アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
2017年3月10日 【 東京事務所の日々

「ミスターゼロ」と「ミスタースリー」

広報担当 大村 真理子
2017年3月10日 更新

2017年2月より、カレンダー事業担当の橋本がスーダン現地駐在に異動、現地に赴任しています。

JVC東京事務所恒例「花道」でお見送り~JVC東京事務所恒例「花道」でお見送り~

ところで橋本といえば、風になびくウェーブヘアーが特徴の職員でした。

イケメン風?3児のパパイケメン風?3児のパパ

そんなは橋本がスーダンについてすぐ、断髪したとの噂を聞きつけ、さっそく連絡をしてみたところ、こんな写真が送られてきました。

髪以外にもヒゲ、肌の色など、別人のようです髪以外にもヒゲ、肌の色など、別人のようです

髪を切った理由を聞いてみたら、こんな返答がかえってきました。

「事務所(兼住居)の水道環境が、自分が到着してからなぜか調子が悪く、思うようにシャワーが使えないことが想定されたので、短くしました。ちょうど今井さん(スーダン事業現地代表/南スーダン緊急支援担当)が行きつけの床屋さんに行くというので、これ幸いとついていきました。」

てっきり今井は自分でやっているのかと思っていましたが・・・床屋に行っていたんですねてっきり今井は自分でやっているのかと思っていましたが・・・床屋に行っていたんですね

以下、橋本の床屋レポートです。

「いざ床屋にいくと、店の皆さんに大歓迎される今井さん!さすが、常連の雰囲気です。店の主人がしきりに今井さんを"ミスターゼロ!"と呼ぶのでなんだろう?と思っていたら、整髪の際、バリカンを一番短く切れる"0(ゼロ)"に設定して髪を刈るからでした。」

「今井さんが"ミスターゼロ"になった後は、いよいよ自分の番。"ミスターゼロ"の勇気はなかったので、"周囲を短くして、トップは長め"にお願いしましたが、いきなり前髪をバッサリ揃えられました。これは仕上がりが危険である、と即座に判断し、坊主にオーダーシフトしました。ちなみに橋本は"ミスタースリー"になりました。」

"ミスターゼロ"(右)と"ミスタースリー"(左)、仲良く記念撮影"ミスターゼロ"(右)と"ミスタースリー"(左)、仲良く記念撮影

最後に橋本からひとこと。

「床屋さんの名誉のために言います。こちらの語学力不足(スーダンはアラビア語)のせいで希望が通らなかっただけで、床屋さんの腕は悪くありません。またチャレンジします。」

ちなみに1回のカットは日本円で200円くらいだそうです。

JVCは2005年にスーダン・ダルフールで人道支援活動を実施、その後2006年から2009年まで独立前の南スーダンにおいて故郷に帰還する難民への支援を実施してきました。そして2010年からは現在の活動地である南コルドファン州に拠点を移し、国内避難民を中心に支援を行っています。
(事業詳細はこちらから)

南北分離以降のスーダンと南スーダン南北分離以降のスーダンと南スーダン

また2016年9月と11月には南スーダンに職員(今井)を派遣し、緊急支援活動を実施しました。同活動は2017年3月にも予定しています。
(緊急支援詳細はこちらから)

今回は少しでも、現地の方々との普段のやりとりをお伝えしたく、エピソードを紹介させていただきました。赴任したばかりの橋本、これからどうぞよろしくお願いいたします。
(スーダンは町中での撮影が規制されているため、なかなか写真をお届けできないのが残念です。)

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net