アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

7月2日は「半夏生」
タコを食べてへそくりしよう!?

収益事業担当 伊藤 圭
2019年7月11日 更新

こんにちは!カレンダー担当の伊藤圭です。
カレンダー担当になってから、暦に触れる機会が増えました。
そして、知れば知るほど暦というのは奥が深い!おもしろい!

そんなわけで、暦に関するネタをこれから少しずつ紹介していきたいと思います。

1年も半分が終わり、もう7月ですね。
7月2日は「半夏生」でした。

半夏生は雑節の一つでもあり、72候の一つでもあります。
「24節季」や「72候」は中国から入ってきた暦です。それに対して、「雑節」は日本の生活文化から生まれた、ジャパンオリジナルの暦です。

ここで問題です。
「半夏生」は何と読むでしょうか?

正解はCMのあとで・・・ってなんでやねん!
正解は、雑節では「はんげしょう」、72候では「はんげしょうず」と読みます。ややこしい。

半夏生の天文学的な定義では、天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日となっています。

72候の半夏生は半夏(はんげ)が生える時期ということです。
カラスビシャクの根っこの部分の玉茎が、漢方薬の半夏と呼ばれます。

カラスビシャクカラスビシャク

この半夏ですが、へそのように窪んでいることから、「へそくり」という地方があるそうです。
そして、この半夏を薬屋に売って小遣い稼ぎをしていたことが「へそくり」の語源になったともいわれています(諸説あり)。

そしてそして、さらにややこしいことに、「半夏生」というまったく違う種類の植物もあります。

半夏生半夏生

雑節の半夏生は、田植えをすませる目安とされてきました。
昔から日本の各地で、田植えが終わった労を労うために、「さなぶり」という行事が行われてきました。

さなぶりは、無事に田植えが終わったことを田んぼの神様に感謝して、ちょっとしたお祝いをするというものです。
そこから、今も半夏生の日には、関西ではタコ、香川ではうどん、福井県の大野市ではサバ、奈良では半夏生餅を食べる習慣があるそうですね。

津軽のさなぶりについては、こちらをどうぞ ←なぜ津軽?私の出身だから

半夏生に降る雨は「半夏雨」と言われるそうで、豪雨になることが多いそうです。 ここのところ、大雨のニュースをよく聞きます。
昔から、伝えられてきた言い伝えには、生活の知恵が詰まっているので、大事にしたいと思う今日この頃です。

この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net