アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

鎌倉の小学校に行ってきました。

広報担当 広瀬 哲子
2008年7月16日 更新

真夏のような月曜、豊かな緑のおかげで上野よりちょっと涼しげな鎌倉へ。
平和学習の時間に、イラク戦争を生きた子どもたちの話をすることが目的です。
4年生・5年生・6年生の約260人が集まった体育館は、なかなかの暑さ。
先生たちは恐縮されていましたが、私は全くOKです。
なにせJVC東京事務所ではまだクーラーを使っていませんから!

肝心のイラクの話、子どもたちはしっかり聞いてくれたようです。
サッカーをしたり友達と遊んだりしているイラクの子どもたちの姿を見て、
自分たちと似ていると感じてくれたかな?

イラクの子どもたちは戦争の中を生きました。困難は今も続いています。
爆弾を受けて片足が動かなくなってしまった男の子。
十分な医療を受けられずに亡くなっていった女の子。
殺されているお兄さんを目にしてしまった男の子。
みな自分と同じ小学生だからでしょうか。彼らの描いた絵を写したスクリーンを
じっと見て、彼らの残した言葉を聞いてくれました。
4・5・6年生の子どもたち


最後の質問タイム、なかなか手を挙げる子はいないかな?と思ったら大間違い。
「僕のいとこが住んでるドバイでは戦争がないのに、どうしてイラクは何度も
戦争があるんですか?」
「戦争が終わったら、それまで使っていた戦車とかはどうするんですか?」
「戦争をすると他の国も巻き込まれちゃうんですか?」
「病院に運ぶ薬に毒を入れられちゃったりしないんですか?」

答えるのが難しい質問がたくさんで冷や汗ものでしたが、何より関心を持ってく
れたのが嬉しいです。

質問の一つ。「戦争はどう終わるんですか?」
2003年3月に始められたイラク戦争は、5月にブッシュ大統領によって『戦闘終結
宣言』が出されました。しかし、その後も混乱は増すばかりで、亡くなるはずで
ない命が次々と失われています。こんな状況、とても戦争が終わったとは言えま
せん。

講演後には、クラスター爆弾(子爆弾)やその破片を間近で見てみます。
写真で見た、片足を奪われた男の子の思いを想像しながら・・・。
クラスター爆弾


夏休みの自由研究でイラクを調べてくれる子が出てくるかな。

この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net