まなぶ9月号」に掲載

2019年9月13日 更新

働くものの月刊学習誌 『まなぶ』9月号の連載「世界はいま」において、JVCスーダン/南スーダン事業担当・今中航の「スーダン流おもてなし」と題された記事が掲載されました。ぜひお手にとってご覧ください。

スーダンで暫定統治を続ける軍が、民主化を求める市民のデモ隊排除のため発砲し、民間人に死者が出たという事件を受けて、現地駐在の山本が電話インタビューで出演し、現地の様子を伝えました。どうぞご覧ください。

JVCの現地事業に関して大きな影響はありません。詳しくはこちらをご覧ください。
スーダン現地情勢およびJVCの活動継続に関するお知らせ

dTVチャネル・ひかりTVチャンネル+で配信している報道番組「NewsX」

ジャーナリストの堀潤さんがキャスターを務める6月3日22時放送回に、スーダン事業現地駐在の山本がSkypeで現地から出演する予定です。先日お伝えしたスーダンでのクーデター後に発足した暫定軍事政権が、文民政権への移行を求めて首都ハルツームの軍本部前で座り込みを続けるデモ隊を排除しようと武力で弾圧し、少なくともデモ参加者5人が撃たれ死亡するという本日起きた動きについていちはやく現地からお伝えします。

【ウェブサイトでの視聴はこちらから】
(ドコモケータイ以外の方も登録可能、31日間無料視聴キャンペーン中。放送後の見逃し配信もあります。)

スーダン事業現地調査員の山本が「たとえば世界でいま スーダン 反政権デモで大統領退陣」を寄稿しました。山本が現地で見聞きしたスーダンの情勢や人々の思いをお伝えしています。

dTVチャネル・ひかりTVチャンネル+で配信している報道番組「NewsX」。

ジャーナリストの堀潤さんがキャスターを務める4月15日22時放送回に、パレスチナ事業担当スタッフ渡辺真帆が出演し、先日お伝えしたJVCのパートナー団体のボランティア・サージドさんの死亡事件など、パレスチナの現状についてをお伝えします。現地に駐在している山村順子もSkype出演し、現地で出会った人々の声をご紹介する予定です。

また、スーダンで市民の抗議デモが大統領辞任まで発展した政変を受けて揺れる現地の様子についても、現地に事務所を置き活動するNGOの立場からお伝えさせていただきます。ぜひご覧ください。

【ウェブサイトでの視聴はこちらから】
(ドコモケータイ以外の方も登録可能、31日間無料視聴キャンペーン中。放送後の見逃し配信もあります。)

2018年12月からスーダンで始まった、食料品値上がりや燃料不足に対する市民の抗議デモ。死者が出るような武力による弾圧でも鎮圧されず、長引くデモに非常事態宣言が出されるなど非常に不安定な状態に陥っていました。

そして、34年前に軍政から政権交代した記念日である4月6日、スーダン全州でデモの呼びかけが行われ最大規模のデモが発生する事態となり、ついに4月11日、バシル大統領の退任が伝えられました。

大きく揺れるスーダンの現状について、現地事務所を置きスーダンで活動してきたNGOの立場からいくつかの報道で取材協力をいたしました。

30年の長きにわたる独裁が終わったとしても、大きな政治的変換によって現在JVCが行っている支援のニーズが急になくなるわけではありません。今後もJVCは現地の状況に注視しながら、活動を続けていきます。
引き続き、ご支援をいただけますと幸いです。

Tポイントをつかって1ポイントから寄付できる、Yahoo!ネット募金でもご支援を受け付けております。 ぜひご協力ください。

スーダンで国内紛争の影響を受ける人々と子どもたちを支えたい! - Yahoo!ネット募金

日本国際ボランティアセンター(JVC)の募金ページ | Tポイントでも寄付できます。

毎日新聞社と毎日新聞東京・大阪・西部社会事業団が募集している、紛争や貧困、災害などで苦しむ世界の人たちを支援する「海外難民救援金」の2018年度の報告が掲載されました。JVCは贈呈先団体の一つとなっており、いただいた救援金はスーダン南スーダンでの紛争による難民や避難民の方たちのための事業の活動資金として、大切に使わせていただきます。

活動地の写真トタン屋根だけの屋外の教室。多くの学校では教室や備品が不足しています。

今回は65万円のご支援をいただき、難民・国内避難民・帰還民の子どもたちが通う幼稚園や小学校の補修や備品、学費・学用品、教員の研修費などに活用させていただいています。紛争によって住む土地を追われ、教育を受けられなくなって しまった数百人の子どもたちが学校に通うための力となります。

長年にわたるご支援をしてくださっている毎日新聞社および毎日新聞東京社会事業団の皆様、そして海外難民救援金にご協力をいただいた皆様、誠にありがとうございました。心より御礼申し上げます。

下記ページで、世界の難民の取材記事の中に南スーダンを取材された稲垣記者の記事も掲載されています。ぜひご覧ください。

海外難民救援:毎日新聞東京社会事業団

公益財団法人 毎日新聞東京社会事業団のホームページです。海外難民救援について掲載しています。

働くものの月刊学習誌『まなぶ』7月号に『日報隠蔽 南スーダンで自衛隊は何を見たのか』の書評を、南スーダン事業に携ってきた今井が寄稿しました。何度も南スーダンを訪れた今井から見た南スーダン問題についてお伝えしています。

南スーダン緊急支援担当/人道支援・平和構築グループマネージャーの今井のインタビューが掲載されました。

日経DUALに掲載

2018年5月11日 更新

スタッフの小林が、ママとして子育てもしながら、海外出張業務もあるNGOの仕事をどのようにしているか、そのやりがいやこれまでの経緯などについてのインタビューが掲載されました。

『世界』に掲載(政策提言)

2016年11月17日 更新

「世界」2016年12月号に、政策に関するJVC代表谷山の記事が掲載されました。

2016年11月15日発行の「女性自身」に、スーダン現地代表・今井による南スーダンでの活動や現状についての記事が掲載されました。

東京新聞に掲載(政策提言)

2016年11月17日 更新

2016年11月16日付けの東京新聞に、政策に関するJVC代表谷山の記事が掲載されました。

毎日新聞に掲載(政策提言)

2016年11月 8日 更新

2016年11月4日付けの毎日新聞に、政策に関するJVC代表谷山の記事が掲載されました。

2 3  
団体案内
JVCの取り組み
5ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-22-1 東鈴ビル4F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net