アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

【イベント&講演】
<出張講演> イラクの子どもたちについて知ろう

2009年度広報インターン 廣田 沙陽子
2009年6月19日 更新

すっかり暑くなり、だんだん夏が近づいているのを肌で感じます。

今日は、広報担当の広瀬が鎌倉市立関谷小学校にて講演を行いました。4・5・6年生194名に、スライドを交えてイラクの子どもたちの様子を伝えます。

鎌倉市立関谷小鎌倉市立関谷小

講演では、イラクの子どもたちが描いた絵を紹介しました。クラスター爆弾で重傷を負った男の子は、元気なときに遊んだブランコを絵に描いています。でももう遊ぶことはできません。またイラクでは戦争の影響で医療やインフラが不安定になり、病院に十分な薬が行き渡っていません。白血病になってしまった12歳の女の子は、学校の先生になる夢を描きました。しかしその後まもなくして亡くなりました。自分と同い年のイラクの子どもたちが経験した悲惨な戦争の話を、みんな真剣に聞いてくれます。実際に爆弾の破片を手にとってみて、そのずっしりとした重量に驚きました。
ブランコとムスタファ君ブランコとムスタファ君

戦争をなくすためには、自分と相手の違いを認めながら、お互いを理解しようとすること。それは、友達同士の関係にも、国と国との関係にも当てはまります。
次々と飛び出す質問も真剣そのもの。「そもそもどうしてアメリカとかイギリスとかはイラクを攻撃したのですか?」「イラクの人を救うために何ができますか?」「クラスター爆弾の中には鉄以外に何が入っていますか?」「イラクのほかに戦争で大変なところはどこですか?」などなど・・・。たくさんの熱心な質問に私たちも嬉しくなりました。今日の講演をきっかけに、イラクについて、平和について、もっと深く勉強してみるといいですね!関谷小学校の皆さま、ありがとうございました!

●おまけ●
「最新の給食を見てみたいです!」と先生にお願いして、6年生の給食を見学。本日のメニューは、けんちん汁と穴子丼。穴子丼とはオツですなあ。とてもおいしそうでした。

給食は穴子丼給食は穴子丼

【イベント&講演】
会員総会終了

コリア事業・会員担当 寺西 澄子
2009年6月18日 更新

6月13日、会員総会をおこないました。
スタッフのほとんどは意識していませんでしたが、記念すべき?10回目。来年でJVCは30歳となりますが、特定非営利活動法人となってからも、はや10年がたっているわけです。
JVCの総会は、朝10時から始まります。土曜日の朝というのに、栃木や静岡、北海道から来て下さる方もいて、有難いかぎりです。

さてさて、肝心の総会。
まず議長から、「JVCは『会員はお金さえ払ってくれればいい、口ははさんでほしくない』という団体ではないし、『谷山さん(ご存知とは思いますが、JVC代表のことですよ。念のため)ステキ!』とか『この人のいうことは絶対』みたいなカリスマのファンクラブでもないところが気に入って会員を続けている。今日は愛を持って積極的な意見をいただきたい。建設的で活発な意見交換をお願いします」と、笑いをとりながらも愛情のこもった挨拶があり、のっけからちょっと感激してしまいました。

JVCはとにかく、活動の数・地域が多いので、ざっと一年分の報告をするだけでも時間がかかってしまいます。トピックを選んで概要を報告したあとに、地域開発・人道支援・国内事業の三分野をそれぞれ担当者が話す形式をとっています。
が。いかんせん、長い。そして暗い。さらに人の熱気がすごい。
決して話を聞くのに快適な環境とは言えません。

DSC_6604s.jpg

しかし。滔々と話しつづける、われらが代表。
そして、疲れも見せずにポイントをついた質問・指摘をしてくる、会員の皆さん。
「農民にわざわざ農業の技術を伝えるって、どうして?」
「紛争地などでの安全には、どう気をつけている?」
「もう少し親切に、ポイントはどこかをわかりやすく説明して!」
「ボランティアや会員が国内で活躍していることを、もっと報告して!」
午前中、という限られた時間のなかではありましたが、せいいっぱいのやりとりがありました。
ぶじに活動計画に承認をいただいて、午後の部へとうつります。

午後は、「会員のつどい」と称して、カイギのようなかしこまったものではなく、もうすこしリラックスの場にしています。
今年は、ラオスとタイから来ている2名の話を聞きました。
ちょうど研修のため来日している、ラオス現場のイケメン?スタッフ・フンパン(写真左から2番目)。そして、研修先仲間のジャンワンさん(写真右から2番目)は、JVCとも縁の深い、タイの「アジアオルタナティブネットワーク」で活躍しています。

DSC_6664s.jpg

逐次通訳のため、ちょっと駆け足となりましたが、「日本人から、現場でこれが問題だ!ということを聞くより、その地に住む人の口から直接聞けたのがよかった」とのコメントもあり、担当していたスタッフもほっと一息。
ご参加くださったみなさん、二次会、三次会、さらには四次会?までつきあってくださった方、ありがとうございました。
来年も、どうぞよろしくお願いします。

【イベント&講演】
春のコンサート

広報担当 広瀬 哲子
2009年3月27日 更新

ここは代々木上原駅近くのコンサートホール、「ムジカーサ」。
シックなエントランスが素敵なこのホールは、イタリア語で「音楽の家」という意味だそうです。
エントランス1
春の風がそよぐ3月20日に開かれたのは、JVCを支援してくださっている方が主催する室内楽コンサート。この会場に、ガザの子どもたちのパネルと募金箱を置かせていただきました。
ガザ募金箱
この日初登場したのが、30cm四方の大きな募金箱。(写真ではよく分かりませんが・・・。)
「大きすぎ・・・?」と心配しましたが、イベント会場では大きすぎるくらいが目に付きやすくていいようです。主催者のKさんがお客様に丁寧に説明してくださったかいあり、多くの方が募金に協力してくださいました。
ガザでの栄養支援に大切に役立てていきます。

コンサートでは、クラリネットやバイオリン、ピアノの優しい音を、ホールに差し込む春の光とともに楽しむ贅沢な時間を過ごしました。うっとり。

さてこの大きな募金箱、次はどのイベント会場に行くのでしょうか?!
お楽しみに。

【イベント&講演】
JVCボランティア合宿で交流!

2008年度調査研究・政策提言インターン 加藤真紀
2008年10月29日 更新

秋です!
すがすがしい気候と、山々が色づくこの季節、JVCは都心から離れた新鮮な空気の漂う神奈川県の愛川町で秋のボランティア合宿を行いました。これは、日ごろ出会う機会があまりもてないスタッフやボランティアの皆さんが、楽しく交流するための企画です。参加したメンバーには、JVCスタッフのほか学生、ボランティアさんやインターンなど、数十年前来の関わりのある方から、通りすがりで(?!)たまたまJVCを知ってくださった方などがあり、多様な顔ぶれとなりました。

合宿の内容はスポーツ、ビデオ鑑賞、民族料理づくり、語り・・・・と盛りだくさんで、よく食べ、よく遊び、よく考えることができました。(夜は話が大変盛り上がったため、よく寝ることができた方はあまりいなかったようです)

sport.jpg
白熱のドッジボール合戦(本気です!)

cooking.jpg
タイとアフガニスタンの料理に挑戦!

今回のJVC秋合宿で、JVCにいろいろな角度から、いろいろな深さで関わっている人々と、時にはボールをぶつけ合い、ときには夜更けまで熱く語り合うといった交流ができたことはとても貴重な思い出となりました。

【イベント&講演】
わっはっは!でアジアに虹を架けよう

2008年度会員インターン 日野 桜子
2008年10月17日 更新

昨日「南北コリアと日本のともだち展」ぴょんやん訪問報告会が行われ、私も参加してきました。
まず最初にジャズピアニストの河野康弘さん(この夏の平壌訪問に同行)によるミニコンサート、そして8月の「ともだち展」訪問報告が行われました。
kono.jpg
コンサートでは、報告会に参加された方も一緒になって手拍子をとったり、恥を捨てて歌ったたりと、童心にかえって楽しみました。
「わっはっは」は世界をつなぐ魔法の呪文です。
この言葉を聞けば、誰でもおもわずニヤリと笑ってしまう。
「わっはっは」は河野さんのオリジナル曲の一つで、8月に東京朝鮮学校に通う子どもたち5名とともに訪れた平壌のチャンギョン小学校で大変好評だった曲だそうです。報告会の映像の中でも、チャンギョン小学校の子どもたちと先生方が「わっはっは」とにこやかに笑っている姿が見られ、大変印象的でした。

「音楽は世界をつなぐ言葉。少しでも日本と朝鮮が、互いに偏見をなくせるよう歩み寄るきっかけとなればいいな。」という河野さんの言葉が大変心に響きました。
今回の訪問のことを河野さんもご自身のホームページで紹介してくださっているので、ぜひごらんください。
河野さんの訪朝報告

日本、韓国、北朝鮮、在日コリアンの子どもたちの絵を展示した「南北コリアと日本のともだち展」において、三国で共同制作した「東北アジアにかける虹」という作品があります。私も、人任せにするのではなく、自分自身で少しでもアジアに虹をかけるための活動をしたいと感じました。
まずは楽しく笑うことから...わっはっは!


【イベント&講演】
鎌倉の小学校に行ってきました。

広報担当 広瀬 哲子
2008年7月16日 更新

真夏のような月曜、豊かな緑のおかげで上野よりちょっと涼しげな鎌倉へ。
平和学習の時間に、イラク戦争を生きた子どもたちの話をすることが目的です。
4年生・5年生・6年生の約260人が集まった体育館は、なかなかの暑さ。
先生たちは恐縮されていましたが、私は全くOKです。
なにせJVC東京事務所ではまだクーラーを使っていませんから!

肝心のイラクの話、子どもたちはしっかり聞いてくれたようです。
サッカーをしたり友達と遊んだりしているイラクの子どもたちの姿を見て、
自分たちと似ていると感じてくれたかな?

イラクの子どもたちは戦争の中を生きました。困難は今も続いています。
爆弾を受けて片足が動かなくなってしまった男の子。
十分な医療を受けられずに亡くなっていった女の子。
殺されているお兄さんを目にしてしまった男の子。
みな自分と同じ小学生だからでしょうか。彼らの描いた絵を写したスクリーンを
じっと見て、彼らの残した言葉を聞いてくれました。
4・5・6年生の子どもたち


最後の質問タイム、なかなか手を挙げる子はいないかな?と思ったら大間違い。
「僕のいとこが住んでるドバイでは戦争がないのに、どうしてイラクは何度も
戦争があるんですか?」
「戦争が終わったら、それまで使っていた戦車とかはどうするんですか?」
「戦争をすると他の国も巻き込まれちゃうんですか?」
「病院に運ぶ薬に毒を入れられちゃったりしないんですか?」

答えるのが難しい質問がたくさんで冷や汗ものでしたが、何より関心を持ってく
れたのが嬉しいです。

質問の一つ。「戦争はどう終わるんですか?」
2003年3月に始められたイラク戦争は、5月にブッシュ大統領によって『戦闘終結
宣言』が出されました。しかし、その後も混乱は増すばかりで、亡くなるはずで
ない命が次々と失われています。こんな状況、とても戦争が終わったとは言えま
せん。

講演後には、クラスター爆弾(子爆弾)やその破片を間近で見てみます。
写真で見た、片足を奪われた男の子の思いを想像しながら・・・。
クラスター爆弾


夏休みの自由研究でイラクを調べてくれる子が出てくるかな。

【イベント&講演】
南アフリカ報告会

2008年度広報インターン 平塚 祥子
2008年6月12日 更新

みなさん、はじめまして。
私は、4月より広報インターンをしています、平塚祥子(大学4年)です。
どうぞよろしくお願いします。

6月10日(火) 、「JVC/シェア 南アフリカ報告会」が行われました。
参加者は30名ほどで、学生や会社帰りの方など様々な方がいらしていました。
学生や社会人など約30人が参加

南アフリカから一時帰国した水寄

クイズやワークショップを行い、実際に私たちもHIV/エイズの広がり方を
ワークショップを通して体感しました。
見た目では分らない。でも予防さえちゃんとして、正しい知識さえ持っていれば防げる!
HIV/エイズと生きることについて、改めて考えることのできる時間となりました。
ワークショップでHIVの感染の学ぶ

JVCの報告会は今回、春日駅からすぐの「文京シビックセンター」で行われました。駅から近く、きれいで、展望台もある、とても良い場所です。JVC御用達のようです。
私もこれから報告会やイベントにたくさん参加しようと思っています。

【イベント&講演】
Run For Africa

経理担当 武繁 政昭
2008年5月26日 更新

今月末、横浜で開催されるアフリカ開発会議に先駆けて、
昨日日産スタジアムで「Run For Africa」というマラソンイベントが行われました。
僕も職場の有志4人で参加しました。
チームJVC

ルールは、エチオピアの選手が持つマラソン世界記録2時間4分で
どれだけ走れるか競うもの。
大会サポーターの有森裕子さんが大会を盛り上げ、
国際色豊かな楽しい一日を過ごしました。
僕達のチームは、25キロメートルほどを走り、130チーム中75位。
1人当たり6キロメートルほどを走ったわけですが、終了後からすでに筋肉痛です。
プロ気分でトラックを走る

マラソン大会初参加の僕ですが、打ち上げのビールは美味しく、
ちょっと走ることにはまりそうです。
と、書いている時に、この大会の模様がNHKのニュースで放送されました。
残念ながら、僕は、写っていませんでした。
有森さんとハイタッチしたのに、おかしいなぁー(^-^;)。
走った後のビールは格別

【イベント&講演】
中井幹雄写真展

2007年度ホームページインターン 稲葉 久美子
2008年2月21日 更新

JVCでボランティアとして関わってくださる方は年齢も職業も様々。
その中にはプロのカメラマンもいます。
08022703s.jpg
彼の名前は中井幹雄さん。
これまでにもスタッフの写真やイベントでの写真など素晴らしい写真を
数多く提供してくださっています。
その中井さんが今度写真展を開かれることになりました。

中井幹雄写真展
「ベトナムで生きるということ」
2008年3月18日(火)~3月23日(日)
   12:00~20:00(最終日は17:00まで)
会場:アートスペースモーター
   (東京都中央区入船2-5-9 入船サイト1F、
   地図:http://www.hit-on.co.jp/map.html#motor_map

日本とは全く違うベトナムの人々の日常風景が伝わってくる素敵な写真ばかりです。
お時間のある際に足を運んでみてください

(HPインターン:稲葉)

【イベント&講演】
インターン説明会

2007年度会員インターン 若林 直志
2008年2月14日 更新

 HPでも告知があった通り2月7日にJVC事務所で説明会があり、9日にはJVCのある丸幸ビルでの国際NGO合同インターン説明会がありました。

 私は、合同説明会で発表しました。午前・午後・夜間と3回行なわれましたが、当日寒いにも関わらず、33名の参加がありました。皆さん熱心にお話を聞いてくださり、終わった後も個々にいろいろお話をさせていただきました。

 一年前の今ごろ、実は私も合同説明会に参加しました。それまで大学で学生NGOに参加していましたが、運営にとても苦労しました。それで大学4年になって、専門スタッフのいるNGOでインターンをしたいと思っていたからです。

 一年間インターンをやってみて、学ぶことは多々ありました。JVCでインターンをして一番のメリットは、自分で動けばいろいろな情報を得ることができることだと思います。

 来年度ぜひJVCでインターンをしてみてください。自分の中で得るものは多いはずです!!
今迷っているあなた、迷ったらとりあえずやってみる。それも重要なことだと思います。
 ぜひ、ご応募お持ちしています。

(会員インターン:若林)

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net