アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

こんなお店が近所に欲しい...安心の詰まったお店「クレヨンハウス大阪」さんを訪ねました

広報/ファンドレイジンググループマネージャー 並木 麻衣
2019年12月16日 更新

こんにちは! 広報担当の並木です。
先日の大阪・神戸出張で、長年JVC国際協力カレンダーを販売くださっている「クレヨンハウス大阪」さんを訪ねました。

御堂筋線「江坂」駅から徒歩5分。大通りから一本入ったところにある、落ち着いた区画にあるお店です。御堂筋線「江坂」駅から徒歩5分。大通りから一本入ったところにある、落ち着いた区画にあるお店です。

すぐ横には大きめの公園があり、ベビーカーを押したお母さんたちや、保育園の子どもたちが遊びに来ていました。楽しそうな声が響きます。

お散歩日和で、子どもたちが元気に走り回る姿に癒されます。素敵な立地です。お散歩日和で、子どもたちが元気に走り回る姿に癒されます。素敵な立地です。

クレヨンハウスさんは、子育てや女性、オーガニックの視点がたっぷり詰まった食品・子どもの本・おもちゃ・生活雑貨のお店。「どこの誰が、どこで、どうやって作ったのか」が分かる商品を扱うことを徹底されています。

主宰は、作家の落合惠子さん。「さようなら原発1000万人アクション」、「戦争をさせない1000人委員会」の呼びかけ人でもあり、声が小さな人々のそばに立つことを徹底されている方です。クレヨンハウスさんのウェブサイトで「企業理念」を拝見していると、その優しくも熱い想いをじっくりと感じることができます。「7代先の子どもの未来を考えて判断する企業」という言葉に、国際協力NGOの一スタッフである私も背筋が伸びる思いがしました。

お店の前にはプラスチックを減らす宣言が。自然との共存を目指すJVCのスタッフとして共感しつつ、「私たちも頑張らなければ!」と改めて思いました。お店の前にはプラスチックを減らす宣言が。自然との共存を目指すJVCのスタッフとして共感しつつ、「私たちも頑張らなければ!」と改めて思いました。

お店に足を踏み入れると、まず目に入るのは有機農業の果物や野菜。そして、右手には環境に配慮した洗剤が壁一面に並んでいます。

きっと大切に育てられてきた、有機の果物たち。きっと大切に育てられてきた、有機の果物たち。
ナチュラルクリーニングのグッズたち。こんなにあるなんて、知りませんでした...!ナチュラルクリーニングのグッズたち。こんなにあるなんて、知りませんでした...!

1Fには食品が並びます。驚くのは、その品揃え。フロアが広大なわけではないのですが、フェアトレードやオーガニックにこだわった、無添加で安心安全なお菓子・調味料・食品の数々が棚いっぱいに並び、痒い所に手が届くようなラインナップでした。(うちの子たちも喜んで食べそう...!)

ドリンクやお肉が並んだ冷蔵コーナーもあり、オーガニックといえばほとんどお菓子や乾物しか見たことがなかった私はびっくり。商品を見ていると、大手企業というよりは、小さな企業さんで作られた想いの詰まった食品が並んでいる雰囲気です。とても美味しそうなので、風邪が流行りはじめた東京事務所へのお土産に...と喉に良さそうな飴をいくつか購入してしまいました。

写真には撮れませんでしたが、店内で作ったお惣菜のコーナーもあり、あたたかな風合いのテーブルで食べることもできます。この日も、抱っこ紐に赤ちゃんをくるんだママたちがお惣菜を囲んで楽しそうにおしゃべりしていました。3児の母として、こんなお店がご近所に欲しいです...。

充実の食品コーナー。有機ってこんなにたくさんあるんだ!と、このコーナーでも驚かされます。充実の食品コーナー。有機ってこんなにたくさんあるんだ!と、このコーナーでも驚かされます。

さて、階段で上がった2Fは、子どもの本やおもちゃ、オーガニックコスメのコーナーです。

階段を上がると絵本や雑誌が目に入ります。階段を上がると絵本や雑誌が目に入ります。

2Fはまるで、おもちゃ箱みたいです! 広々とした店内に、絵本やおもちゃが大切に並べられています。ぬいぐるみ1つ、文房具1つ取ってもこだわりが感じられ、丁寧なディスプレイから自分の手に取ったあとは、子どもに大切に手渡したくなります。ぬくもりを感じる品々で、これを使って遊ぶ子どもの笑顔が想像できるような気がしました。

パノラマで撮影。子どもの本もおもちゃも、思わず欲しくなる名品ぞろいです!パノラマで撮影。子どもの本もおもちゃも、思わず欲しくなる名品ぞろいです!

これまた写真を撮り忘れてしまいましたが、奥の方にはコスメのコーナーも。子どもと肌を触れ合わせることが多いので日頃からオーガニック化粧品も気になってしまう私、再び「こんなお店がご近所に欲しい...」と呟いてしまいました。笑

JVCの国際協力カレンダーも、作家さんたちによる他の素敵なカレンダーたちとともに並べていただいておりました!

左下、JVC国際協力カレンダーの1月は家族写真のページ。クレヨンハウスさんのイメージにぴったりでした。左下、JVC国際協力カレンダーの1月は家族写真のページ。クレヨンハウスさんのイメージにぴったりでした。

「幸せ」をテーマにした2020年のカレンダー。食べるもの、使うものをじっくりと考えて日々を過ごされている皆様の目に止まれることが、担当の一人として本当に嬉しいです。毎年お店でご紹介いただき、大阪の皆様と世界の人々を繋いでくださって、本当にありがとうございます。

クレヨンハウス大阪店は、御堂筋線の「江坂」駅から徒歩5分。新幹線で降り立った新大阪駅からも電車1本、数分ですぐ行ける便利な場所です。
東京の表参道にも店舗があります。こちら何と、地下1Fから3Fまでフロアがあり、レストランも併設。手作りケーキも扱われているそう! 私もベビーカーを押して、ぜひ行ってみたいと思います。皆様もぜひ、足をお運びください。
オンラインショップでも、クレヨンハウスさんの想いや素敵な商品たちを見ることができます! こちらもどうぞご覧ください。

この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net