日本国際ボランティアセンター
(JVC)公式サイト
HOME > 11ヵ国での活動 > カンボジアでの活動 > カンボジアでの活動
カンボジアでの活動
カンボジア事業担当 山崎 勝
2015年7月16日 更新

現在のカンボジアでは都市部を中心に外国籍企業が進出し、これらの企業が経済を牽引しています。しかし農村部に住む人々の生活は苦しいままですし、町にも物乞いをして生きている人々が存在します。実際に、国民の3人に1人は貧困ライン(最低限の衣食住などの基準)以下での暮らしを送っています。経済発展がもたらす恩恵は一部の豊かな人に集中しており、「経済成長=みんなの生活を豊かにする」というものではありません。

カンボジアの全人口の約8割は農村で生活をしていて、その大部分は自給を中心とした小規模な家族経営農家です。カンボジアの伝統的な農法は生産性が低く、多くの農家では家族に必要な食料を十分に生産できていません。足りない食料は市場などで購入しなければいけませんが、その支出が生計を圧迫しています。農薬や化学肥料への出費も重なり、借金から望まない出稼ぎに家族を出すケースも後を絶ちません。

JVCは、農薬や化学肥料を使わずに、栽培方法の工夫で収穫量を増やしことによって農家の生計改善を目指し、カンボジアの農家の人々に向けて農業研修を提供しています。


現在の活動一覧



生態系に配慮した農業による家族経営農家の生計改善

米づくりや野菜を食べることの大切さなどを伝えています。

もっと詳しく

農業・農村開発に関する資料・情報センター

持続的農業や環境に関する書籍を収集・貸出しています。

もっと詳しく

小学校を中心とした環境教育

身近な自然環境に関心を持ってもらうための体験学習を小学校で行なっています。

もっと詳しく

技術学校(自動車整備士養成)

自動車整備学校の運営を側面支援しています。

もっと詳しく

現地ブログ from カンボジア



これまでの活動


※準備中です。


あなたもカンボジアに関わりませんか


メインメニュー
お知らせ・募集 (12/12更新)
イベント情報 (12/12更新)
ツイッターfacebookもやってます。リツイートやいいねボタンをクリック!
ページトップへ