アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

こんなお店が近所に欲しい...安心の詰まったお店「クレヨンハウス大阪」さんを訪ねました

広報/ファンドレイジンググループマネージャー 並木 麻衣
2019年12月16日 更新

こんにちは! 広報担当の並木です。
先日の大阪・神戸出張で、長年JVC国際協力カレンダーを販売くださっている「クレヨンハウス大阪」さんを訪ねました。

御堂筋線「江坂」駅から徒歩5分。大通りから一本入ったところにある、落ち着いた区画にあるお店です。御堂筋線「江坂」駅から徒歩5分。大通りから一本入ったところにある、落ち着いた区画にあるお店です。

すぐ横には大きめの公園があり、ベビーカーを押したお母さんたちや、保育園の子どもたちが遊びに来ていました。楽しそうな声が響きます。

続きを読む

こんにちは! 広報担当の並木です。
2019年も、残すところあと1ヶ月。みなさま、カレンダーはもう準備されましたか?JVCでは毎年、世界の人々への支援につながる国際協力カレンダーを発行しています。2020年のカレンダー写真は、竹沢うるまさんの撮った南洋の島・クック諸島です。

日本では誰よりもクック諸島に詳しいのではと思われるほど、現地を歩きまわり溶け込んで暮らしている竹沢さん。今年のカレンダーをご紹介するイベントで、現地の魅力をたくさん語ってくださいました。

会場は満員御礼でした!会場は満員御礼でした!

今回のカレンダーのタイトルは「トゥム・テ・バロバロ 〜幸せの音が響く島〜」。トゥム・テ・バロバロとは、15あるクック諸島の中心の島「ラロトンガ島」の古い名前。波の音が響く場所、という意味なのだそうです。

波の音が聴こえるということは、自然の音を聴く心の余裕を持っているということ。「自然の音を聴いていると、自分の心が聴こえるんです」と、21歳から海で水中写真を撮り続けてきた竹沢さんは言います。海や自然、そしてそれらと共存する人々の写真を傍らに置いて、2020年1年間、皆さんにぜひ自分の心の音を聞いてもらいたい...という竹沢さんの願いが、カレンダーに詰まっています。

続きを読む

店ごと買い占めたい...!フェアトレード店・シサム工房さん往訪記

広報/ファンドレイジンググループマネージャー 並木 麻衣
2019年12月 3日 更新

こんにちは! 広報担当の並木です。
先日、出張の機会をいただいて大阪・神戸に行ってまいりました。

目的地の一つは、JVC国際協力カレンダーを販売してくださっている「シサム工房」さん! JVCとはずっとお付き合いいただいており、ぜひ一度伺ってみたいと思っていました。

vote for by sisam FAIR TRADE 神戸・三宮SOL店さんにお邪魔しましたvote for by sisam FAIR TRADE 神戸・三宮SOL店さんにお邪魔しました

以前からインスタグラムの発信も拝見していた私。「あのステキな写真の商品がここに...!」と、終始テンションが上がりまくりでした。

シサム工房さんのインスタグラムから。かわいい!シサム工房さんのインスタグラムから。かわいい!

続きを読む

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net