アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

台東区社会福祉協議会×アラビア語プラ板ワークショップ

広報担当 大村 真理子
2017年9月 7日 更新

昨年に引き続き、台東区社会福祉協議会さんと一緒に小学生向けの夏休みプログラムを企画しました。(前回は「アートけんだま」をやりました)今回は、「アラビア語プラ板ワークショップ」を開催しました。

パレスチナで使用されているアラビア語を操るパレスチナ事業担当並木が講師となり、参加者の皆さんのお名前をアラビア語で書けるようにレクチャー、更にはそれを懐かしい(でも今リバイバル?人気みたいです)「プラ板」に書いてキーホルダーにしようという企画です。(「プラ板」参考外部リンク:https://matome.naver.jp/odai/2142357839077650701

台東区社協のキャラクターはっぴぃくんがお出迎え~台東区社協のキャラクターはっぴぃくんがお出迎え~

当日の参加者は小学1年生が2人と4年生が1人。後はその親御さんや妹さんなど、人数が少ないからこそのアットホームな雰囲気となりました。

パレスチナに関連するクイズで頭の体操パレスチナに関連するクイズで頭の体操

参加者の皆さんには、事前にお願いして「書き損じハガキ」を持参していただきました。JVCパレスチナ事業は「書き損じハガキ」を収集し、活動資金にしています。書き損じハガキ2枚で、パレスチナで子どもの健康状態を検査する「血液検査チップ」をおおよそ1つ購入できます。皆さん数枚ずつ持参してくださっていたので、その使い道などを説明させていただきました。

その後はお待ちかね?アラビア語講座です。日本語とは逆で、右から左に書くアラビア語。並木が書き始めると「うわー」「むずかしい~」との歓声(?)があがります。それもそのはず・・・まず並木が書いた「こんにちは!=マルハバ」が以下。一体どこからどう書けば・・・?笑

上から3つ目がアラビア語のこんにちは=マルハバ上から3つ目がアラビア語のこんにちは=マルハバ

「うわ~」!との声を受けながら、「並木先生」はどんどん進みます。続いては、参加者の名前をひとりひとりレクチャー。

ハルくんとチアキちゃんの名前をレクチャー中ハルくんとチアキちゃんの名前をレクチャー中
みんな自分の名前がどうなるか?興味しんしんですみんな自分の名前がどうなるか?興味しんしんです

各自教えてもらったところで、いざ実践。思い思いのペンを片手に、練習開始です。

親御さんも一緒に。みんな真剣!親御さんも一緒に。みんな真剣!
何度も練習しているエイカちゃん。上手!!何度も練習しているエイカちゃん。上手!!
分からないところは聞きながら、楽しく海の向こうの言葉を勉強中分からないところは聞きながら、楽しく海の向こうの言葉を勉強中

書けたら、トースターにプラ板を入れて10数秒。

待っている時間も楽しい待っている時間も楽しい

少し冷ましたら、できあがり!穴をあけてチェーンをとおして、キーホルダーの完成です。

無事に完成!無事に完成!
個性が出てかわいい個性が出てかわいい

こうして第2回小学生向け「国際協力プログラム」、今回も楽しく終えることができました。ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。東京事務所が台東区にあるJVC、こんな風に地域の皆さんと一緒に過ごせる時間が嬉しく、この企画がきっかけで新たなご縁ができたら素敵だな、と思います。

最後にみんなで記念写真最後にみんなで記念写真

しかし「プラ板」、大人が見ていてもとても楽しそう・・・ということでちょっとはやく終わったので、社協の皆さんと一緒に、自分の名前のキーホルダーも作っちゃいました(笑)

みんな真剣・・・みんな真剣・・・

私も並木先生に教わって1枚!この「プラ板ワークショップ」、その他の言語でアレンジしたり、色々と可能性がありそうでこれから楽しみです。

パソコンケースにつけました。これで中東出張もばっちり?パソコンケースにつけました。これで中東出張もばっちり?

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net