アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

読めば世の中がちょっと深くわかるかも?「JVC文庫」開設しました。

事務局次長 細野 純也
2017年5月 9日 更新

JVC東京事務所に、このたび「JVC文庫」を開設。

「JVC文庫」開設!「JVC文庫」開設!

皆さんこんにちは。事務局次長の細野です。

この春から、新学期や新しい職場などの新しい環境に身を置くことになった方や、新しいことを始めよう、と思われている方もいらっしゃるかと思います。JVC東京事務所でも、2017年度のインターンたち(今年は5名!)が活動を始めてくれていますし、新しくボランティアとして来られる方もいらっしゃいます。

そうした方々に、「よりJVCの活動を知ってほしいな、ついては、その背景にある様々な構造的な課題についても、あわせて紹介したいな」と思いまして、ついては、世の中には様々に名著が沢山あるからそれらを良質なガイド役として紹介してはどうだろうか、と考えました。

もちろん、「本を一冊読めば世界がわかる」と言うつもりは毛頭ないですが、なぜそもそもJVCのような国際協力NGOが存在するのか、その役目は何なのか、構造的な課題とは何か、などを考えるきっかけとなれば、といった感じですね。

名著とJVC活動地を知るための本を

そうした本をピックアップ/セレクションしてリアルで手に取りやすい空間を作りたいな、と企画しまして、「JVC文庫」としてJVC東京事務所内に設置することにした次第です。まだまだ蔵書(笑)は少ないですが、今後、

  1. 古今東西の国際協力関係での名著
  2. JVCの各事業地を知るための、事業担当おすすめの5冊

を中心に集めていきます。いまのところ、ラジ・パテル『肥満と飢餓』(以下リンクはamazonです)、アマルティア・セン『貧困の克服』、高木徹『戦争広告代理店』、高坂正堯『国際政治』、スティグリッツ『世界を不幸にしたグローバリズムの正体』、ちょっと古いところで村井吉敬『エビと日本人』、まずは現代史をおさらいするために池上彰『そうだったのか!現代史』などをあげています(このラインナップは、単にいま僕の自宅にあったものだけなので、特に他意はありません。また、「そもそも名著とはなにか」なんて定義に唯一の正解があるわけはないので、僕の独断と偏見で選んでいます)。

『肥満と飢餓 世界フード・ビジネスの不幸のシステム』

そのなかでも『肥満と飢餓』については、以前JVC会報誌で書評を書いたことがありますので、それを掲載しますね。

『肥満と飢餓 世界フード・ビジネスの不幸のシステム』
あらかじめ断っておくが、新著ではない。日本語訳が一昨年秋、 原著は〇七年の発行だ。なぜ今この本を紹介するのかと言えば、発売後気になっていたがその後震災などがあってなかなか手に取れなかったこと、それでも今まで気になり続けていたこと、簡単に古くなる内容ではないこと、がある。個人的にはようやくの紹介となる。
「肥満」と「飢餓」。一見するとまったく逆のありように見えるこのふたつのことが、実は同じ原因によって引き起こされているのではないだろうか、というのがこの本のテーマだ。人間の身体を形作るのは日々の食事(=フード)。著者は世界におけるその「フードシステム」の仕組みに対して、多方面のデータや資料を駆使し、また自ら現場で取材もしながらその問題点を明らかにしていく。
食料生産現場の絶望的な風景、都市と農村の格差、過去数百年をさかのぼっての食料事情の変容(偶然もあれば恣意的なものもある)、表にでてこないアクター、化学による農業への影響(農薬や遺伝子組み換え作物なども)、消費者に対する巧みな販売アプローチ、そしてそれらが相まって構築されてきた、生産者と消費者双方の側に存在する(けれど目には見えない)選択肢の無さ。「こんな世界に生きていたのか...」と、なかば呆然とするかもしれない。
もちろんこの問題は複雑であるが、それらに対する代替案も提示されている。ある意味どれも聞いたことがあるようなものだが、その背景をより理解した上でなら、あらたな希望として受け取れそうだ。新しい視点を得る、という意味では、開発教育教材としてまた広い意味での啓発という意味でも、最近のものでは最高ランクのもののひとつではないだろうか。そして、本書最大のキーワードは「砂時計」。それがなにを意味するのか、ぜひ実際に本書を手にとって確認してほしい。
出てくる事例の多くは海外のものだったり多国籍企業の話だが、そうした企業の製品はもちろん日本の私たちの身近にもあふれている。それに加えて、訳者によって日本における食料事情についても巻末にまとめられているのが心強い
(JVC会報誌Trial & Error no.293 (2012年2月発行)より)

今後、「各事業を知るための5冊」も随時追加していきます。

皆さんもJVC東京事務所を訪れた際には、ぜひ「JVC文庫」を手にとってご覧ください(貸出はしていませんが)。また、「こんな本もオススメだよ」というレコメンドも大歓迎です!ぜひこの記事のコメント欄やTwitter/Facebookなどで教えてください(蔵書として採用できるかどうかはわかりませんが、個人的には国際法とその実効性に関する本が読みたいです)。よろしくお願いします!

※記事内で言及している書籍につきましては、「JVCとしてのその本の内容に公式に賛成している」というわけではありませんのでご了承ください。むしろ、このご時世に自分たちが賛成できる本/情報ばかり読んでいても仕方がないですけどね...

東京事務所の日々 の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2017年5月 9日 更新読めば世の中がちょっと深くわかるかも?「JVC文庫」開設しました。
2017年3月11日 更新16.7mの赤いライン。東日本大震災の記憶
2017年3月10日 更新「ミスターゼロ」と「ミスタースリー」
2016年7月15日 更新サッカー観戦できる日常
2016年6月 9日 更新瞑想のピアニスト・ウォン・ウィンツァンさんのコンサートに行ってきました
2016年4月15日 更新ソトコト5月号&中学校社会科用教科書「公民」に池田&金子が掲載
2016年4月 8日 更新電気の自給率100%、理事の田中優さんの新居にお邪魔しました
2016年1月21日 更新1枚でも大きな力になる、書き損じハガキ・切手のご寄付をお願いします
2014年1月22日 更新映画『100,000年後の安全』がまるごとネットで観られます
2013年12月26日 更新「来年のカレンダーはお決まりですか?」
フォトジャーナリスト・安田菜津紀さんのトークイベントが開催されました
2013年12月10日 更新映画『もうひとりの息子』を観ました
2013年8月 6日 更新JVC合唱団の合宿に参加してきました。
2013年3月 6日 更新「星野昌子さんの叙勲を祝う会」が開催されました
2013年1月 4日 更新複雑な中東情勢を(なんとか)図示してみた
2012年12月11日 更新嬉しい再会@南アフリカ
2011年11月22日 更新封入作業を見てみよう!
2011年9月15日 更新再びリビアを考える
2011年5月18日 更新5月11日、JVCメンバー24人が気仙沼でボランティアに参加
2011年5月17日 更新新インターン6人を迎えました
2011年5月 2日 更新いま改めて、リビアを考える。

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net