アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

【書籍のご紹介】ガザの八百屋は今日もからっぽ

2020年度パレスチナインターン 松田 美夜日
2020年12月24日 更新

みなさまこんにちは。パレスチナ事業インターンの松田です。10月30日に無事終了したクラウドファンディングでは、温かいご支援と応援のほど、誠にありがとうございました。

大変ありがたいことに、クラウドファンディングの期間中に実施したイベントでは、ご参加頂いた方々の中から、「ガザの情報はどのようにして知ることができるのか」というご質問を頂きました。そこで今回は、私がJVCスタッフから勧めて頂いた、ある書籍のご紹介をさせて頂きたいと思います。

それがこちら、元JVC職員でパレスチナ駐在員であった小林和香子さんの著書『ガザの八百屋は今日もからっぽ』です。

小林和香子「ガザの八百屋は今日もからっぽ」封鎖と戦火の日々 2009年、JVCブックレット002

印象的なタイトルと表紙の女の子の視線から目をはなせず、私は約1時間半で読み終えることができました。サブタイトルは「封鎖と戦火の日々」。一体どんな内容なのでしょうか。

本書は全部で4章の構成となっています。

はじめに
第1章 ガザ軍事侵攻とその破壊の影響
第2章 ガザが歩んだ道
第3章 子どもたちにのしかかる現実
第4章 平和を求めて
あとがき

著者の小林さんは2008年の末、イスラエルによるガザへの大規模な空爆が始まったとき日本に一時帰国していました。ガザの友人から涙声の電話を受けとると、他のNGOと連携して攻撃の即時中止を訴えつつ、支援物資を届けるために奔走した当時の状況が語られます。

国際社会の無為を訴える人々や、戦火で自分に降りかかったことを淡々と教える女の子。「平和はビジネスになってしまった」と語りつつ、栄養改善マネージャーとして子どもたちの健康を守るために信念を貫く女性など、封鎖と戦火の中での生活を送る数多くの人々の姿が紹介されています。他では知ることのできない当時の人々の声です。

また、第2章ではパレスチナ問題の背景やガザの歴史などが丁寧に説明されているので、ガザのことをはじめて知る方、学生の方にもおすすめです。

2000年代という遠くない過去、ガザの人々は想像もできないほど過酷な現実を強いられていました。それは現在も続いています。 同じ時間を生きている一人の人間として、封鎖と戦火が人々に何をもたらしたのかを知る責任があると実感しました。当時の人々の生の声を知ることのできる、価値のある本だと思います。お時間があるときに、ぜひ手に取ってみてください。

◆書籍購入をご希望の方へ◆

こちらの本はJVCでも販売しております!ご興味のある方は下記アドレスへお問合せください。
info@ngo-jvc.net

この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net