アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

2020年6月の記事一覧

JVC事務局長交代のお知らせ

2020年6月30日 更新

日頃よりご支援をいただきありがとうございます。

2020年6月末を持ちまして、当団体の事務局長が長谷部 貴俊から伊藤 解子に交代いたします。

長谷部は2005年からJVCに参加し、2012年からは事務局長としてJVCに関わってきました。伊藤は、2018年からJVCの理事を務めてまいりました。

今後も変わらぬご協力をいただけますようお願いいたします。

長谷部からのご挨拶

会員の皆様、ご支援者、ご関係者の皆様、事務局長に就任して8年が経ちましたが、今年6月末をもって退任しました。これまで支えていただき心から感謝申し上げます。

  • なにを大切にしてきたか?
  • 任期中には、日本人スタッフの労働環境改善やマネジャー制度の導入を推進してきました。この組織改編は、JVCには似合わないものと思われる方も多いかもしれません。

    JVCのスタッフの多くは、ここで活動することを「仕事」ではなく「生き方」なんだという信念を持っています。私も2005年に入職してからアフガニスタンに7年間関わる中、JVCの信念、自分の信念を大切にしてきましたし、この気持ちは今でも一緒です。事務局長としての8年間も、国内外で、なかなか声を出せない人々の声を代弁することを心がけました。多くの日本のNGOが専門家集団になりすぎ、国内外の市井の声を代弁できなくなっている中、JVCの市民運動の側面をますます強くすることと、将来多くの方々に関わってもらうために、重要なポリシーは残しつつも組織環境を改善していくことは両立しうるものと信じています。

  • これからのJVC
  • 昨年以来、「JVCが本当に実施すべき活動・事業の領域は何か」を議論し、23年度を見据え、2020年9月中を目処に、事業再編計画を策定しています。世界を席巻する新自由主義経済の暴走、排外主義の高まりを始めとして世界の課題は、ますます山積しています。その大きな潮流の中で、周辺にいる人たちがどのような状況に追いやられているのか、その中でどう立ち上がろうとしているのか、その現実をとことん直視してきました。
    在籍した15年の中で、特にアフガニスタン、イラク、カンボジアを多く訪問してきました。地元の人々が立ち上げたNGOの成長、活躍には目を見張るものがあります。日本のNGOにも急成長している団体もあり、そこに学ぶ必要もあるでしょう。一方、みんなにわかりやすく、誰もが納得する開発目標の政策提言をする団体はあるものの、本当に海外の現場の住民の声を代弁し続けているNGOは数少なくなってきていると感じます。そのようなNGOの環境変化の中、JVCだからこそ、すべきこと、できることが必ずあると信じています。

    7月から新事務局長、伊藤解子が着任しました。2年前にJVCの理事に就任しましたが、その前からカンボジア事業にアドバイスをしたり、非戦ネットの運営にもボランティアで関わっていました。JVCのスピリッツを持ちながら、客観的にこれまでのJVCをみてきたので変革期の事務局長として力を発揮していくと思います。これからも叱咤激励をふくめ、JVCへの応援をよろしくお願いします。

    【長谷部 貴俊 プロフィール】
    (事務局長就任期間:2012年6月〜2020年6月末)
    福島県出身。県立福島高校卒。学部生時代は日本国内の外国人労働者支援に取り組み、大学院修士課程では農村開発を専攻する。他NGO勤務を経て、2005年6月よりJVCに参加。アフガニスタン事業担当を経て、2008年1月よりアフガニスタン現地代表を兼任。現地での事業運営と政府への提言活動などを行う。2012年より事務局長。2017年より人道支援/平和構築グループマネージャーを兼務。

    新事務局長 伊藤からのご挨拶

    日頃よりJVCの活動へのご理解・ご協力を賜り、誠にありがとうございます。7月から事務局長に就任致しました伊藤解子です。

    JVC設立40周年となる今年、新型コロナウイルスの感染拡大に世界が直面することになりました。人間による生態系への無秩序な進出、地球温暖化による熱帯雨林の縮小や野生動物への影響も一因として指摘されています。地球規模の気候変動を、近年国内で頻発する自然災害とともに認識するようになりました。これらは経済社会のグローバル化と連動し、特に経済的・政治的に脆弱な立場の人々が影響を受けています。

    また、これまで私自身が活動してきた国々においては、急速な経済発展の一方で人権抑圧が表面化し、平和と国の復興が進むどころか複雑化する紛争構造の下で日々犠牲となる市民の姿が報道され、この数十年少しずつ歩みを進めてきた世界の貧困・紛争・人権などの状態が後退しているのではとも思わせる状況です。

    その反面、今までJVCが人々の足元に種を植え確実に実を結んでいる地域があることを聞き励まされます。これからもJVCが不要になる世界の実現を常に意識し、社会の変化と新たな課題を把握しながら、会員、ご関係者の皆様と共に取組んでいきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

    【伊藤 解子 プロフィール】
    北海道出身。大学卒業後、英国大学院留学、東南アジアでの民間企業勤務を経て1999年に教育協力NGOの東京事務所に入職。カンボジア、ラオス、タイ、ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ、アフガニスタンでの教育支援、国内外の緊急救援、教育協力NGOネットワーク(JNNE)での政策提言・調査研究業務に携わる。カンボジア、パキスタン現地駐在、東京事務所海外事業課長、ラオス事務所長を経て2013年に退職。以後、主に二国間援助機関による東南アジア、南アジア、中東、アフリカでのODA事業評価に従事。2018年よりJVC理事。2020年7月より現職。

    ※この募集は締め切りました。ご了承ください。

    日本国際ボランティアセンター(JVC)は、パレスチナのガザ地区で子どもの栄養不良改善および発達と発育の支援を行っており、東エルサレムではこの夏から、女性のエンパワメントの事業を開始する予定です。今回は、これらの事業を総合的に担うエルサレム事務所・現地駐在員を募集します。

    続きを読む

    私たちJVCは、治安状況が悪化する中、2017年度から2019年度にかけて、国際政治の舞台で展開する和平プロセスも注視しながら、不安定な情勢の中でも活動を止めることなく、足元からの平和づくりである「ピース・アクション」の活動を実践してきました。現地パートナー団体は、JVCアフガニスタン事務所が現地法人化した、名実ともにアフガニスタン人主体のNGO、Your Voice Organization (YVO)です。(現地法人化の経緯はこちらから)

    この間、日本側でも、JVCのアフガニスタン事業を担当していた職員が、新たに平和構築に特化したNGO『平和村ユナイテッド』を設立し、アフガニスタンとの国境に近いパキスタンの地域で活動を開始しました。(平和村ユナイテッド公式ホームページはこちらから)
    アフガニスタンとパキスタンは隣国として関係が非常に深く、地域全体の平和には、両国の人々との協働、双方そして多方向からのアプローチが不可欠です。

    このことから、関係者で議論を重ねた結果、2020年度からは、『平和村ユナイテッド』が『YVO』とパートナシップを結び、JVCに代わって「アフガニスタン・ピースアクション」を継続していくことになりました。JVCは2020年度、引き続き、地域教育(識字)をサポートしてまいります。

    和平協議、新型コロナウイルスの大流行、続く政治不安と紛争状況...不安、怒り、悲しみが続くアフガニスタンで、活動分野は変わっても、安心の暮らしを取り戻すために奮闘する現地の人々に協力していきたいと考えています。引き続き、皆様からのご支援、よろしくお願い申し上げます。

    いつもJVCへのあたたかなご支援、誠にありがとうございます。

    新型コロナウイルスの流行により、世界中で不安が広がっています。 皆さまや、周りの方々はいかがでしょうか。無事にこの危機をともに乗り切れるよう、スタッフ一同心より願っております。

    JVC が活動する地域でも、人々は様々な悪影響を受けています。感染の危険にさらされているほか、封鎖が行われた影響で移動ができなくなったり、仕事がなくなったりした方々もいます。一方で、封鎖や経済悪化の中でも、これまでの活動から学びを得て、暮らしを支えながら前向きに生き抜く人々がいます
    皆さまのご支援がどのように人々の生きる力となっているのか、南アフリカとカンボジアのお話をご紹介します。彼らのこれからを、夏の募金キャンペーンを通してぜひ応援してください。

    こちらから今すぐ寄付(クレジットカードで)

    南アフリカのケイシャスくん(18歳)

    世界最多のHIV陽性者を抱える南アフリカでは、エイズで親を亡くしたり、貧困のため親が出稼ぎに出たりするなど、保護者のいない環境に取り残される子どもが多くいます。そのため、将来に希望が持てず、飲酒などの非行に走る若者たちがあとを絶ちません。
    JVCはこうした負の連鎖を止めるため、ボランティアたちが運営する村の「子どもケアセンター」の支援を通じて彼らの学びや挑戦を支えています。また、バランスのとれた安心な食生活を送ることができるように、有機農業を通じた家庭菜園を子どもたちや村人に広めています。

    20200617-natsubokin-cassiuskun.jpgケイシャスくんは、ケアセンターで学んだ家庭菜園づくりを卒業後も実践している。

    ケイシャスくんもケアセンターの活動に支えられた子どもの一人です。ケイシャスくんは小さい頃に親を亡くし、仕事のない叔父夫婦のもとで育ちました。そのため、家庭内での支えが足りず、JVCが支援する子どもケアセンターへ通っていました。

    ケイシャスくんには弁護士になるという夢があり、そのためにも大学入学を目指していました。ケアセンターのボランティアたちは、学校での勉強のサポートをしたり、悩みの相談に乗ったりと、彼を支え続けました。ボランティアの方々の支援もあり、2019年12月、彼は念願の大学入学を果たしました。

    そんな矢先、新型コロナウイルスの影響で、2020年3月から南アフリカ全土がロックダウンされ、大学も閉鎖されてしまいました。JVCスタッフも親のいない子どもたちの生活を心配していましたが、外に出かけられない日々の中でも、彼らは野菜を育てて日々をしのいでいました。
    ケイシャスくんも叔父夫婦のもとへ戻り、立派な家庭菜園を作っていました。これまで取り組んできたケアセンターの学びが子どもたちの中で芽を出し、困難な状況にも負けずに生活していました。

    カンボジアのルン・ルーンさん(37歳)

    20200617-natsubokin-runsan.jpg家庭菜園を誇らしげに見せてくれるルン・ルーンさん

    大きな経済成長を続ける東南アジアですが、カンボジアでも都市部での発展が進む一方、農村の格差がますます広がっています。収入を確保するため、農村から都市部へと出稼ぎに出ていく人の多くは不安定な労働に従事しています。また、働き手がいない家庭は出稼ぎにも出られず、貧困に苦しんでいます。

    JVCは、農村の人びとが安定した暮らしを送れるよう、農業研修を行って家庭菜園づくりを支えているほか、共同で使えるため池を掘削しています。また最近は、育てたハーブなどを飲食店などに販売する取り組みも始め、状況は少しずつ改善されています。

    今回の新型コロナウイルスの影響でカンボジアは経済的な打撃を受けました。特に都市部では多くの人々が仕事を失い、JVCが支援している村でも、都市部や隣国のタイから人びとが帰ってきました。

    ルンさんも、そうした1人です。彼女は州都のシェムリアップへ出稼ぎに行き、ナイトクラブの清掃で生計を立てていましたが、ナイトクラブも休業、やむなく村へ戻って来ています。彼女は村の実家で、JVCの研修で学んだ家庭菜園づくりを再開、野菜を育てて暮らしています。
    いつになれば再び出稼ぎに出れるのか、先行きは分かりません。しかし、そんな中でも、JVCの研修を通じて身につけた、食べるものを自分の力で生み出す力と経験が、人々の安心につながっています。

    ルン・ルーンさんの菜園。左からバジル、にんにく、なす.jpgルン・ルーンさんの菜園

    事業担当からのメッセージ

    20200617-natsubokin-message.JPG

    紛争や貧困で苦しむ子どもたちを、現地で見てきました。必要なのは、その今を支えながらも、彼・彼女たちが未来に希望をもてる社会を実現する活動です。世界を変える可能性を秘めた人々ひとりひとりに寄り添い、未来のための力を養うために。日本からぜひ、私たちと一緒に支えてください。

    南アフリカ事業担当/地域開発グループマネージャー
    渡辺直子

    あなたのご寄付でできること

    20200617-natsubokin-afghanistan.JPG
    20200617-natsubokin-southafrica.JPG
    20200617-natsubokin-cambodia.JPG
    20200617-natsubokin-mozambique.JPG

    あなたのご支援が、暮らしを支える力となります

    皆様の長年のご支援のおかげで、現地では目に見えた変化や成果が着実に現れています。彼らは新型コロナウイルスの影響にも負けず、生活に工夫を凝らしてこの難しい局面を乗り切ろうとしています。
    その一方で、まだJVCの支援を必要としている人たちが数多くいます。

    今年度の「夏の募金」では、750万円を目標金額に設定しています。 大変な局面を生き抜く世界各地の人々の暮らしを支えるために、あなたの力が必要です。特別定額給付金からのご寄付も受け付けております。
    彼らの未来を、ぜひ夏の募金を通して応援してください。ご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。

    ご支援はこちらから

    こちらから今すぐ寄付(クレジットカードで)

    <郵便局振り込みの場合>
    口座番号: 00190-9-27495
    加入者名: JVC東京事務所

    JVCは認定NPO法人です。ご寄付は税金の控除を受けることができます。詳細はこちらをご覧ください。

    2019年8月末の台風上陸とそれに前後する集中豪雨の影響で、9月上旬にラオス南部で大規模な洪水が発生し、JVCの活動地であるサワンナケート県ピン郡の活動村でも多数の住居や水田などが大きな浸水被害を受けました。

    これを受けて、JVCは9月上旬にJVCの活動地の村人へ食糧配布を中心とした第一次支援を実施、そのご中長期的な生活再建のための種もみの配布などの第二次支援も実施することとし、ご支援のご協力をお願いしておりました。

    この緊急支援のご寄付は2020年6月12日をもって、受付を一旦停止いたしました。
    いたただいたご支援で行った活動について、近日中にご報告をいたします。
    洪水被害から立ち直るために寄せていただきましたあたたかなご支援に、心より御礼申し上げます。

    被害状況や支援概要につきましては、こちらをご覧ください。

    20200612-apex.JPG

    特定非営利活動法人APEXが〈持続可能な開発のための包括的フレームワーク〉への取り組みとして作成したドラフトの賛同団体となりました。

    これまでの援助は、「先進国」が 自らの「先進性」を準拠として「開発途上国」を導くという考えがベースにありました。しかし、「先進国」の発展のあり方が今日の世界を持続不可能なものにしているのが現状です。

    SDGs の達成のためには、これまでの発展パターンとは異なる、持続可能な発展をなしとげていくことが期待され、また、それにふさわしい技術が選ばれ、あるいは開発され、用いられなければならない、という方針のもとに作成されたこのドラフトは、2019年12月に開催された国際会議「SDGs×適正技術×アジア」で採択され、インドネシア・フィリピン・日本の団体・個人から賛同 を受けて、発信されています。賛同団体・個人は現在も募集しています。

    詳細はAPEXによる下記ページをご覧ください。

    包括的フレームワーク

    今日、SDGsは、多方面の人々・組織から支持される目標となってい ますが、それでは、それを達成するため には、どのような社会のあり方、経済のあり方、あるいは技術のあり方が求められるのかは、あまり明らかでありません。 ...

    1980年2月27日にタイの難民キャンプで設立された日本国際ボランティアセンター(JVC)は、今年で40年目の節目を迎えました。 数え切れないほど多くの方からのご支援のお力で、支援を届け続けることができ、皆さまに心から感謝を申し上げます。

    2020年5月に発行したJVC会報誌「Trial & Error」340号では、JVCのこれまでを振り返り、またこれからの未来について考え、記事を組みました。これまでJVCに関わってくださった多くのOBOGによるコメントも収録されています。

    この特別な記念号を、会員以外のみなさまにもPDFで無料公開することといたしました。ぜひご覧ください。表紙の写真は、2020年のカレンダーを担当された写真家の竹沢うるまさんが撮影したカンボジア事業の様子です。

    • 「JVCのあゆみ 設立から40年目を迎えて」ページはこちら
    • 会報誌「Trial & Error」の詳細はこちら

    TE340.jpg画像をクリックしてご覧ください(PDF 10.6MB)

    目次

    1. 活動地のストーリー「いま、あの場所では」
    ・ラオス、アフガニスタン、モザンビーク、東京

    2. チャートで見るJVC

    3. JVC発足から40年
    ・世界の変化にどう対峙してきたのか(熊岡路矢)

    4. それぞれの現場から
    ・抑圧下で小農が続ける実践、自己決定と連帯(渡辺直子)
    ・コミュニティには力がある だから与えるよりも共に模索を(岩田健一郎)

    5. JVCとともに歩む理由 〜現場を訪ね、協働を重ねるパートナーから〜
    ・カンボジアでの豊かな出会いから考える「枠」を超えた共生
    (株式会社童話館 廣瀬文女)
    ・対話と試行を重ねながら共に発信するパートナーとして
    (「8bitNews」代表 堀潤)

    6. 特別座談会(星野昌子×現役スタッフ)
    ・「世代を超えて受け継ぐ、JVCのDNAとは」

    7. 変化のストーリー「人は変わることができる。」
    ・アフガニスタン:サビルラ・メムラワルさん(加藤真希)
    ・平壌:チョさん(宮西有紀)

    8. JVCの未来を決める!
    ・ゼロベースで新たな取り組みを(今井高樹)

    9. 「いま、なにしていますか?」
    ・スタッフOB/OGの現在

    10. 今回の「欄外100字メッセージ」が面白すぎたので
    ・かじのさんにイラストを描いてもらった

    11. 編集部からのお願い

    12. 激動の時代をT&Eとともに歩んで(大野和興)

    13. お知らせ

    TE340号はこちらからお読みいただけます

    まえがき(TE340号より引用)

    te340-hasebe.jpg

    人々の足元から社会を変えていく。
    いままでも、これからも。
    1980→2020

    2020年2月27日、JVCは40周年を迎えました。
    「立ち上げた当時と比べて、世界は住みやすい状況なのか?」
    世界を見渡してみると、残念ながらそうではない現実があります。

    暴走する新自由主義経済の影響で分断される社会、国内外で高まる排外主義。
    40年前のJVCのスタッフ、ボランティアは、利害や打算とは関係なく、タイの難民キャンプにまず飛び込んでいきました。
    私たちもその思いを持ち続け、どこに向かえばよいのか不安なこの時代だからこそ、どんな社会をつくるのか、実践を通じて現場の人たちと共に考えていきます。

    日本国際ボランティアセンター 事務局長
    長谷部 貴俊

    会報誌は、会員の皆さまに年4回、ご郵送にてお届けしております。ご入会に関するお問合せは下記までお願いいたします。
    会員・支援者担当:横山
    TEL:03-3834-2388 MAIL:info@ngo-jvc.net

    団体案内
    JVCの取り組み
    11ヵ国での活動
    イベント/お知らせ
    現地ブログ
    あなたにできること
    その他
    特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
    〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
    TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net