アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

分析インターン最後のお仕事
「迷い人」と「あなたとJVC」を比較した

2019年度HP分析インターン 長谷 崇弘
2020年3月27日 更新

こんにちは。2019年度ホームページ分析インターンの長谷です。3月も終わりが近づき、新たなステップを踏むための準備をしている方が多いのではないかと思います。自分はというと、インターン期間がそろそろ終わるなぁと思いを噛みしめながら、この文章を書いています。去年の今頃に面接を受けたことを昨日のことのように思い出せますが、あれから約1年経っていると思うと時の流れの速さを感じますね。自分と同じように感じた誰かが"光陰矢の如し"と表現したのかな...。


ホームページ分析業務の一環で、今年2つの国際協力診断を作りました。「迷い人」のあなたに贈る国際協力診断(現在非公開中、後日再公開予定)とあなたとJVCの関わり方は?~続・国際協力診断~です。自分が何か新しいことを始める際に、とても不安を感じたり躊躇したりするので、自分と同じような人を後押しするためのコンテンツを作りたいと思い、「迷い人」を作りました。その後に作った「あなたとJVC」は、「迷い人」で遊んでくれた人は、国際協力への関心が高いことが分かり、より具体的に国際協力との関わり方が分かる一助になればと思い、作ったコンテンツです。
今回はこの2つのページビュー数や施策の比較などを行い、一度目の反省をどのように生かしたかを書き残していきたいと思っています。


来年度にはインターンでの採用枠がないホームページ分析業務。しかし、それは分析業務が必要なくなったことを意味するわけでは決してないと思っています。いつかまたこの枠でのインターン採用があるかもしれません。その時に、同じ枠で採用された人が何をしていたか確認できるものがあれば、ホームページ分析を効果的に運用するヒントになるはずです。日の目を浴びなくても、派手じゃなくても、ホームページの内容が充実することで、確実にJVCの活動内容を知る機会は増えます。いつか"この記録があってよかった"と誰かに思われれば、これ以上の喜びはありません。

続きを読む

図2.jpg


こんにちは。2019年度ホームページ分析インターンの長谷です。
過去のブログを見返す「JVCアーカイブス」。最終回は番外編!今回お届けするのは東京事務所スタッフブログ人気記事5選、スタッフおすすめ編です。

最終回の概要について簡単にご説明。東京事務所スタッフブログで今でもアクセス数が多いブログ記事を5つ選びました。定期的に読まれる記事ばかりなので、どこかに色あせない要素が含まれているのだと思います。そしてもう一つはスタッフおすすめ編。こちらはアフガニスタン事業担当の加藤真希と、カンボジア現地代表の大村真理子に、印象に残っているブログ記事を選んでもらいました。選んだ記事にお互いのキャラクターや想いが見え隠れしているので、ぜひチェックしてください。



まだ1~3回を見ていない方は、下のリンクからご覧ください。

→第1回(カンボジア・ラオス・タイ編)はこちらから!
→第2回(スーダン・南スーダン・イラク編)はこちらから!
→第3回(南アフリカ・パレスチナ・アフガニスタン編)はこちらから!

続きを読む

図2.jpg


こんにちは。2019年度ホームページ分析インターンの長谷です。
過去のブログを見返す「JVCアーカイブス」。第3回の今回は南アフリカ・パレスチナ・アフガニスタン編です。

JVCが各国で行っている事業を簡単にご紹介。南アフリカではHIVの感染防止活動や、調査研究・政策提言などを行っています。アフガニスタンでは現地事務所が法人化した「YVO」とともに平和構築活動や識字教育を、宗教や政治が絡みつく複雑な状況が続いているパレスチナでは地域保健の向上や子どもの栄養支援を行っています。


過去の記事について事業担当者はどのように思っているのか?あなたの心に残っていた記事はランクインしているのか?その辺りにも期待しながら読んでください。

→第1回(カンボジア・ラオス・タイ編)はこちらから!
→第2回(スーダン・南スーダン・イラク編)はこちらから!

続きを読む

図2.jpg


こんにちは。2019年度ホームページ分析インターンの長谷です。
過去のブログを見返す「JVCアーカイブス」、今回は第2回です。
(第1回をご覧になっていない方はこちらをどうぞ!)

今回はスーダン・南スーダン・イラク編です。
今回取り上げる3国はとても情勢の動きが激しく、自分も何が起きているかは正確に分かっていない部分があります。だからこそ、現地駐在員からのメッセージが込められているブログ記事や、東京事務所にいる事業担当者からのコメントが、3国を読み解く鍵になるのではないかと思います。


過去の記事について事業担当者はどのように思っているのか?あなたの心に残っていた記事はランクインしているのか?その辺りにも期待しながら読んでください。

続きを読む

スタッフの本棚:「パレスチナを生きる」書評(著:渡辺丘氏)

広報/ファンドレイジンググループマネージャー 並木 麻衣
2020年3月 4日 更新

パレスチナ問題はとにかく「難しい」といわれる。国際政治の複雑な絡み合い、重層的な対立構造、そして宗教や歴史が入り混じった様相を見ての感想だろう。

一方で、パレスチナに15年余り関わり続けてきた一人の人間としては、この問題が「実はシンプルだ」ということを申し上げたいと常々思っている。要は「目線をどこに置くか」なのだ。そこには人が暮らしていて、あちらもこちらも、色々な思いを抱えて暮らしている。まずは、そこに寄り添いたい。そうすれば段々と、机上の論争とは全く違う次元で、問題の形が具体的に見えてくるのではないだろうか。

朝日新聞記者の渡辺丘(わたなべ・たかし)さんが記した本書は、2015年〜2019年のパレスチナを歩き回り、人々の物語をつないだ作品だ。そのほとんどは複雑な政治・社会システムに翻弄されて暮らしてきた一般市民たちで、ときに静かに、ときに熱い思いを交えて渡辺さんに語りかけている。個々のストーリーを補うように、統計やデータ、歴史的経緯が配されているのは「新聞記者ならでは」の細やかさだ。パレスチナ、とりわけガザや東エルサレムなどは公的な統計があまりなく、データを拾うには国連やNPO/NGOなどが発行しているものをつぶさに調べなければならない。特にエルサレムの状況について、日に日に悪化していく人々の苦境と最新データが並ぶ著作は貴重であるように思う。執筆に感謝したい。

続きを読む

今年も加藤登紀子さんから『ほろ酔いコンサート』のご寄付をいただきました

広報/ファンドレイジンググループマネージャー 並木 麻衣
2020年3月 3日 更新
加藤登紀子さんとJVCの今井高樹代表理事(後ろは広報担当・並木)加藤登紀子さんとJVCの今井高樹代表理事(後ろは広報担当・並木)

こんにちは、広報担当の並木です。先日1/21、加藤登紀子さんの事務所にて、ご寄付の贈呈式がありました。年末に行われた『ほろ酔いコンサート』で集まった会場募金を、今年もペシャワール会さんとJVCにご寄付くださいました。その様子が毎日新聞 にも掲載されています。

登紀子さんは、コンサートでの会場募金を2001年から続けていらっしゃいます。先日亡くなられたペシャワール会の中村哲さんをはじめ、市民団体による国際協力活動を日本から応援し育むことを目的とした、息の長いこの募金活動。コンサートでは、曲の合間のトークでも登紀子さん自ら活動のことをご紹介してくださり、来場者の皆様がじっと耳を傾けていらっしゃる様子がとても印象的でした。

続きを読む

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net