アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

春分の日の頃、アフガニスタンでは新しい年(新春)を迎えました。現地の暦では、今年は1396年です。お正月は「新しい」を意味するナウ(naw)と、「日」を意味するローズ(ruz)で「ナウローズ」と呼ばれ、人々が家族で集ってお祝いをする大事なイベントです。

この機会に、日本ではなかなか体験できないアフガ二スタンのお正月料理を楽しみ、その豊かな文化に触れるという趣旨で、ボランティアチームが料理イベントを企画し、準備から全てを担ってくれました。現地の人と相談して本格的なメニューを考えたり、実際の料理指導をしてくれたのも、中央アジアの国々の料理研究家でもあるボランティアチームのメンバーです!

JVCアフガニスタンのボランティアのメンバーJVCアフガニスタンのボランティアのメンバー

【イベント&講演】
【パレスチナ・イベント報告】共生への轍

2016会計インターン 田中達也
2017年3月24日 更新
モロッコ系ユダヤ移民について説明する井川氏モロッコ系ユダヤ移民について説明する井川氏

2016年度会計インターンの田中です。

3月22日「パレスチナ・イスラエルでアラブ系ユダヤ人が架け橋になれる日まで」と題したイベントが開かれました。
前半部では、ユダヤ教にルーツを持つ井川氏と、イスラエルの入植政策を研究している戸澤氏がプレゼンを行い、後半部では来場者による質問を受けました。

広報担当の大村です。11月20日(日)に、「会員・マンスリー支援者のつどい・代表谷山による活動報告」を開催しました。これは普段、JVCを会員、そしてJVCマンスリー募金を通じて支えてくださっている方を対象に実施したもので、今回は初めての関西開催となりました。

【イベント&講演】
マンスリー支援者のつどいを開催しました

広報担当 大村 真理子
2016年10月24日 更新

広報担当の大村です。10月12日(水)に、「マンスリー支援者のつどい・現地駐在員による活動報告(南スーダン)」を開催しました。これは普段、JVCマンスリー募金を通じてJVCの活動を支えてくださっている方を対象に開催したもので、当日は約20人の方にご参加いただくことができました。

はじめまして、2016年度広報インターンの神矢です。2016年4月~2017年3月まで、広報インターンとして活動中です。さて、10月1日(土)~2日(日)の2日間、お台場センタープロムナードで行われた日本最大級の国際協力イベント「グローバルフェスタJAPAN2016」に食販ブースを出展しました。9月は毎週のように台風が発生し、天候が心配される中、1日目は小雨、2日目は30℃近い真夏日という天候の中での開催。来場者数は2日間合計で約10万人、300弱の企業や団体が出展し、大盛況のうちに終えることができました。

広報担当の大村です。国際協力をより身近なものに感じてもらいたい!との趣旨で毎年開催されている「グローバルフェスタJAPAN」、今年も300近いブースが出展されるそうです。JVCは今年、活動地のクラフト雑貨や気仙沼直送のわかめなどを販売する物販ブースのほか、広報インターン3人の主宰による、食販ブースを出展します!!食販ブースでは、グローバルな味付けのチキボ(チキンボール)や、ラオスやタイのビールを販売するそう。先日、お出しするメニューの試食会が行われていたので、ちょっとお邪魔してみました。

主宰の3人のほか、多くのボランティアさんやスタッフが試食会に参加主宰の3人のほか、多くのボランティアさんやスタッフが試食会に参加
チキボ用のソース候補。どれもおいしそう~!!チキボ用のソース候補。どれもおいしそう~!!

こんにちは! パレスチナ事業担当の並木です。
日頃はパレスチナでのプロジェクトのために資金を集めたり、支援者の皆さまへの報告を行ったりすることを主な仕事としている「東京事務所担当」の私。でも、個人的に立てている目標があります。それは、「JVCの事業地を知ってもらうためのイベントを、月に1回以上は開催すること」

いつもはパレスチナからの最新報告イベント等が主なのですが、ある日「ガザってどうやって出入りするの?」と他事業のスタッフに訊かれて気付きました。そういえば、現地を歩いた旅話を、スタッフ相手にもしたことがない......と。

スタッフの中にはアフガニスタンやイラク、平壌にまで出張している人もいるのですが、いつも聞くのは事業の話。たまに出張こぼれ話を聞くものの、やっぱり仕事に直結するお話がメインなのでした。
だったら、お互いが見てきた現地の素顔、出張こぼれ話の共有を、お酒付きの楽しいイベントにしてしまえ! ......と思って有志で企画したイベントが、7/11(土)に日本橋で開催されました。その名も「『えっ、そこ行っちゃう?!』飲んで笑ってみっちり語るドキドキ旅話~アフガン・ガザ・ピョンヤン編~」。(国名、地域名、都市名がバラバラなのはご愛嬌!)

日本橋のバールで、美味しいお酒と料理付き!
開催場所を貸してくださったのは、「日本橋バール ラヂマル TOKYO」さん。

開催場所を貸してくださった「日本橋バール ラヂマル TOKYO」さん開催場所を貸してくださった「日本橋バール ラヂマル TOKYO」さん
スタッフ、発表の準備中!スタッフ、発表の準備中!

【イベント&講演】
5/12開催「いま日本は、中東にどう関わるべき?」

2015年度パレスチナインターン 鴨志田 恵里
2015年5月27日 更新

日本と中東の間のあるべき関係性とは?

講演する今野講演する今野

昨年夏のガザ攻撃、シリア内戦、「イスラム国(IS)」を巡る戦線拡大、イランの核問題など、今日私達に届く中東情勢のニュースは、不穏なものばかりです。そんな、中東情勢の中で、安倍内閣は、集団的自衛権の拡大解釈をはじめ、武力行使に関する取り決めを緩和する動きを見せています。

こうした中、日本も、アメリカの対中東政策に巻き込まれ、アラブ世界と対立していくのでしょうか。5/12に開催された本イベントでは、イラクやアフガニスタンでの支援に長年携わってきた弊団体の代表理事の谷山博史と、2012年からパレスチナに駐在する現地代表の今野泰三が、パレスチナをメインに中東の現状を報告し、中東地域での「テロとの戦い」や人道支援が抱える問題やその解決策について、現場で考えてきたことを報告しました。

【イベント&講演】
中学校に出張授業! アフガニスタンって知ってる?

2015年度アフガニスタン事業インターン 竹村 謙一
2015年5月20日 更新

2015年5月9日(土)に横浜市立平楽中学校で国際理解ワークショップの一環として特別授業が行われました。JVCからはアフガニスタン事業担当の加藤とインターンの竹村が参加し、3年生の一クラスを対象に国際理解のための授業を行いました。その様子をお伝えします。

「はーい、もうしゃべってもいいよ!」の合図で、生徒たちは一斉にしゃべりだしました。文句を言い合ったり、本気で怒ったり、大変な騒ぎで、とても授業中とは思えません。国際理解ワークショップはこうして始まりました。

こんにちは! 2014年度ラオス事業インターンの金田です。

来る2月28日(土)、RYOZAN PARK巣鴨にて「だから僕はとうふバーガーを始めました。~次世代に残したい食と農~」というイベントを開催します!

20150115toufu.jpg

近年広まるオーガニックブーム
表面的に捉えられがちなオーガニックまたは有機
という言葉。

とうふバーガーの移動販売を続ける若き
経営者・笠井亮吾さん

日本とタイの農業の現場に10年近く携わってきた
我らがJVCタイ事業/コンサート事務局の下田寛典さん

お二人の対談を通じ、オーガニックという言葉に
多面的な意味を見出します。

次世代に向けた食と農への温かいメッセージを
温かい黒豆茶をゆったり飲みながら
聴いてみてはいかがでしょうか?

【こんな人にオススメ★】

  • とうふバーガーって何?と興味を持ったそこのあなた!
  • 最近のオーガニックブームに関心があるそこのあなた!
  • 日本人の食生活とタイの農業の関わりに興味があるそこのあなた!
  • これからの食の在り方について考えたいそこのあなた!
  • 黒豆茶って何?飲みた〜い!とふと思ったそこのあなた!

などなど、ぜひぜひご来場くださいませ!

※このイベントは、JVCの東京事務所インターン2名(ラオス事業インターン金田、アフリカ事業インターン稲垣)による主催イベントです。イベントの詳細は、イベントページ『だから僕はとうふバーガーを始めました。』をご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net