アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

初めての味!カチン民族料理

タイ事業担当 宮田 敬子
2010年9月21日 更新

9月19日、J-FUNユース(リンク)とカチン族民族機構-日本、そしてJVCタイボランティアチーム約30名で料理会を開催しました。

カチン民族とはビルマ/ミャンマーの少数派民族であり、政治的な事情で日本に逃れてきた人々です。日本に逃れ、難民申請をし、仕事をしながら暮らしています。今回はカチン族のみなさんに料理を教えていただきました。

IMGP0050 

料理のメインは「シャンカ」という料理です。ひき肉を使った料理という意味だそうです。牛肉を細かく刻み、にんにく、しょうが、酢、コリアンダー、塩、山椒、唐辛子の粉をひき肉に揉み込み、そのまま鍋に放り込み、ふたを閉めます。

しばらくすると、ジューシーな肉汁が溢れ、料理室はエスニックなにおいが漂ってきます。

野菜のスープは、サトイモ、ジャガイモ、チンゲン菜など日本で手に入る食材を使ったスープでした。

 IMGP0058 IMGP0059

料理を作りながら、カチン民族の皆さんの日本での暮らしや大変だったことを聞きました。日本に19年も住んでいる方は、来日後、アルバイトを見つけて何とか暮らしてきたそうです。キリスト教信者の方も多く、同じ民族に日本の教会で出会い、助け合いながら日本の生活に慣れていきました。

「私たちは、国がきちんとした政治をしているならば、本来自分たちの国で暮らしていけるのです。日本に迷惑をかけようとは思っていませんが、みなさんも現在のミャンマーの状況に関心を持ってください。」とカチン民族の女性が参加者に伝えました。

今回、国を超えての「共生」というテーマで料理会が開催されましたが、共生=共に生きるということは、まず相手を知ることが大切です。今回は料理から、日本に住むカチン族の方々を知ること、知り合えることができました。

次回は10月17日(日)にタイ料理会を開催します。おいしいタイ料理を通して、タイに思いを馳せてみませんか。

この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net