アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
未来を決める力をすべての人に! JVC futurePJ2021

2020年度インターンインタビュー⑥KOREAこどもキャンペーン【佐藤たら】

2020年度広報インターン 金岡 一和
2021年3月29日 更新

こんにちは!広報インターンの金岡です。
暖かくなり、桜が咲き始めてきました。2020年度インターンインタビューも、いよいよ最終回です!

今回は、KOREAこどもキャンペーンインターン 佐藤たらさんのインタビュー記事です。
趣味は五感を使うこと!? 多様性への考え方を深堀りした濃いインタビューとなりました!

インタビュー記事は下記のリンクからご覧いただけます!

このブログ記事を開いていただきありがとうございます。KOREAこどもキャンペーンインターンの玉村です。
新型コロナウイルスの感染拡大の中、皆さまいかがお過ごしでしょうか。 本記事では、2020年の秋に感染対策を講じて行った大久保地域フィールドワークについて報告致します。

今までなら通り過ぎてしまうような繁華街にどんな歴史の爪痕が残されているのかを講師の方に解説して頂き、共に考えながら、立ち止まり、寄り道してきました。 本記事がいつもの散歩道や通勤・通学路の教えてくれる知らない世界に飛び込むきっかけになればと思います。

東北アジア大学生平和交流プログラムとは

東北アジアの平和を構築するために、交流だけではなく、年間を通して勉強会・フィールドワークも実施するものですが、2020年度は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて交流はかないませんでした。しかし、その中で、学生たちは、日本と朝鮮半島に関する歴史や在日コリアンが置かれている状況を知り、日朝関係・日韓関係の問題点について学んでいます。

繁華街の光と影

人通りの少ない朝の新宿から私たちのフィールドワークは始まりました。2020年度の関東のメンバーにとっては初めての対面の場であり、また、長くオンライン授業で自宅に閉じこもっていた大学生にとっては、久しぶりの外出でもあったので、講師の石坂先生をのぞき込むかのようにマスクをした顔が取り囲み、一生懸命話を聞く姿が印象的でした。

続きを読む

こんにちは!2020年度広報インターンの庄司です。
今回は、広報/FRグループを担当している木村茂さんにお話をお伺いしました。学生時代の訪問以来、合計10数年の長きにわたってタイで過ごしたという木村さんは、JVCのタイ現地駐在員でもありました!(ちなみに、卒業式の日もタイにいたそうです!笑) その後一度独立し、再びJVCに戻ってきた木村さんがいま思う、「国際協力」とは何か...!
ぜひ最後までご覧ください!

続きを読む

こんにちは。KOREAこどもキャンペーンインターンの佐藤です。 今回は9月2日に行われた、第3回勉強会について報告いたします。

「東北アジア大学生平和交流プログラム」とは

2001年より、絵とメッセージの交換で東北アジアの子どもたちを繋いできた「南北コリアと日本のともだち展」。 その発展版として2012年から行なっている「日朝大学生交流」では、平壌で日本語を学ぶ朝鮮の学生と日本の学生が交流してきました。日朝の学生たちが行動をともにしながら、まずはお互いを知り、また、ワークショップでは、同じテーマで意見交換し、お互いの考えを活発に語り合うようになりました。

この大学生交流は、2018年度より「東北アジア大学生平和交流プログラム」として再スタートを切りました。このプログラムは、「日朝」を主軸とした大学生交流に日韓も含め、大学生が重層的に交流しながら、平和な東北アジアを担う若者リーダーを育成する交流・勉強会を年間で実施しています。

例年は、プログラムに参加している学生が「日朝大学生交流」を自主的に企画し、毎年8月に朝鮮への訪問団に参加していました。 今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で平壌訪問を断念し、勉強会もオンラインでの実施となりました。しかし、オンラインのメリットもあり、関西と関東の学生が一緒に参加できるようになりました。

続きを読む

みなさんこんにちは!国際協力NGO「日本国際ボランティアセンター(JVC)」2020年度広報インターンの金岡です。

過去のスタッフインタビューは東京事務所スタッフ日記の過去記事からご覧いただけますので、こちらもぜひご覧ください!

2020年度インターンによるインタビュー記事の第5回目は、海外事業を担当しているガムラ・リファイさんです!

ガムラさんはシリア出身で、2011年に日本に来ました。シリアから見た日本。また、紛争地となった故郷への思いなどを語ります。
ぜひ、最後までご覧ください!

まずはじめに...自己紹介をお願いします!

ガムラ・リファイです。現在子どもが一人います。

シリアのホムス出身で、2011年から2021年まで日本に住んでいて、今はパナマに住んでいます。

2018年にJVCのスタッフとして入り、イラク事業を担当し2019年8月に育休を取りました。2020年8月に仕事復帰して、アフガン事業担当していました。2021年1月に退社して、業務委託の形としてアフガン事業に関わっています。

インタビューが始まりました!.pngインタビューが始まりました!

趣味はなんですか!?

料理が好きです、食べるのも作るのも人に食べてもらうのも好きですね。他には、水泳も好きです。リラックスするためにたまに絵を描くこともあります。

得意料理は特に無いのですが、なんでも作るのが好きなので、新しい料理を作るときが楽しいと感じます。よく周りの人がおいしいって言ってくれます(笑)

私の家庭では人に料理をふるまうことは愛情表現の一種だったので、それを受け継いでいるのかもしれません。

シリアのホムスの時どんな子どもだったのですか?

暴れていて、母に叱られていた記憶しか残っていないです(笑)

家から遊びに行って帰らないとか、迷子になってしまうとか。後のことより、今の瞬間を楽しむタイプでしたね。

将来の夢は、世界に出たいと思っていました。母がインド人で両親はブルガリアで勉強していたので、子どもの時から色んな文化に触れていました。そのためいつか世界に出てみたい!という気持ちがありました。

歴史や神様などが好きだったので、エジプトやギリシャとかメキシコに行きたかった記憶があります。どこも面白い文化や歴史があるところですよね。 残念ながら今言った全ての国に行けていないのですが、「これから絶対行く!!」と思っています。

2011年日本に来たそうですが、なぜ日本に決めたのですか?

日本を選んだのはたくさんの理由があります。

まず、私の周りの友人がみんなヨーロッパに行っていたので、周りと同じなのは面白くないなと思いました。

私の専攻で学んでいたことは技術系で、材料のことやエンジニア関係でした。当時技術がアジアの中で一番進んでいたのが日本だと感じ、日本に行ってみたいとずっと思っていたので、日本に行くことを決心しました。

また、日本の戦争後の復興がすごかったことも印象としてあります。シリアは資源がたくさんありますが、一方で日本は海や山ばかりでエネルギー資源が無い中で発展しました。シリアは資源があるのに発展していない。その違いが私は気になって、日本人が何をしていて何を考えているのかが気になり、それを学んでシリアに持ち帰ろうと思ったことも来日を決めた理由です。

大学院ではエンジニアを専攻していたのですね!...具体的にどういうことを勉強されていたのですか?

自然科学研究科という所で材料生産システムの研究をしていました。機能材料工学といって、材料に機能をつける考え方です。私は人間の髪の毛からたんぱく質を抽出して、医療に活かそうとする研究をしていました。アップサイクリングともいって、捨ててしまうものを再利用するというイメージでもいいかもしれません。

私は文系なのでさっぱり分かりません...(笑)ガムラさんは、大学院生時代に国際協力に興味はありましたか?

国際協力という言葉や何を行っているのかは知っていましたが、私が関わることではないと思っていました。私は理系だし、エンジニアだし、関われることがそこまでないかなって思っていたんです。

そこからどうJVCに入ることになったのですか!?

大学院生時代の時シリア紛争が起き、祖国のことを考え続けた結果気持ちが沈み、鬱の状態が続きました。

最初、自分の国を見捨てようとしたのですけど、できなかった。忘れられないほど思い出深い国だったので、私になにかできることは無いかと思い始めました。

2016年にJVCの前イラク事業担当の池田さんが大学にいらして、アラビア語の翻訳ができる人を探していたんです。そこで私が担当することになりました。その時、同じイラク事業のパートナー代表のアリさんという方がいました。アリさんは私と同じくエンジニア専攻だったのですが、彼が自分の国のために活動していたのをみて、私も自分の国のために何かしたいと思いました。

そして池田さんにそういった旨のお話をしたら、ちょうど池田さんが退職するときで、代わりにJVCに入ることになりました。

縁がありますね(笑)

正直JVCで働くか迷った期間はありました。しかし、翻訳を担当したワークショップの経験を経て、人の役に立てた実感がわき、心も楽になりました。

また、その時に今の旦那で彼が、「人の役に立っていると実感しているのならやってみれば!」と背中を押してくれて、JVCで働くことを決意しました。

話は変わりますが、私はシリア紛争のことを調べ、紛争は当事国内だけの問題ではないことに気づきました...。

シリアに帰りたくても、現在アサード政権が有る限りには帰りたくない、アサード政権を絶対に認めないから、帰りたくない、または帰れない人が大勢います。

そして、1つ言わせていただきたいのが、私たちは「普通の人間」として見られなくなってしまうということです。

それは、自国が紛争地になると、周りの人は私を「紛争国の人間」として接してきます。出身を聞かれシリア出身というと、「紛争が大変ですね」と、紛争地のとして扱われることになることが多いんです。

確かに私たちの世代は特にシリアは紛争地の印象が強いですね...

みなさんが私に共感や心配をしてくれているのはありがたいし理解はできるのですが、個人として私はそういわれると落ち込んでしまうんです。この人はかわいそう、苦しんでいるんだろうと思われることは、想像以上にしんどいです。

(金岡)前向きなことも話していくことが大切ですね!

イラク事業を担当されていたということですが、2019年にクラウドファンディングを行ったと聞きました!無事成功されましたが、今振り返ってみてどんな感想をお持ちですか?

個人的には複雑な時期でした。クラウドファンディングが始まる前に早産して、子どもが病院に3か月入院していた時期と重なったんです。私の子は何とか生きてくれました。

しかし、イラクやシリアだと、早産した子供たちは多分死んでしまうなと思いましたし、育っても紛争に巻き込まれ亡くなることや、病院の設備が無くて亡くなる子もいると思うと心が痛くなりました。

クラウドファンディングを続けていくなかで、日本の方がイラクの子どもたちのために寄付をしてくださったことが心に響きましたね。世界に目を向けている人がこんなにもいてくれることが何よりも嬉しかったんです。

クラウドファンディングの状況はずっと気になっていて、どこにいても確認していましたし、ずっと考えていました。なので、無事成功して大変やりがいを感じました。

時々、紛争地が起きる原因をその土地に住む人々のせいにする人がいます。紛争が起きるまでには多くの要因があると思いますが、要因が多すぎて解決不可能だからといって仕方ないと済ませてしまうことはできません。

紛争地の人も同じ人間です。彼らも夢があり、子として母として生きているということを忘れないでほしいです。自分も母となり、その気持ちが一層強まりました。

シリアはこれから復興していかなくてはいけないですが、復興についてどう思いますか?町には男性が少ないとお聞きしましたが...

私はシリア人として町に男性が少ないという現状は気になりません。なぜなら、シリア人の女性は強く、教育もされているので心配にならないからです。

しかし、国の中の分断が一番心配です。国が分断されていては復興は進まないので、そこをどうにかしないといけないと思っています。

分断は今、国際政治の大きなテーマだと思っています。シリアのなかにも多くの勢力が存在し、分断が起きていますね。そこで分断を解消していくためにはどうすればよいのかお聞きしたいです。

解消することは無いと思います。

なぜかというと、人が多く死んでしまったから。どこの勢力も亡くなった人が多く、その関係者は当然身内を殺した相手を許せないでしょう。

でも、解決のためには許すしかないのも事実です。私は関係者を亡くしていないので言えることは少ないのですが、当事者の方の前で、「あなたの子どもや父が死んだことを忘れてください」とは決して言えないです。

被害者の人の正義もあれば、加害者側の正義もあり、両者とも冷静に話し合いができる日はまだ遠いと思います。

ガムラさんが来日して思った、日本の良くないな...という点はありますか?

空気を読んだ結果、行動しづらいところですね。思っていることを素直に言えない雰囲気を感じます。みんなが建前の状態で考えたり行動しているため、箱を開けたら誰も何が起きているかがわかってないことがあります。

ガムラさんにとって国際協力とはなんですか?

国際協力というと、難しいことだと思うかもしれませんが、「誰しも毎日やっていること」だと思います。皆さんが食べたり飲んだりしているものも他の国のものなので、ぜひ世界に興味をもってほしいです。

周りにいる外国人や難民を手伝えることはたくさんあるので、できることをやればいいと思います。

あとは、選挙に参加することも立派な国際協力だと思います。若者が望む世界感を掲げている政治家を選べば、それも一種の国際協力になるのではないでしょうか。

(金岡)できるアクションが身の回りにあり、それを繋げていけば、より密な国際協力ができるということですね!

無人島に何か一つ持っていくとしたら何を持っていきますか?

ノートを持って日記を書きます、文字を忘れないようにするためと、私の身の回りのことを忘れないように。

勉強しないと物事をきちんと考えられなくなると思っているので、せめて文章を書くことはしたいです。

楽しいインタビューでした!楽しいインタビューでした!

おわりに...

私は、途中にあった「普通の人」として見られないというガムラさんの一言が印象的でした。もちろん、紛争地の方や紛争地が祖国の方のことを思いやることは必要ですが、それはどこか暗い話を毎回本人に投げかけることでもあります。

分断を解消することは率直に難しいという意見も、リアリティのある言葉として私は受け止めました。殺しあった人同士がどのように和解を勧め、復興に協力していくか。許さなければいけないけれど、許すことはできない現実を皆様はどう考えるでしょうか‥?

今回のインタビューで、2020年度インターンによるスタッフインタビューは最後になります。

1年間という短い期間でしたが、みなさまにJVCへの親近感を持っていただきたく始めたインタビュー。これを機に、もっとJVCのことを好きになっていただけたら、これ以上嬉しいことはありません。

読んでくださったみなさま、ありがとうございました。これからも、JVCの活動をチェックしていってくださいね!

それでは、さようなら!!

2020年度インターンインタビュー⑤KOREAこどもキャンペーン【玉村優奈】

2020年度広報インターン 金岡 一和
2021年3月 1日 更新

こんにちは!広報インターンの金岡です。
寒さがまだ続きますね...。。寒さにも負けず、インターンインタビューを行いました!

5回目のブログは、KOREAこどもキャンペーン玉村優奈さんへのインタビュー記事です。
かき氷をこよなく愛する玉村さん。かき氷の愛や、「考える」ということについて深堀をしてお話を伺いました!

インタビュー記事は下記のリンクからご覧いただけます!

特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-22-1 東鈴ビル4F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net