アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
スライドをまじえ講演される岩崎駿介さんスライドをまじえ講演される岩崎駿介さん

NGOの草創期にJVCの代表を務め、90年代には市民フォーラム2001の事務局長としてリオ地球サミット前後の日本の市民活動に地球環境問題の新たな地平を開いた岩崎駿介さんが、新著『一語一絵 地球を生きる』を出版し、これを記念して出版記念講演会が開催されました。私が生まれる前のJVCの代表。その力強い講演に、ただただ圧倒された2時間でした。

手書きのイラストによる解説も随所に手書きのイラストによる解説も随所に

岩崎さんは東京芸術大学建築科卒業後、アフリカ・ガーナ共和国の国立科学技術大学で建築学の教鞭をとり、その後はハーバード大学大学院で都市デザインについて学んでいます。帰国後は故飛鳥田一雄横浜市長の考えに共鳴して横浜市企画調整局・都市デザインチームの初代チームリーダーに。アフリカ、アメリカでの生活の中で「外国で技術を切り売りして渡り歩くのではなく、ある特定の"地域"にしっかりと関わらなければならない」と思っての帰国だったそうです。横浜市では、私もよく知る山下公園付近のお仕事をはじめ横浜市の都市計画に携わられていたとのことで、その幅広い活躍ぶりに驚きました。

【イベント&講演】
「LOVEコンサート」に気仙沼支援グッズを出展してきました

2013年度ホームページインターン 倉持 祐香
2013年9月10日 更新
気仙沼ブースの様子気仙沼ブースの様子

9月8日(日)、日本福音ルーテル教会市ヶ谷で東日本大震災救援活動として、毎年行なっているチャリティーコンサート「LOVE 11th」があり、そこに気仙沼支援グッズを出展してきました。

8月末から気仙沼ボランティアチームが活動し始め、わたしはその一員として今回の物販に参加してきました。

テーブルに大漁旗を敷き、その上に気仙沼グッズを並べていき準備万端。

【イベント&講演】
夏のおわりに国際協力 in 逗子海岸うみのいえ

2013年度広報・会員インターン 大村 真理子
2013年9月 9日 更新
JVCの活動について話すインターン大村JVCの活動について話すインターン大村

8月25日、JVC初!となる海の家でのトークイベントを行いました。

場所は神奈川県の逗子海岸。企画は広報インターンの大村。スタッフの平野(ラオス事業担当)と小野山(アフガニスタン事業統括)がトークを担当しました。

「堅苦しくなく、気軽に国際協力を」
私がインターンを始める前から、ずっとやってみたかった事でした。
「世界で何がおきているか、興味はあるけど機会がないし」
そんな人たちに来て、気軽に話を聞いてほしかった。

当日はまさかの大雨・・・。
使用予定だった海の家があまりの雨に使用不可となり、急遽お隣の海の家をお借りしてのイベント開催となりました。

徐々に集まるお客様徐々に集まるお客様

アフガニスタン事業では、去る7月14日、真夏の午後にチャリティサロンコンサートを実施しました。会場場所となったのは、主催者であり毎年JVCをご支援くださっている、マエストローラ音楽院です。

今回のテーマは今回のテーマは"瑠璃"=ラピスラズリ

アフガニスタンはシルクロードの時代から交易の要所として栄え、"文明の十字路"と表され近隣諸国の間でも類まれなる豊穣な文化を育んできました。多様な文化は音楽にも表れており、各民族や地域ごとに使用される楽器や曲調が互いに異なります。このように豊かな音楽文化が育まれてきたアフガニスタンですが、長引く戦乱の中、多くの音楽家も難民となって国を離れてしまいました。また、タリバンが政権についた90年代後半には音楽などの娯楽が禁止され、人々は音楽を楽しむ機会を奪われてしまいました。2001年以降はタリバン政権が崩壊し、音楽活動も再開されています。

【イベント&講演】
大阪と東京での帰国報告会を終えて

パレスチナ現地代表 今野 泰三
2013年6月24日 更新

5月12日に大阪で、5月23日に東京で、帰国報告会を開催しました。続く5月25日には、パレスチナ・ボランティアチームと合同で、ボランティアチームのメンバーが運営する書道教室をお借りし、「飲もう、食べよう、知ってみよう~パレスチナでの国際協力とボランティア活動~」を開催しました。5月12日の報告会には50人を超える参加者があり、23日と25日のイベントにも定員を超えて各回30人程度が参加しました。

5月23日の報告会の様子5月23日の報告会の様子

【イベント&講演】
「スーダンの今―2つの戦争被災地から―」に参加して

2012年度アフリカインターン 宮下 智衣
2013年5月27日 更新
南コルドファンの状況について話す今井さん。左手奥は宍戸さんと土肥さん。南コルドファンの状況について話す今井さん。左手奥は宍戸さんと土肥さん。

4月12日にJICA地球ひろばで、JICA×JVC共催報告会「スーダンの今―2つの戦争被災地から―」が行われました。JICAアフリカ部参事役の宍戸健一さんの進行により、JICA経済基盤開発部の土肥優子さんとJVCスーダン現地代表の今井高樹さんがそれぞれ講演されました。

JVCの今井さんは、南コルドファン州での活動について話されました。南スーダンが独立した2011年9月以前からスーダンで地域開発の活動を行っていたJVCは、独立後の紛争の影響をうけて日本人スタッフが南コルドファン州に入れなくなるという状況に苦労しながらも、菜園づくりや物資配布などの支援を行っています。今後も生計向上活動の支援を継続し、支援事業を通して地域住民を避難民の関係づくりの機会を提供していきたいと話しておられました。

JICAの土肥さんは、ダルフール地方の活動についてのお話をされました。ダルフール地方では紛争の影響により、行政サービスの機能停止や質の低下がみられます。そのため住民の政府に対する信頼低下も引き起こされています。JICAはこのような問題に対し、給水施設や母子保健、職業訓練分野において人材育成を行い、公共サービスの向上へとつなげています。多くの住民が利用する公共サービスが改善されることで、住民の政府に対する信頼回復につながっていっていると話しておられました。また、連邦政府と州政府のつながりの薄さに対し、プロジェクトを通しての関係強化を進めているとのことです。

【イベント&講演】
横浜、平楽中学校でのワークショップ

2013年度アフガニスタンインターン 曽根 啓太
2013年5月27日 更新

2013年5月11日(土)、アフガニスタン事業担当加藤さんが横浜市立平楽中学校にて中学生を対象とした国際理解教育ワークショップを行い、インターンの私も同行しました。本ワークショップは、15年間続く平楽中学校の「国際学習」の一貫のなかに位置づけられ、昨年もJVCからパレスチナ担当と津高さんとパレスチナ事業インターンの小池さんがワークショップを行いました。

この「国際学習」は、4月26日から7月初旬にかけて行われ、
  • ともによりよく生きよう。
  • 国際平和についての意識を高めよう。
  • 「人権・環境・福祉」など多くのことと関連し合っていることに気づき、地球市民として生きる力を身につけよう。
という趣旨で、通常授業に加え、外部講師の講義やワークショップ、生徒によるスピーチコンテストが行われているようです。

【イベント&講演】
「アフリカ国」からの脱却、見えてきた54のアフリカ

2013年度アフリカインターン 舞木 光
2013年5月27日 更新

会場に向かって歩いていると、どこからか親しみやすいリズミカルな音楽が聞こえてきました。「なんだか楽しそうだ」と思わずスキップしていました。5月11日、12日の二日間、横浜の赤レンガ倉庫で、アフリカンフェスタ2013が開催されました。民族衣装やハンドクラフト製品からアフリカ料理まで、本当に多くの企業、団体が出展されていました。

【イベント&講演】
「震災から2年 気仙沼はいま」開催報告

緊急支援担当 下田 寛典
2013年5月 2日 更新
報告会の様子報告会の様子

3月13日にJVC東京事務所にて第8回「気仙沼はいま」を開催しました。東日本大震災から2年が経ち、気仙沼に残されている様々な課題について報告しました。以下、現地駐在している岩田と石原からの報告を掲載します。

「イラク戦争10年」キャンペーン(イラクテン)

この3月でイラク戦争開戦より10年が過ぎました。JVCは他のNGOや市民団体と協力し、「イラク戦争10年」キャンペーン(イラクテン)の実行委員会に参加しています。

イラク戦争開戦日の3月20日に実施したメインイベントを中心として、イラク戦争から10年を振り返るとともに、この戦争を過去のこととするのではなく、日本の今後の針路を考える上でも教訓を汲み取ろうという趣旨でキャンペーンを行いました。

INSANスタッフを迎えてJVCが主催した2回のイベントもキャンペーン賛同イベントに位置づけています。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net