日本国際ボランティアセンター
(JVC)公式サイト
HOME > イベント情報 > コミュニティが描く未来
コミュニティが描く未来
2015年9月 3日 更新
2015年9月15日19:00- 開催

JVCが2012年より実施しているHIV/エイズ予防・ケアプロジェクトを実施して、今年末で3年が経ちます。3年間の事業の成果と課題を振り返りながら、HIVを取り巻く社会環境の変化、それに対するコミュニティの対応の移り変わりについて考えます。例えば、活動の中で、これまでケアを受ける側だった、エイズ遺児等困難な状況に置かれた子どもたち自身による活動、地域に対する働きかけの芽などが見えてきました。

JVC南アフリカHIV/エイズプロジェクトマネージャーの冨田沓子に加え、来日中の現地スタッフ、ドゥドゥジレ・ンカビンデも登壇します。

当日は、大使館任命「南アフリカ・フード親善大使」でもある『アフリカンバル・トライブス』で南アフリカのお酒や料理を片手に、報告者や参加者との交流を楽しみながら進行していきます。皆さまふるってご参加ください。

日時 2015年9月15日(火)19時〜 (開場18:45)
※報告の終了自体は21時頃を予定していますが、そのまま残って、食べて飲んで…の懇親会を予定しています。
会場 アフリカンバル トライブス
住所:東京都新宿区荒木町7-14 AXAS四ツ谷三丁目101 (会場への地図)
電話:070-5366-0092
アクセス東京メトロ丸ノ内線 四谷三丁目駅 徒歩3分/都営地下鉄新宿線 曙橋駅 徒歩5分
スピーカー
プロフィール
冨田沓子(JVC南アフリカ HIV/エイズプロジェクト・マネージャー)
冨田
米国・タフツ大学で国際関係学を専攻、00年卒業。インド、西アフリカの現地NGOで児童労働問題の解決に従事。05年よりハンガー・フリー・ワールド、10年よりアムネスティ・インターナショナルを経て、2012年より現職。
ドゥドゥジレ・ンカビンデ(JVC南アフリカ HIV/エイズプロジェクト・コーディネーター)
ドゥドゥ
1998年よりJVCの南ア務所スタッフとして勤務を開始し。現在はプログラム・コーディネーターとして活躍中。旧黒人居住区ソウェトの合唱団メンバーとして、2005年愛知万博で歌った経験を持つ。
参加費 食事+ワンドリンク(南アワイン、カクテルorソフトドリンク)で2000円(JVC会員1500円)
※会場が狭いため立食形式で開催いたします。お食事はイベント最中/後にご希望に合わせてお出しします。足の悪い方等にはお座席をご用意しています。
定員20名 ※必ず下記要領で事前のお申し込みをお願いいたします。
主催日本国際ボランティアセンター(JVC)
注意点 お店が狭いため、当日立ち見/立ち飲みになる可能性があります(困難な方用の座席はご用意があります)。
申し込み/
問い合わせ先
以下のフォームから事前にお申込みください。 【問い合わせ先】日本国際ボランティアセンター 担当:渡辺
TEL:03-3834-2388 E-mail:nabekama@ngo-jvc.net
メインメニュー
お知らせ・募集 (11/30更新)
イベント情報 (12/ 8更新)
ツイッターfacebookもやってます。リツイートやいいねボタンをクリック!
ページトップへ