日本国際ボランティアセンター
(JVC)公式サイト
HOME > イベント情報 > 今アフリカ農村で何が起きているのか?日本・ブラジル・モザンビーク三角協力による熱帯サバンナ農業開発(プロサバンナ)を考える
今アフリカ農村で何が起きているのか?日本・ブラジル・モザンビーク三角協力による熱帯サバンナ農業開発(プロサバンナ)を考える
2013年5月 1日 更新
2013年5月29日18:00- 開催

本年6月1日〜3日、第5回アフリカ開発会議(TICAD V)が横浜で開催されます。同会議の目玉として準備されてきたのがプロサバンナ(ProSAVANA)事業です(*注1)

"サバンナ"とはいえ、雨も豊富で緑豊かな事業対象地

同事業は、2009年に合意された、「日本・ブラジル・モザンビーク三角協力によるアフリカ熱帯サバンナ農業開発」の略称で、ブラジルのセラード開発を参照事例として、モザンビーク北部3州の1000万ヘクタール(日本の耕作面積の三倍)を超える地域を対象とした大規模な農業開発計画です。

既に、大々的な宣伝がなされていますが、昨年10月来、現地の農民組織や市民社会組織は、本事業に強い懸念を表明しています。その理由は、当事者である地域農民の主権の軽視、事業全体における目的と手続きにおける不透明さ、アグリビジネスによる土地収用や遺伝子組み換えの導入への危惧などとされています。

さらに、最近明らかになったマスタープラン中間報告の中身の検討から、プロサバンナ事業が、現地に暮らす農民の権利を狭め、アグリビジネスによる容易に土地収用に道を拓くものであったことが、現地並びに国際市民社会の声明により明確になりました。

モザンビーク・国際市民社会声明
【原文・英語】http://www.grain.org/e/4703
【和訳】http://mozambiquekaihatsu.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

2007〜8年の食料価格高騰以来、世界中で土地をめぐる紛争が激化しています。特に、アフリカはターゲットとなり、中でもモザンビークでは世界統計で最多の土地取引がなされています。世界的にも先駆的な土地法(1997年)が農民の手によって制定されたモザンビークでもこのような現状にあります。

招聘団体UNAC「農民が農民から学ぶ」様子(ナンプーラ)招聘団体UNAC「農民が農民から学ぶ」様子(ナンプーラ)

このような事態を受け、TICAD Vを前に、2月に来日したモザンビークの農民組織UNACの代表らが、再度来日し、問題を訴える他、この問題に長年かかわってきた国際NGO・GRAINの調査責任者、そしてブラジルの市民社会よりセラードとプロサバンナの調査を実施したFASEが来日します。

今アフリカで何が起きているのか、小農はどのように暮らし何を求めているのか、プロサバンナ事業はこの点においてどのような問題を抱えているのか、日本の我々はこれらの問題にどのように関わるべきなのかについて、皆さんと一緒に考えたく、TICAD V直前の5月29日(水)に、開催地横浜にて、次の二つのイベントを開催する運びとなりました。ふるってご参加ください。

この問題に関して、JVC会報誌『Trail&Error』においても連続で取り上げています。ぜひこちらの記事もご参照ください。

日時 2013年5月29日 (水) 18:00〜20:30
会場 産業貿易センター B102会議室
住所:横浜市中区山下町2番地 (会場への地図)
電話:045-671-7111
プログラム

報告

(1)「世界における【責任ある農業投資】と土地争奪問題
 〜アフリカ・熱帯サバンナ地域を中心に」
Devlin Kuyek (国際NGO・GRAIN、カナダ)
(2)「日本援助とブラジルの熱帯サバンナ地域(セラード)
 〜地元小農・土地なし農民からの再考)」
Sergio Schlesinger(ブラジルNGO・FASE、ブラジル)
(3)「モザンビーク農民組織からみたプロサバンナ事業の問題」
 Augusto Mafigo(代表) + Vicente Adriano
(UNAC全国農民組織、モザンビーク)

コメント

・日本市民社会(津山直子/動く→動かす(GCAP JAPAN)代表)
・Antonio Muagenere (ナンプーラ市民社会プラットフォーム 代表

※当日は同時通訳(日英)が入ります。

参加費 500円(資料代)
定員100名
主催(特活)日本国際ボランティアセンター(JVC)、(特活)アフリカ日本協議会(AJF)(特活)オックスファム・ジャパン(特活)WE21ジャパン
賛同認定NPO法人 FoE Japanアジア・アフリカと共に歩む会(TAAA)アフリカ地域開発市民の会(CanDo)NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)ATTAC Japan全日本農民組合連合会(一般財団法人)北海道農民連盟アフリカ理解プロジェクト「環境・持続社会」研究センターJACSES(株)オルター・トレード・ジャパン(ATJ)(特活)APLA(Alternative People's Linkage in Asia)No! to Land Grab, Japanアジア農民交流センタ−(Asian Farmers' Exchange Center/AFEC)(一般財団法人)地球・人間環境フォーラム(特活)国際協力NGOセンター(JANIC)(特活)サパ=西アフリカの人達の支援をする会(SUPA)(特活)ハンガー・フリー・ワールド(HFW)(一般財団法人)CSOネットワーク反農薬東京グループ遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク関西NGO協議会名古屋NGOセンター(5月20日現在23団体、募集中)
協力モザンビーク開発を考える市民の会
登壇者
プロフィール
  • Augusto Mafigo アウグスト・マフィゴ
    (モザンビーク全国農民連盟 代表)
  • Vicente Adriano ヴィセンテ・アドリアーノ
    (全国農民連合UNACアドボカシー・国際連携 担当)
  • Devlin Kuyek デヴリン・クイェック
    (国際NGO・GRAIN 調査ディレクター(カナダ在住))
  • Sergio Schlesinger セルジオ・シュレシンガー
    (ブラジルNGO・FASE コンサルタント)
  • Antonio Muagerene アントニオ・ムアジェレネ
    (モザンビーク・ナンプーラ市民社会プラットフォーム 代表)
申し込み/
問い合わせ先

できるかぎり下の申し込みボタンよりお申込ください。
メールでお申込の際は、prosavana529@hotmail.co.jp宛てに、件名を「5月29日プロサバンナ国際シンポ参加申込」としてお申込ください。

問い合わせ先:JVC南アフリカ事業担当 渡辺
E-mail:prosavana529@hotmail.co.jp
Tel: 03-3834-2388
URL:http://www.ngo-jvc.net

(*注1)同事業の関連資料はこちらのサイトに掲載

メインメニュー
お知らせ・募集 (10/19更新)
イベント情報 (10/12更新)
ツイッターfacebookもやってます。リツイートやいいねボタンをクリック!
ページトップへ