アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

史上最高売上達成!

JVCスーダン現地代表 今井 高樹
2008年3月13日 更新
ズラリと並んで整備の順番を待つ車輌ズラリと並んで整備の順番を待つ車輌

工場の中庭にズラリと並ぶランドクルーザー!整備の順番を待っているクルマです。JVCが活動を始めた一昨年には、長い内戦の影響でスクラップと化したクルマがここを占拠していたのですが、今はスクラップも片付き、順番待ちのクルマの駐車スペースになっています。

整備工場では国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の車輌のほかに国際NGOや一般顧客の車輌も受け入れていますが、最近は一般車輌の入庫台数がUNHCR車輌を凌ぐようになってきました。もちろん一般のお客さんからは適正な料金を頂戴して、その収益を工場の補修工事などに充てています。

事務所に掲示されている毎月の売上グラフ事務所に掲示されている毎月の売上グラフ

2月、現地代表の私が一時帰国している間にみんな忙しく働いてくれて、2月の収益は過去最高の7,877スーダン・ポンド(約40万円)に達しました。やった、と思って喜んでいると、工場長のサイモンさんは「これでもまだ足りない」と言います。「みんな、よく働いてくれて本当に感謝している。でも、将来JVCがプロジェクトを終了した後の工場経営を考えると、これで満足してはいけない。当面の目標は月間売上10,000スーダンポンドだ」と、サイモンさんは工場スタッフにハッパをかけています。

研修生のワニ・サミュエルは「どんどん仕事が増えたほうがいい」と言います。「研修生が15人もいるんだから、2〜3台のクルマではみんなが実習するには足りないよ。一度に5台も6台も入ってくれば、全員がクルマに触って実習できる」と、なんとも頼もしい言葉。

研修生もしっかり戦力になっている 研修生もしっかり戦力になっている

日中の気温が40度を越える乾季がもうしばらく続きそうですが、今日もスタッフ、研修生は忙しく働いています。


この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net