アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

【イベント&講演】
絵画でつながる東北アジアの子どもたち〜新型コロナウイルスにも負けない!〜

KOREAこどもキャンペーン2020年度インターン 佐藤 たら
2020年7月31日 更新

こんにちは。2020年度KOREAこどもキャンペーンインターンの佐藤です。
新型コロナウイルスによる第2波が押し寄せていると言われる今日この頃ですが、皆さまお身体お変わりないでしょうか。コロナ前は会えていたともだちにも気軽に会えない日々が続いていますね。そんな中JVCではコロナに負けず活動を続けていこうということで、コリア事業にも変化が出てきました。

今回はその中の一つである、「第19回南北コリアと日本のともだち展(オンライン開催)」の広報も兼ねて、「南北コリアと日本のともだち展」の紹介をしたいと思います。

「南北コリアと日本のともだち展」って?

南北コリアと日本のともだち展

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に大きな被害を及ぼした1995年の大雨洪水被害への緊急支援に取り組んで以来、JVCは他のNGOとともに「KOREAこどもキャンペーン」というネットワークを組み、北朝鮮の子どもたちへの支援を行ってきました。
この過程で、相互理解不足による壁を痛感し、北朝鮮の子どもたちの姿を日本の子どもたちに伝えたいという思いから、子どもの絵画交流による相互理解のプログラム「南北コリアと日本のともだち展(以下、ともだち展)」を開始しました。

「ともだち展」は、東北アジア地域の平和から21世紀の世界平和を願い、2001年から絵画交流イベントとしてスタートしました。そこでは大韓民国、朝鮮民主主義人民共和国、中華人民共和国、そして日本に住む子どもたちが、同じテーマで描いた絵やそれに添えられたメッセージを通して、お互いの生活や文化を知り、「出会い」ます。このようにして直接会うことが困難な子どもたちが、国境を越えて心と心を繋げて来ました。

展示会は、東京・ソウル・平壌のほか日本各地でも行っています(第19回はオンライン開催)。

「第19回ともだち展(オンライン開催)」について

第19回の「ともだち展」のテーマは「わたしがおくりたい金メダル」です。子どもたちが大切に思っているものや感謝を伝えたい人に「金メダル」をおくります。子どもながらの自由な想像力で、様々な「ありがとう」を感じることのできる作品がたくさん集まりました。

第19回「南北コリアと日本のともだち展」

しかし残念ながら新型コロナウイルス感染拡大を懸念し、第19回の展示会はオンライン開催となりました。直接会うことのできていた子どもたちですら会えなくなってしまった今だからこそ、子どもたちが心を通わせ、「心と心の見える関係」になってほしいと強く願います。オンライン開催ということで、いつでもどこでも誰でも気軽に見ることができるという利点を生かし、たくさんの方に見てほしいと思っています。 オンライン展示は期間限定となっており、2020年8月31日までとなりますのでお気をつけください。

【第19回「南北コリアと日本のともだち展」はこちらから!】

絵画展に参加してみよう!

特設ページで絵をクリックすると、メッセージが表示されます。実際に絵をごらんになって心に残った作品がありましたら、子どもたちにメッセージを送ることができます!
ここでは私のお気に入りの絵を例に、メッセージの送り方を紹介します。

お気に入りの絵(バレーボールをする少年)お気に入りの絵(バレーボールをする少年)

私のお気に入りは、このバレーボールの絵です。なぜなら私も彼と同じくらいの歳のころ、バレーボールが好きでともだちと休み時間などにバレーボールをやったことを思い出したからです。バレーボールが上手なともだちに金メダルをあげたい気持ちが、とてもよく伝わってきました。
だから、この絵を描いたピョンヤンのホウンくんにメッセージを送ってみます!

子どもたちへのメッセージは、各国の絵の最後にある下のような「メッセージをおくろう」ボタンから簡単に送ることができます。

メッセージをおくろうメッセージをおくろう

どこの地域の誰に送るのかを入力したら、いよいよメッセージです!

メッセージのおくり方メッセージのおくり方

メッセージを書いたら、自分の名前も忘れずに入力して「送信」!
これらのメッセージは、次回ピョンヤンを訪問する際に、事務局が直接小学校へ持っていきます。本人がその場にいるときは、直接手渡すことも可能です。こうして、絵を描いた子どもたちのもとにメッセージを届けることができます。

気軽に何人にも送ることができるので、皆さんもぜひ送ってみてください!

交流の継続による再会

実は私自身も「ともだち展」の卒業生なのです。絵画の交換だけではなく、相互訪問として韓国のパートナー団体「オリニオッケドンム」が韓国で主催する行事に5年間毎年参加していました。さらに、ピョンヤンのルンラ小学校で行う絵画展や交流会にも小学生のときに一度参加しました。
韓国には、毎年参加することで顔馴染みのともだちができたり、自分自身、韓国語が少しずつ話せるようになってきました。そうすると年々、早くともだちに会って話したいという思いが増し、韓国でできたともだちの話を日本のともだちに話すようになりました。
すると、日本のともだちも数名がこの活動に興味をもってくれて、一緒に参加したこともありました。自分を介して違う国のともだちが繋がり仲良くなってくれることに対して、子どもながらに感動したのを今でも覚えています。

ピョンヤンでの交流会では、自分が一度も行ったことがない国へ行くことに好奇心と少しの不安を抱えていました。しかし一度行ってみると初めて韓国に行った時と同じようにともだちができ、共同制作の絵画を描きながら打ち解けていました。
一番印象的だったのは歌を披露しあったことです。私は日本語で童謡の「ふるさと」を歌いました。当時は緊張もあり、あまり上手に歌えませんでした。しかし大きな拍手を受け取り、席に戻ると隣に座っていたともだちが私に微笑みかけてくれて、とても安心しました。
今思えば韓国のともだちとピョンヤンのともだちは、この子と私のような子どもの間でよく見られる微笑ましい瞬間ですら叶わない・・・とても考えさせられました。

毎年、同時期に朝鮮学校の子どもたちもピョンヤンを訪れており、朝鮮語を話せる彼らの協力があるからこそ、ピョンヤンで絵画交流が実現しています。彼らは、まさに日朝の架け橋として活躍しています。
私が高校生のとき、授業のフィールドワークで朝鮮学校を訪れた際に、なんと、当時一緒にピョンヤンを訪問した朝鮮学校のともだちに再会しました。さらには北朝鮮の学生と交流する大学生交流プログラムの自主勉強会で朝鮮大学校を訪れた際にも、ともだちと再会することができました。

私が参加した韓国での交流会の時に感じた、自分のともだちにまた会えることの嬉しさをこの再会で再び味わうことになりました。私は正直、最初に参加した韓国の交流会への参加は自分から行きたいと言ったわけではありませんでした。
当時韓流ドラマにハマっていたのもあり、母の提案で行ってみたいと思って参加したことがきっかけでした。その後は、単純に子ども同士が遊ぶ時のような感覚が楽しみで交流会に参加し続け、自分なりに感じたことを反すうしたり、それをさらに深めるごとく、自分自身で交流について考えたりもしてきました。

時々、自分だけがこのような活動を続けていて、他のともだちはもしかしたら私のことをもう忘れているかもしれない、などと感じる時もありました。 しかし、このように再会を果たしたことで、自分の中でこの活動を継続することの意味を確信することができました。
これは私の中で大きなモチベーションにつながり、さらにともだちの国と自分の国について学びたいと改めて思いました。そして今もそのともだちと連絡を取り続け、それぞれと「一人の大切なともだち」として仲良くしています。私はこの関係が今後も続き、これからの東北アジアの平和につながるであろうと信じています。

これは絵画展や交流会において、双方がお互いについて自発的に学ぶ・交流することを継続して行なってきたことで最近現れてきた現象です。私だけでなく他でもこの「再会」という現象が出始めています。
「再会」を重ねること、そして信頼関係が築かれることが、次世代の平和な東北アジアに近づく一歩になると信じています。

皆さんこんにちは!!広報インターンの三浦です。

今日は、6月14日に行われたイベント、映画『シード ~生命の糧~』特別先行試写会&ミニトークについて報告したいと思います。

今回は、映画『シード ~生命の糧~』の配給元であるユナイテッドピープル株式会社さんのご協力によって特別先行試写会をやることができました。また、上映後に南アフリカ事業担当/地域開発グループマネージャーである渡辺直子さんが、南アフリカの農村での取り組みについてお話しました。この続きは下のリンクボタンをクリックして、はてなブログでご覧ください。

続きを読む(はてなブログ)

皆さんこんにちは!広報インターンの三浦です。

今回は、7月20日に開催されるイベント「アフリカ、スーダンの今を知る」に合わせ、4月25日に行われた「揺れ動くスーダン情勢〜独裁政権を倒した市民デモと今後の展望」に関してのイベントレポートを報告したいと思います。

バシール大統領が約30年にわたって独裁を続けていたスーダンにおいて、昨年の12月から物価の高騰などをきっかけに民衆の反政府抗議デモが続いていましたが、4月11日に軍がクーデターを宣言し、バシール氏は辞任に追い込まれました。このように事態が刻一刻と変化していく中でイベントは開催されました。

詳しくは以下のリンクから、はてなブログでご覧ください!

4/25「揺れ動くスーダン情勢〜独裁政権を倒した市民デモと今後の展望」イベントレポート - 世界の現場から~JVCの中の人ブログ~

今回は、に合わせ、4月25日に行われた「揺れ動く 7月20日に開催されるイベント「アフリカ、スーダンの今を知る」 スーダン情勢〜 独裁政権 を倒した市民デモと今後の展望」に関してのイベントレポートを報告したいと思います。 その後、 バシール 氏を長年支えていた軍が暫定軍事評議会(TMC)を設置し、事実上の暫定政権が誕生。しかし速やかな民政移管を求めた民衆がそれに反発、TMCとの対立が続いていました。 このように事態が刻一刻と変化していく中でイベントは開催されました。

【イベント&講演】
「ゴクゴク(5959)の日」イベントレポート

2019年度広報インターン 守屋 亜純
2019年7月12日 更新

こんにちは!!2019年度の広報 インターン の三浦です!!
美味しい飲み物をゴクゴク飲みながら、ゴクゴク飲める水資源に恵まれていない地域に思いを巡らせてみようという記念日、5月9日「ゴクゴク(5959)の日」に開催したイベント「『ゴクゴク(5959)の日』2019~お酒から世界の水問題を考える~」のレポートをお届けします!

続きは下記からぜひご覧ください!

「ゴクゴク(5959)の日」イベントレポート - 世界の現場から~JVCの中の人ブログ~

こんにちは!広報 インターン の三浦です。 突然ですが、みなさん!5月9日は何の日だか知っていますか? 5月9日は 日本記念日協会によって認定された 「ゴクゴク(5959)の日」 です。おいしい飲み物をゴクゴク(5959) 飲み、かつ、水資源に恵まれない地域でも水をゴクゴク飲めるよう水環境について考えようという日です。今回のイベントを知るまで私はこの日のことを知りませんでした。 ...

こんにちは!!広報担当の守屋です!! ニュージランドでのモスク襲撃事件を受けて、4月に開催された「ニュージランドでのモスク襲撃事件から多文化共生を考える-日本では?イラクでは?」のイベントレポートをインターンの視点からまとめました。すでにイラク事業担当スタッフのガムラがイベント報告をあげているので、そちらも合わせてご覧ください。多文化共生は、在留外国人が今後増加すると思われる日本にとっても重要な問題です。ぜひご覧ください!

ニュージランドでのモスク襲撃事件から多文化共生を考える-日本では?イラクでは? - 世界の現場から~JVCの中の人ブログ~

こんにちは!2019年度広報 インターンの守屋です。 JVCの イラク事業では、多様なバックグラウンドを持つ子どもたちが共生を学ぶワークショップ をサポートしています。  今回、 ニュージーランドで起きた襲撃事件を受けて、移民が増えつつある日本でも多文化共生を考えてみようとされました。 インターン 生として参加してみて、感じたことをブログでシェアしていきたいと思います! ...

皆さんこんにちは、2018年度広報インターンの藤井です。本日は、2月18日に開催された院内集会「国連小農宣言・家族農業の10年」のイベントレポートをお送りします。

まず最初に、この院内集会のキーワードである「国連小農宣言」と「家族農業の10年」についてざっくりご紹介します。

「国連小農宣言」と「家族農業の10年」とは

◇国連小農宣言
2018年12月に「小農と農村で働く人々の権利に関する国連宣言」(以下小農宣言)が採択されました。これは、小農の価値や役割を再評価した宣言で、賛成121・反対8・棄権54で採択されたものです。主な構図としては、農業国である途上国やその理念に賛同する途上国が賛成側、農業を大規模に行いたい先進国が反対側に回っています。日本は棄権票を投じました。
◇家族農業の10年
そもそも「家族農業」とは、農業の運営から管理までの大部分を1戸の家族で営んでいる農業のことを指します。現在世界の食糧の約8割が家族農業による政策で賄われており、世界の食糧生産において重要な役割を果たしています。しかし、近年の農業の大規模化に伴い小農の生活は脅かされています。このような現状をふまえ、国連は2014年、その年を「国際家族農業年」と位置付けることで家族農業の重要性を再認識させ、さらにそれを延長する形で2019年~2028年までの10年間を「家族農業の10年」とすることを決定しました。

このような国連宣言が採択され、かつ本年から「家族農業の10年」が始まるということで、今年は世界各地で小農についての再評価の機運が高まることが予想されます。世界で小農・家族農業が改めて脚光を浴びる2019年の今だからこそ、小農中心に農村が形作られてきた日本で、改めてその意義を考え政府に取り組みを求めようという趣旨で催されたのが、今回の院内集会でした。

写真のキャプション:会場は農家の方や大学で農業を専攻している方などで満員でした会場は農家の方や大学で農業を専攻している方などで満員でした

続きを読む

こんにちは!パレスチナ事業インターンの勅使河原です。

5月26日に聖心女子大学の聖心グローバルプラザ「Be*hive」で、「体験会&トーク:難民が受け継ぐパレスチナ刺繍」というワークショップを開催しました。

参加者は女性が大多数! 左はパレスチナ事業担当並木参加者は女性が大多数! 左はパレスチナ事業担当並木

このワークショップは5月19日から6月6日まで開催していた「587万分の4人、パレスチナからのメッセージ〜世界最多の難民の、数字では見えない現在を知る〜」に合わせて行われました。写真展のテーマであった「パレスチナ難民」が受け継いできたパレスチナ刺繍を体験してみよう!という目的のイベントです。

続きを読む

この記事は2017年度インターンが3月に作成したものです。

---------------------------------------------------------------------------------

こんにちは、ホームページ分析インターンの佐藤です。

先日、3月17日に、私たちが企画をした「考えることからはじめよう ~格差ってなんだろう?~」新・貿易ゲームワークショップイベントを開催しました。
3月で1年間のインターンを修了する私たちにとって、インターンとしてイベント企画をするのは、これで最後。人が集まるか、参加者の学びに繋がるかなど、さまざまな不安を抱えながら当日を迎えました。

結果、目標の12名を超える13名の方にご参加いただき、ゲームも盛り上がってイベントは大成功!
たくさんの方から「楽しかった」「考えるきっかけになった」とのお声をいただきました。

続きを読む

【イベント&講演】
『シリア人の声をつなぐ』シンポジウムに参加して

JVC 英語ボランティアチーム 水谷 直子
2018年4月26日 更新

JVCも参加している「シリア和平ネットワーク」では、3月24日に「『シリア人の声をつなぐ』―危機発生から七年、私達に求められる役割―」というイベントを主催しました。当日の会場の様子や感想を、JVCのボランティアがまとめたのでご紹介します。

会場の様子会場の様子

続きを読む

【イベント&講演】
「国際有機農業映画祭2017」に参加しました!

2017年度広報・ファンドレイジングインターン 小貫真由
2018年2月20日 更新

12月3日(日)、国際有機農業映画祭に参加してきました!

私は5月に開催した「世界と私たちの種のはなし」に参加して以来、遺伝子組換えや有機野菜など農業に関心を持つようになりました。私自身、元々食べることが好きで、家では料理もよくします。食に関心はあっても、食べ物をつくる農業については知らないことがたくさんあると感じていました。一消費者として、どのように「食」と関わっていこうかな、と思っていた中今回の映画祭のことを知り、参加しました。初めて参加したのですが、考えさせられることがたくさんありました。

国際有機農業映画祭は、2007年から毎年一回開催されている映画祭です。有機農業や食の安全といった問題のみにとどらまず、自然と人との関係のあり方やそれを支える価値観、社会の作り方といったところまで視野を広げ、"思想としての有機農業"を考える構成を目指しているそうです。
今年のテーマは『いのちを引きつぐ』。テーマに合わせて6つの映画が上映されました。また映画以外にも、「野良語り 種って、おもしろい!」という座談会や販売ブースなど、有機農業に関して楽しく学べる取り組みもありました。

最も印象に残った映画は「未来の収穫」です。この映画は、農薬を使わずに世界人口を養えるのか?という問いの答えを得るため、南米やアフリカなど世界各国の農家や学者たちにインタビューをしているドキュメンタリーです。その中で日本の農家の方も登場していました。彼が登場したことで、どんな手法で食料を生産、確保していくのかという農業食料システムの問題は日本以外の国だけの問題ではないこと、日本を含めた世界の問題であることに気付かされました。

上映された作品のひとつ「我々の土地は今」では、南アフリカ事業担当/地域開発グループマネージャーの渡辺さんが解説者として登壇しました。

来場した皆さんも渡辺さんの話を集中して聞いてくださっていました来場した皆さんも渡辺さんの話を集中して聞いてくださっていました

渡辺さんは、「『我々の土地は今」は2015年の作品で、映画は希望の見える終わり方をしていたが、その後、彼らの状況は悪化している。日本の有名企業も土地収奪の問題に関わっている。」と話していました。土地収奪に日本企業が関わっていることを知り、他人事には思えませんでした。遠いアフリカの問題ではなく、自分たちも関わっていること、私自身の選択も影響を与えるんだということを意識して暮らしていきたいと思いました。

映画祭では、「有機のブース」という販売ブースも出店されていました。映画の間の休憩時間には、ブースコーナーはたくさんの人でにぎわっていました。ブースでは、有機野菜や加工品、農業にかんする本など、スーパーやお店で普段見ることのない商品がたくさん販売されていました。
その中で私が購入したのがこちら!浦部農園さんの有機古代米です!

手前は右から古代赤米、緑米。奥は右から雑穀ブレンド、彩穀、古代黒米。手前は右から古代赤米、緑米。奥は右から雑穀ブレンド、彩穀、古代黒米。

私の家族は、お米をよく食べる家です。古代米はミネラルが豊富だそうで、しかも浦部農園さんの古代米は特に農薬・化学肥料一切不使用で安心とのこと、食べ方も普通のお米に大さじ一杯入れて炊くだけ、という気軽さにひかれて、つい5パックも購入してしまいました。近々、初めての古代米にチャレンジしてみたいと思います。

私は今まで農業に関わったことはありません。しかし自分自身の健康について考えた時に、食の安全に直結する農業のあり方についても考えなければならないと感じました。また、食料が生産されていく背景には土地収奪のような問題がある、ということも忘れてはならないし、どのように生産された食べ物を選ぶのか、これから意識していこうと思います。

農業にはあまり普段なじみがなくても、映画や人を通して、楽しみながら農業について様々なことを知り、「食」について見直すことができました。。私たちの「食」に密接に関係する農業。皆さんもぜひ、来年の国際有機農業映画祭に足を運んでみてください!

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net