アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • お知らせ・募集 >
  • 映画「わたしは分断を許さない」、4月3日(土)~16日(金)まで、再々上映!
ジャーナリスト堀潤さん監督ドキュメンタリー映画

映画「わたしは分断を許さない」、4月3日(土)~16日(金)まで、再々上映!

2021年4月 3日 更新

JVCが取材協力をした、ジャーナリスト堀潤さん監督のドキュメンタリー映画「わたしは分断を許さない」がポレポレ東中野において4月3日(土)~16日(金)まで、再々上映されています!

世界で起こる様々な分断としてパレスチナや平壌などJVCの活動地でも撮影されており、活動についてや現地の人々の声が取り上げられています。
また、今回は新たに緊迫するミャンマーの最新情報を加えた、ニューバージョンでの初上映となります。

堀監督もほぼ毎日各日14:30の回上映後に登壇予定で、直接撮影時のエピソードを聞くこともできます。詳細はポレポレ東中野ウェブサイトをご覧ください。

映画概要(公式HPから)

ジャーナリスト堀 潤が、あらゆる現場で共通に感じる"あること"。それは、"分断"の深まりである。堀が真摯に追いかけ続けてきた、東京電力福島第一原子力発電所事故後の現場をはじめとして、シリア、パレスチナ、朝鮮半島、香港、沖縄など、国内外の様々な社会課題の現場で生まれ、深まっていく"分断"。それはやがて、人々の心に癒しがたい猜疑と恐怖を生み、またたくまに差別や排斥を叫ぶ動きへと加速していく。そして、その結果深い痛みを負った、多くの罪なき人々の悲痛な訴えすら、その分断のために残酷な忘却と冷たい無関心にさらされるのである。なぜ、"分断"が生まれるのか?私たちは"誰"に分断されているのか?そして"誰"が人々に沈黙を強いるのか...?堀 潤は語る。「わたしには、どうしても許してはいけないと感じるものがある。それは"分断"だ」と。

前作、映画『変身 - Metamorphosis』から5年、東京電力福島第一原子力発電所事故の取材を開始してから約10年の歳月がたった。その間、ジャーナリスト堀 潤が、絶えず追いかけ、駆け抜けた世界中の報道の現場。そして、その現場で出会った人々の心に出来る限り寄り添おうと行ってきた、膨大な取材記録。それらが浮き彫りにした数々の「分断」の姿。あまたの「分断」の手当てをするべく、ジャーナリスト堀 潤が紡ぎだした渾身の映画作品が、本作『わたしは分断を許さない』である。

映画『私は分断を許さない』公式サイト

映画とも連動して、

また、書籍も発売されています!
書籍『わたしは分断を許さない 香港、朝鮮半島、シリア、パレスチナ、福島、沖縄。「ファクトなき固定観念」は何を奪うのか? 』

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-22-1 東鈴ビル4F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net