アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • メディア掲載

メディア掲載

JVCの活動は新聞・雑誌・テレビなどの各種メディアで取りあげていただく機会が多く、年に数十回にのぼります。今後、過去の情報もアーカイブとして掲載していきます。

9月2日にNHK「ニュースウオッチ9」で新潟で農業を営む、JVCの天明理事へのインタビューが放映されました。
天明理事が呼びかけ人となり、日本の難民やコロナで十分に食べられない人たちに対し、緊急的に行った「コメと野菜でつながろう」についてコメントしています。

天明理事活動の詳細については下記ブログ記事の後半をご覧ください。
「お米を食べて国際貢献!『JVC応援米』」

掲載メディアNHK 「ニュースウオッチ9」
掲載年月日2020年9月 2日
参照先番組公式HP

8月27日にTBSで放送中の「news zero」で、JVCパレスチナ事業現地代表の山村へのインタビューが放映されました。

コロナウイルスの1日の新規感染者が1000人を超えるイスラエルで、イスラエル国民のマスクへの抵抗感についてコメントしました。

掲載メディアTBS News zero
掲載年月日2020年8月27日

株式会社テーブルクロスのFood for Happiness事業から支援を受けた南アフリカでの持続可能な菜園プロジェクトについての記事が「産経新聞」に掲載されました。


記事は下記のページからご覧いただけます。
掲載メディア産経新聞
掲載年月日2020年8月21日
参照先南アフリカ共和国のサスティナブル野菜ガーデン支援事業へ寄付を実施

7月1日(水)から8月31日(月)まで開催している「第19回 南北コリアと日本のともだち展」について、同展事務局の宮西が「朝鮮新報」に取材していただきました。

下記の朝鮮新報WEBページからもご覧いただけます。

掲載メディア朝鮮新報
掲載年月日2020年8月24日
参照先わたしがおくりたい金メダル/ともだち展で見る交流の軌跡
「ありがとう」あふれる作品/第19回南北コリアと日本のともだち展・東京/初のオンライン開催

8/3(月)に実施した、プロサバンナ事業の中止を受けての記者会見について本日のTBS「報道特集」で放送されました。概要は下記「TBS NEWS」のページからもご覧いただけます。

JVCもサポートしてきた現地農民連合のリーダーコスタさんの言葉「農民の声を聞かずに、プロジェクトを進めたことが、間違いだった」という言葉。 今回、プロサバンナ事業は本格始動のために中止となりましたが、これからも権利侵害のリスクがなくなったわけではありません。この言葉を私たちはこれからも重く受け止めていかなければいけないと思います。

動画も含めて、ぜひご覧ください。閲覧可能期間は1週間です。

=====

また、8/12にはオンラインイベント「モザンビークで何が起きたか? オンライン生報告」こちらから。

掲載メディアTBS NEWS
掲載年月日2020年8月 8日
参照先モザンビーク 日本のODA事業中止を地元民歓迎

国際協力機構(JICA)によりモザンビーク北部で実施されてきたODA事業「プロサバンナ事業」が、本格的な事業展開を前に中止されることが正式に決定し、市民運動によるODA事業の中止という画期的な結果を生み出しました。今回の決定を受けて、これまで反対の声をあげ続けてきたモザンビークの小農運動のリーダーも参加して8月3日に緊急記者会見を開催いたしました。

この緊急記者会見の様子がメディアに掲載されました。記事は以下からご覧いただけます。

掲載メディア時事通信(8/3)、UPLAN(8/3)、しんぶん赤旗(8/4)、アゴラ(8/8)
掲載年月2020年8月
参照先時事通信「日本の農業支援終了 「小規模農家排除」と反対運動―モザンビーク」
UPLAN「JICAによるODA『プロサバンナ事業』中止を受けて」(リンク先はYouTube)

アフリカ・モザンビークで日本政府が進める大規模農業開発プロジェクト「プロサバンナ事業」の中止を日本政府が決定しました。「土地が奪われる」という地元住民からの懸念の声を、7年にわたり報道してきたTBSが、これまでの放送をYouTubeにアップしましたので、ぜひご覧ください。

掲載メディアTBS NEWS(YouTube)
掲載年月日2020年7月27日
参照先モザンビーク「プロサバンナ事業」日本政府が中止に①
モザンビーク「プロサバンナ事業」日本政府が中止に②

JVC代表理事今井への取材記事が、しんぶん赤旗の紙面に掲載されました。

新型コロナウイルスの中で、都市封鎖によりJVCの活動地域の人びとが受けている影響について、今井がエピソードをご紹介しています。「情報パンデミック」やグローバリゼーションの進展による差別や貧富の格差についてもお話しています。

掲載メディアしんぶん赤旗
掲載年月日2020年7月21日

パレスチナ事業現地代表の山村への取材記事が朝日新聞のWEB・紙面に掲載されました。

現地で暮らして感じた、対話の少なさがパレスチナとイスラエルの対立の溝を深めているという思いをもとに、今回のコロナ禍のアジア人差別に対して「対話の道」を模索しようと、コロナと呼ばれたときに率直に悲しい、と伝え、謝罪の気持ちを受けとった時のエピソードが紹介されています。

「対話が道を切り開く」と信じる山村の思い、エピソードの詳細をどうぞ記事でご覧ください。

掲載メディア朝日新聞
掲載年月2020年6月
参照先6/27連載「そよかぜ」「コロナ!」と呼ばれたら 東エルサレム
7/1日本人見て「きゃあコロナ!」悲しいよ、思い伝えると…

働くものの月刊学習誌 『まなぶ』6月号の連載「世界はいま」において、JVCカンボジア事業担当大村の「カンボジアの村での新型コロナ対策」と題した記事が掲載されました。

JVCが活動するコンポンクダイの農村での新型コロナウイルスの生活への影響、またたくましく生きる村のひとの暮らしについてをお伝えしています。

*これまで奇数月に掲載されていましたが、今年度から偶数月への隔月連載に変更となりました。

掲載メディアまなぶ6月号
掲載年月2020年6月
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net