アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

声明の記事一覧

2月26日、国連総会の本会議は、2008年末に勃発したガザ紛争の下での深刻な国際人権法および人道法違反行為を明らかにするために、「独立した信憑性が高い調査」をイスラエルおよびパレスチナ双方に改めて求める決議に至り、賛成多数に承認されました。決議は、日本を含む98カ国が賛成票を投じ、7カ国が反対し、31カ国が棄権しました。

国連と国際NGOの共同体AIDAは、6月のガザの封鎖解除に向けての声明、7月のガザの教育システムに関する声明、9月の水・衛生に関する声明、11月の冬を前に封鎖の解除を要求する声明を発表してきましたが、続く封鎖が人々の健康に与える影響を懸念し、あらためて封鎖の解除を要求する声明を1月20日に発表し、JVCも署名しました。

ガザの封鎖がもたらした人道危機とはどのようなものなのか。それを詳しく説明するレポートを、UNOCHAが8月に発表しました。その英文30ページのレポートをJVCで和文4ページにまとめました。

6月のガザの封鎖解除に向けての声明7月のガザの教育システムに関する声明に引き続き、国連と国際NGOの共同体AIDAは、ガザの水・衛生問題に関する声明を9月3日に出し、JVCも署名しました。

6月のガザの封鎖解除に向けての声明に引き続き、人道支援団体を、NGO、国連機関は共同でガザの教育に関する懸念に関しての声明を7月28日に出し、JVCも署名しました。また、ガザ地区における子どもと教育に関わる概況についてもまとめました。

JVCは、7月1日に『アフガニスタンで人道支援に関わる国際NGOの声明』を外務省、在アフガニスタン日本大使館、およびアフガニスタン・パキスタン支援に関する総理特使に提出しました。

38団体がガザの封鎖解除に向けての声明を出し、JVCも署名しました。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net