アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website


さいたま展会場.jpeg

こんにちは。안녕(アンニョン)。你好(ニーハオ)。
2021年度KOREAこどもキャンペーン(※)インターンの堀内です。
ずいぶんと遅くなりましたが、昨年12 月25日に行ってきました「南北コリアと日本のともだち展」について紹介したいと思います。

 南北コリアと日本のともだち展

「ともだち展」は、東北アジア地域の平和から、21世紀を平和な世紀にしたいと願い、2001年に始められた絵画交流イベントです。2001年にスタートしてから、大韓民国、朝鮮民主主義人民共和国、中華人民共和国そして日本の子供たちが、同じテーマを元に自分たちの思いを描いた絵とメッセージを通して「ともだち」に「出会える」交流の場となってきました。新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、オンライン開催になった回などもありましたが、直接会えなくなってしまったからこそ、今を、そしてこれからを大切に負けずに活動を続けています。

さいたま展

さいたま展は、2003年の「ともだち展(東京展)」に参加した子どもたちの母たちによって始められました。2003年にスタートしてから毎年1回開催され、第19回目となる昨年12月24日から27日までの四日間に渡って開かれたさいたま展は、およそ20年という短くも長い時を感じさせる回となりました。今回は、昨年6月に開催された東京展に参加してくれた子どもたちの作品「私がつくる未来」を中心に、一昨年共同制作したみんなの願いを描いたルンタ(チベット圏でよくみられる5色の旗に描かれる旅の安全や平和などの願いが込められた「風の馬」という意味を持つ馬、または馬が印刷された紙自体のこと)で構成された「空にとどけるみんなのねがい」も展示されました。

「空にとどけるみんなのねがい」

新型コロナウイルス感染症が世界中で流行したこともあって、みんなで集まったり、飛行機に乗って会いに行ったりすることがとても難しくなりました。そんななか、早く友だちに会いたい!みんなでおいしいものを食べたい!たいへんな友だちのことを勇気づけたい!そんな「ねがい」を、「風の馬」を意味するルンタ(旗)に描いてつなげ、願いがかなうように空に向かって届けようとする共同制作が「空にとどけるみんなのねがい」です。

  空に届けるみんなのねがい.JPG 会場に広がる旗.JPG

表には「ねがい」、裏には名前のほか、年齢の代わりに干支が描かれた旗。干支は東アジア共通の文化だ。でも、日本の"いのしし"は、朝鮮半島に渡れば"ぶた"になってしまう・・・

「私がつくる未来」

新型コロナウイルス感染症が広がった今、子どもたちはどんな未来を思い描くのでしょうか。海外訪問が難しいなか、各国からインターンをとおして、楽しい作品や心温まるメッセージが集まりました。

コロナ禍社会も3年目に入りましたが、まだまだ流行が心配され、国をまたぐこと以前に国内の行動ですら制限されている今、ともだち展を通して、直接会えない子どもたちがつながり、心を通わせ、子どもたちが描いた「未来」の交流ができたのではないかと感じます。
今回のさいたま展は、6月に開催された東京展に続き、私にとって2回目のともだち展訪問となりました。東京展で並べられた子どもたちの作品が中心に展示されているにもかかわらず、東京展とはまた違った会場の雰囲気が感じられ、子どもたちの絵が目に写りました。

私の印象に残った絵を載せたいと思います。

(1)ピョンヤンのスヨンちゃん


印象に残った絵_スヨンちゃん.jpg

「花咲くわたしのまち。わたしが住んでいる家があるまちです。一枚の絵のような自分のまちをじまんにおもっています。必ず来てみてください。ほんとうにステキなんですよ。ぜひ会いましょう。」


(2)ソウルのジェインちゃん


印象に残った絵_ジェインちゃん.jpg

「他の国のともだちに今は会えないけどコロナが早くなくなって、また会いたいです。中国、ピョンヤン、アメリカ、日本のともだちがみんな集まって一緒に手をつないでいる絵を描きました。ともだちのみんながんばって!」

(3)ソウルのジュンジュちゃん


印象に残った絵_ジンジュちゃん3.jpg 「北のともだちと汽車で旅行をしたいです。」






花咲く自分の街を「ほんとうにステキなんですよ。ぜひ会いましょう。」と誘うピョンヤンのスヨンちゃん。他の国のともだちと会えなくなったけれど、また会いたいという願いを絵に込めたソウルのジェインちゃん。北のともだちと汽車に乗って旅行をしたいという、同じくソウルのジンジュちゃん。

コロナウイルスによって、直接手を繋ぐことが難しくなった今、ともだち展に参加してくれた子どもたちの絵には、会えなくなったともだちを純粋に想う気持ちや子どもたちが楽しむ姿がたくさん込められていました。
大人になるにつれ、たくさんの経験を通し、複雑な思いを抱え、偏見や差別、世の中の不条理を知り、一歩踏み出す足が重くなってしまうこともあります。純粋に楽しみを見つけ、ともだちを想う子どもたちの絵を通して、「ただ楽しい」と思える時間が減ってしまっていたこと、何か理由をつけて行動していなかったこと、無意識に枠に閉じ込められていたに気付かされ、何者にも囚われずただ楽しい時間をともだちと過ごしていた幼い頃を思い出しました。
ともだちと過ごす「楽しい」と思える瞬間に、国籍は関係なく、同じ気持ちを持っていればそれでいいのだと感じさせられました。

ともだち展は、埼玉や東京、大阪でも開催されるイベントです。会場ごとに雰囲気も異なり、たくさんのともだちの絵に触れることができます。ぜひ、一度会場に足を運んでみてください!

「KOREAこどもキャンペーン」とは・・・

KOREAこどもキャンペーンは、1995年に朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)で起きた自然災害の緊急支援のために結成されたネットワークです。2001年より子どもの絵画交流「南北コリアと日本のともだち展(ともだち展)」を他団体とともに開始しました。さらに2012年からは日本の大学生と平壌外国語大学日本語学科の大学生による「日朝大学生交流」も実施しています。
現在、アーユス仏教国際協力ネットワークと日本国際ボランティアセンターの2団体で構成され、2022年度より日本国際ボランティアセンター(コリア事業)が事務局を担っています。

続きを読む

団体案内
JVCの取り組み
5ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-22-1 東鈴ビル4F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net