アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
スタッフのひとりごと

震災支援担当 岩田 健一郎
2012年7月27日 更新

はたらけど はたらけど
猶わが生活
楽にならざりぢっと手を見る
(石川啄木「一握の砂」より)

人口に膾炙した啄木の歌が、時折こころに浮かぶ。啄木が人の生活を見つめた時、ふと視線を向けたのはその手であった。

私の手はお世辞にも格好のいい手ではない。幼い頃から治らない爪をかむ癖が、なおさらそれを不格好にしている。無理をして机に向かった時にできたペンだこが中指に残ったままだ。めっきり楽器を手にしなくなったために、指先はふにゃふにゃしている。今はただ、少しばかりヤニばんでいるだけの手だ。

私は母の手が好きだった。母のことを思う時、なぜかその手を思い出す。ろくろく家事もせず、ただ芝居に明け暮れた人であったためか、どこか生活感のない手をしていた。とりわけ、紫しえん煙をくゆらせている時の母の手が、好きだった。すっと伸びた二つの指が、その手を妙に美しく見せていた。

海で生活を営んできた人の手は、一目でそれとわかる。指は太く、節くれだっていて、手の甲は分厚い。爪はつやを失って、土気色をしている。無数のしわが、深く、全体に刻まれている。武骨で、たくましさをたたえたその手は、見る者を包み込むような温かみを持っている。

彼らはその手で、飽きることなく、縄を結い、網を引き揚げ、豊かな海の恵みを受け取って来たのだ。来る日も来る日も使い込んできたその手には、生活そのものがにじんでいる。手が、その生きざまを語っている。

改めて、じっと自分の手を見てみる。何ものも語っていない手だ。いや、何ものでもないことを、語っている手だ。

No.295 「復興会議」と農村での取り組みをつなぐ (2012年6月20日発行) に掲載】

※後日、掲載年月別一覧を用意します。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net