アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • 東京事務所スタッフ日記 >
  • 「分断」に対して私たちはどう行動するのかー堀潤氏による写真と映像展 「分断ヲ手当スルト云フ事」を観て

「分断」に対して私たちはどう行動するのかー堀潤氏による写真と映像展 「分断ヲ手当スルト云フ事」を観て

広報担当 仁茂田 芳枝
2019年9月28日 更新
20190928_bundan01.jpgこの写真は、今年8月に行われた平壌を訪問しての「日朝大学生交流」での一コマ。日本の学生と平壌の小学生が手を取り合っている。

こんにちは。広報担当の仁茂田(にもだ)です。

現在、ジャーナリストの堀潤さんが開催している写真と映像展「分断ヲ手当スルト云フ事」では、JVCの活動地であるパレスチナカンボジア朝鮮民主主義人民共和国(いわゆる北朝鮮)を堀さんが訪問されたときの写真や映像も展示されています。

また、個展の副題「福島、沖縄、ガザ、香港、そして平壌 戦争と平和と差別と格差と無関心を知る」にあるように福島、沖縄、香港など国内外の様々なテーマを広く知ることができます。特に映像は濃い内容のインタビューや現地ルポがじっくりと観られるようになっていて、各映像20~30分程度のものが4本ありますので、いらっしゃる方はお時間に余裕を持っていいらっしゃることをオススメします。

20190928_bundan03.jpg写真展示は撮影可能。キャプションも含めてじっくりご覧になる方が多かったです。

「人間が人間をないがしろにする」・・分断は突き詰めれば「人と人」との問題

私自身が作品を観て思ったことはそれぞれの分断が「なんて似ているんだろう」ということ、「けして他人事ではない」ということでした。それぞれの場所で起こっていることは問題になっている事象はちがってもその「構造」はとても似ています。パレスチナ留学中に現地の人々がイスラエルの占領政策に抗議するデモの様子と同じだと思った、と話していました。

イスラエルの占領でインフラも整わないなかギリギリの暮らしを強いられれているパレスチナ・ガザの人々、民主主義を求めて声をあげる香港市民、米軍基地問題で活動する沖縄の人々、カンボジアでの目覚ましい経済発展の裏側で開発により土地を奪われる人々、原発事故で暮らしを奪われてしまった福島の人々・・これらが何の問題なのか、個展で上映されているジャーナリストむのたけじさんのインタビュー映像でむのさんがおっしゃられていた「人間が人間をないがしろにする」という言葉がぴったりきました。

私たちはそれぞれに違う背景を持っていて、意見が同じになることはないでしょう。でも、そういった違い、もっというと意見・価値観のぶつかり合いが起きたときに人が人に対してどう対応するのか、その対応の仕方に問題が起こる根っこがあるのではないでしょうか。
違う意見をとなえる人たちに対して、彼らを理解しあえない、もしくは自分たちの存在や繁栄を脅かす「敵」であると認識してしまう、そして圧倒的な力の差でもって徹底的におさえつけようとしたり、暴力で強制的に排除しようとしたりすることで、分断がいま世界各地で起こっています。

分断に対して一人ひとりができること

9月23日に開かれた個展のオープンニングギャラリートークでお話をさせてもらった平壌での平和交流「日朝大学生交流」に参加した日本の大学生たちから、分断を起こさないようにするためには「対話」「友だちになる、知ること」ができるといいのでは、いった意見や、同じくトークに参加したJVC代表の今井からは分断というのは往々にして対立をあおる「プロバガンダ」から起こることも多い、といった話がでました。

20190928_bundan02.jpgギャラリートークの様子。たくさんの方がいらっしゃってくださいました。

そしてそれらの分断は決して大きな政治的問題ではなく、ささきほど触れたむのさんのお言葉の通り、「人と人」との問題です。確かに圧倒敵な力の差などはありますが、私たち社会をなす一人ひとりの選択・行動の結果が今の世界を形作っています。私たちが「人間が人間をないがしろにしていいはずがない」と声をあげて、世間がそう言うから、といった声に流されずに相手を「自分と同じ人間」であり尊重して考えるようになれば、ゆっくりかもしれませんが社会は変わっていくはずだと思っています。

皆さんは、自分自身が分断に対してどうすればいいと思ったでしょうか?

知ることの大切さ

また、注目すべきポイントがたくさんありすぎるのですがあえてちょっとご紹介したいのが、シリアで拘束されて日本に帰国後謝罪記者会見を行ったフリージャーナリストの安田純平さんの写真が今回の展示作品に選ばれていることです。「世界の現状を伝える」というジャーナリストとしての職務を果たすためといって、退避勧告が出されているエリアに入ろうとしたことに多くの非難が集まりました。

一方で今回の個展での堀さんの香港取材の映像で香港市民が訴える警察がなぜ市民を逮捕し、逮捕後どうなるのか分からないと「知る権利」が崩されてしまっていると危機感をもって訴えかけます。映像をご覧になった方の中にはこの香港からの声に胸を打たれた方、その通りだと思われた方も多いのではないでしょうか。

権力や統治組織がもし人々の権利を侵害する行為を行おうとしているならば、それを正々堂々と公開するでしょうか。きっとそれは秘密裏に行われていたり、知っていても危険すぎて声をあげられない圧倒的な独裁政権だったりするでしょう。そのときに「そこで何が起こっているのか」を直接取材に行き、人々に知らせるための活動を行う人々に対して「迷惑」だと切り捨てる今の日本社会への問題提起が安田さんの写真にはこめられているのかな、と勝手ながら思いました。

「知ること」というのはとても大切なことです。知らなければ私たちは受け身のまま、ただ翻弄される存在、もしくは誰かの、何かの思惑にのっかって「敵」をむやみに叩く存在になってしまうかもしれません。分断の問題は遠い海外や自分たちと関係のない人々に起こるものではなく、私たち自身が自覚のないまま「当事者として」分断をある意味肯定したり助長する側に立ってしまうかもしれないと考えたりもしました。

また、今回堀さんが香港で密着取材したカメラマンのキセキミチコさんが香港について「 #ただ知るだけでいい展」としてinstagrmでのオンライン写真展をスタートさせました。ぜひこちらもご覧ください。

20190928_bundan04.jpg

堀さんの個展、学びや考えさせられることがいっぱいあります。特に映像は堀さん自身もこういった長い時間の映像はなかなか出せる場所がない、とのことで今回の個展でまとめて観られるのは貴重な機会だと思います。本日が最終日、ぜひ足をお運びいただければと思います。

最終日の29日は堀さんは在廊していませんが、コリア事業担当で訪朝経験が8回になるJVCスタッフ宮西が11:00~14:00まで、また、今回取り上げているパレスチナ・カンボジア・平壌以外にもJVCの活動地ほぼすべてに渡航経験のあるJVC代表の今井が14:00~17:00まで在廊している予定です。ぜひ話かけていただけたらと思います。

来年早春には映画も!『私は分断を許さない』

また、個展は遠くて、もしくは時間が合わなくて行けない・・という方は、2019年早春に堀潤さんが監督された映画『私は分断を許さない』が公開予定です!(こちらもありがたいことにJVCをクレジットで載せてくださりました。)現在特報映像が公開されています。ぜひご覧になってみてください。また、ニュースによれば秋にはクラウドファンディングを実施予定だそうです。

ジャーナリスト堀潤が監督したドキュメンタリー「わたしは分断を許さない」公開(動画あり / コメントあり) - 映画ナタリー

ジャーナリストの堀潤が監督を務めたドキュメンタリー「わたしは分断を許さない」が、2020年早春より東京・ポレポレ東中野ほか全国で順次公開決定。特報がYouTubeで解禁された。 過去にも監督作として日米原発事故の現場を追い、不条理と大衆の"忘却"を捉えた「変身 ...

個展をご覧になった方がこの世界の様々な分断を知り、そしてそれに対して「自分たちは何ができるか」を考え、行動に移せる人が一人でも多く増えたらと思います。自分なりの「分断の手当の方法」をぜひ個展を通して見つけていただきたいですし、私たちJVCも、どんな活動をしていけばいいのか、考え続けたいと思います。

この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net