アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

【2】5月13日:7万人の市民は

震災支援担当 楢崎 知行
2011年5月18日 更新

南相馬市の紹介の後編です。

原発から20キロで封鎖される道路原発から20キロで封鎖される道路

大震災の翌日の12日、原子力発電所の事故の深刻さが判明し、20キロ圏に入った相馬市南部・小高区(住民約1万人)に避難指示が出ました。15日には30キロ圏にある、南相馬市の中心地域・原町区(同5万人)にも屋内退避が指示されました。多くの人が自主避難したほか、南相馬市も約5,000人をバスなどで市外に避難させました。その結果、7万人の人口のうち、4万人はいったん市外に出たのではないかと言われています。この時点で、物資の供給網は分断され、ほとんどの商店が閉まり、残った市民は食料にも事欠くありさまでした。市報を印刷する印刷所すらありませんでした。4月の下旬に屋内退避地区から緊急時避難区域に変更され、徐々に市民が帰り始めました。それでも、商店の半分以上は閉じたままで、開いている食堂は調理人や従業員が少なく、限定メニューでしのいでいます。私が行く食堂も揚げ物中心で、出てくるまで時間がかかります。

小高区、原町区の小学、中学校はすべて閉鎖され、北部の鹿島区の学校へ通っていますが、数は半分以下に減っています。子どものいる家庭は、自主避難を選んだ人が多いようです。5月中旬になっても、約600ヵ所の避難所や各地の公営住宅、親戚・知人の家などに、約3万人が避難していると言われています。

このように、わずか7万人の市民が四分五裂され、しかもその状態が長引くことが予想されます。このようななか、FM放送は市民への決め細やかな情報の伝達だけでなく、インターネットを使って市外に住む人にも「放送」することで、市内外の市民のコミュニティ、アイデンティティの維持に役立つ可能性を持っています。深刻な状況、遅れる支援の手、大きな可能性...、これらの理由でJVCは南相馬でFM放送局の支援をすることにしました。

この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net