アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
2017年1月23日

広報インターンパレスチナへ行く

~事業視察と聖地観光~
2016広報インターン 田中 春音
2017年1月23日 更新
白の石畳の建物がヨーロッパのような 雰囲気が漂うエルサレム旧市街白の石畳の建物がヨーロッパのような 雰囲気が漂うエルサレム旧市街

みなさん、こんにちは。今年度広報インターンのホームページを担当している田中春音です。1年間のインターンも残りわずかとなってきました。

今回で記事を書くのは、二回目になります。(前回の記事はこちら)実は、11月にパレスチナへ1週間行ってきました。今回、嬉しいことに、現在調整員としてパレスチナにいる並木さんや、元JVCイラクインターンだった渡辺さん、現地代表の金子さんにも案内して頂きました。

最近では中東の問題についてメディアで報じることも多々あるからでしょうか、私がパレスチナに行くと伝えると、周りの人たちに、大丈夫なの?!と心配されることもありました。確かに私はアラビア語を喋れないし、NGO職員や国連スタッフでもなく、ただの学生ですが、私自身はそんなに構えておらず、普通に海外旅行に行きたいと思うのと同じような気持ちでした。自分がつくったイメージや、ニュースなどメディアの情報で、判断するのではなく、自分で実際に行き、そこに生活をしている人々をみたいという思いがありました。色々と複雑な問題はありますが、別に特別な理由がなくたって行きたいと思えば行ける、そんなところ行けるの?ではなく、あぁパレスチナか、いいね~って思える魅力的な場所だなと思いました。もちろん、海外に行くので、少しの緊張はありましたが、それ以上に初めてのパレスチナに行くことをとても楽しみにしていました。

さて、冬になると寒いと聞くパレスチナですが、私が行っている間は、比較的暖かく、天気にはとても恵まれた1週間でした。JVCが関わっている事業現場や、観光、チャーミングなアラブのおじさんなど1週間の滞在でわかったことをお伝えしたいと思います。

男子学校の視察

まず紹介してもらったのはJVCの活動の一つである、青少年のレジリエンスと地域保健の事業現場でした。 (リンク

学校に行くと元気な男の子たちがたくさんいました学校に行くと元気な男の子たちがたくさんいました
途中で日本についての紹介を頼まれ、説明する並木さん。みんな興味津々に聞いています途中で日本についての紹介を頼まれ、説明する並木さん。みんな興味津々に聞いています

みんなとても元気で自由に発言している雰囲気がとても印象に残りました。日本の学校ではあまり見られない光景です。この日の授業の内容は、糖尿病についての予防。子どもたちに糖尿病について伝えるのは、早すぎではないかと思いましたが、実はパレスチナでは若い人も糖尿病になりやすいそうです。中東の食文化自体、油ものが多く、甘いお菓子もたくさんある中、コカ・コーラやスプライトなどを飲む人が多いことも、原因かもしれません。

保健委員会の生徒たちに聞き取り調査を行ってます保健委員会の生徒たちに聞き取り調査を行ってます

学校には保健委員会に所属する子どもたちがいて、彼らが、他の生徒たちに公衆衛生管理などの呼びかけ活動をしています。また、イスラエル軍が学校に来ることもあり、催涙弾を学校に投げてくるたびに生徒たちは石を投げて抵抗することがたびたびあるそう。日常的に暴力にさらされる中、生徒たちの間でも暴力がおきる時もあり、そういった時に保健委員が仲介に入るそうです。

楽しそうに会話する並木さんと現地スタッフ楽しそうに会話する並木さんと現地スタッフ

パレスチナ刺繍の裏側

次は私がとっても楽しみにしていた刺繡事業の視察をさせていただきました。JVCの物販でも人気のあるパレスチナ刺繍。カラフルで、きれいな柄がたくさんあります。実際に愛用している方からお話しを聞くと、とても丈夫で、さらに使いやすいとおっしゃっていました。(JVCで刺繍グッズを買いたい方がこちら

今回入荷する刺繍を一つ一つチェックしていきます今回入荷する刺繍を一つ一つチェックしていきます
慣れているからでしょうか、縫うスピートがとても早いです慣れているからでしょうか、縫うスピートがとても早いです

今回は実際に刺繍を縫ってくださっている方々に会えました。縫っているのは、難民キャンプで生活している女性たち。私たちは普段出来上がっているものしか目にしませんが、こうやって彼女たちが一つ一つ丁寧に作っている過程を知るだけで、刺繍品がもっとステキに見えます。ただ困っているから助けるのではなく、そこに生活している人が自立して生活できるように一緒に考えていくところがJVCらしいと思いました。

試行錯誤しながら、今後の商品について話し合います試行錯誤しながら、今後の商品について話し合います
最後にみんなでパチリ最後にみんなでパチリ

写真で見るパレスチナ観光

さすが聖地と言われるだけあって、たくさんの人々がエルサレムをに訪れていました。昔も今も聖地として変わらず、世界各地から人々が集まりここに祈りを捧げています。 私のようにただ観光に来ている人から、お祈りしに来ている人たち、目的は別々でも、多くの人たちを引き寄せる何かがここにはありました。
ここで、少しですが、写真で紹介したいと思います。

聖地エルサレム

聖墳墓教会。ゴルゴダの丘やイエスの墓と言われているところに建っているためか、中はたくさんの人がお祈りをしていました聖墳墓教会。ゴルゴダの丘やイエスの墓と言われているところに建っているためか、中はたくさんの人がお祈りをしていました
巡礼者たち巡礼者たち
嘆きの壁嘆きの壁
神殿の丘.よく見るとタイルが敷き詰められていて、とてもかわいい神殿の丘.よく見るとタイルが敷き詰められていて、とてもかわいい
この丘からは旧市街もここから見えて、丘から見える夕日は息を呑むほど絶景でしたこの丘からは旧市街もここから見えて、丘から見える夕日は息を呑むほど絶景でした
日本語で書かれている地球の歩き方を見ているパレスチナのおじさん日本語で書かれている地球の歩き方を見ているパレスチナのおじさん
おじさんと一緒に旧市街を回っていると、黒猫もついてきましたおじさんと一緒に旧市街を回っていると、黒猫もついてきました

ナブルス

ここはパレスチナ自治区の大きな街。旧市街では、エルサレムとはまた違った、ちょっと混沌としたところにアジアっぽさを感じました。

ナブルスで一番人気のチーズケーキ「クナーファ」。中にチーズが入っていてとても美味しかったですナブルスで一番人気のチーズケーキ「クナーファ」。中にチーズが入っていてとても美味しかったです
甘いものが大好きだというパレスチナ人。男の人もたくさん集まって食べています甘いものが大好きだというパレスチナ人。男の人もたくさん集まって食べています
イスラエル軍との衝突などで、命を落とした人たちのポスター。町ではたびたびこういった殉教者のポスターが見られましたイスラエル軍との衝突などで、命を落とした人たちのポスター。町ではたびたびこういった殉教者のポスターが見られました
歩いていると、男の子がオリーブの石鹸を売りに来てくれました歩いていると、男の子がオリーブの石鹸を売りに来てくれました
オリーブの産地としても知られているパレスチナ。オリーブ石鹸は昔から作られているようで、お土産に私も一つ買いましたオリーブの産地としても知られているパレスチナ。オリーブ石鹸は昔から作られているようで、お土産に私も一つ買いました

難民キャンプの子どもたち

カメラを向けると素敵な笑顔でお出迎えカメラを向けると素敵な笑顔でお出迎え
嬉しそうに手に貼られたシールを見せてくれました嬉しそうに手に貼られたシールを見せてくれました

パレスチナに行って思ったこと

日本より小さいパレスチナ。1週間あれば十分かなと思っていましたが、1週間じゃ全然たりない!と気づいた時にはもう帰国・・・1週間という短い期間でしたが、事業視察に行ったり、観光したり、アラブ料理を食べたり、色々な人に出会ったりと、とても充実した1週間でした。
今回パレスチナに行って何より印象的だったのが、人々の優しさです。日本にいると町中を歩いている人に対しては無関心で、困っている人がいても何も気づかないということもあります。日本では知らない誰かに助けてもらうのは、相手に迷惑をかけてしまうし、話しかけづらいと思う人も中にはいると思います。私も日本では、町中を歩いている人に話しかけるのには少し抵抗があります。

ただお土産を買いに来ただけなのに、ミントの紅茶を入れてくれましたただお土産を買いに来ただけなのに、ミントの紅茶を入れてくれました

だけど、海外でwifiを持ち歩いているわけではないし、わからなかったら人に聞くしかない!と思ってたくさんの人に聞き訪ねながら、観光しました。中には「言ってることが違うじゃないか」と思うこともありましたが、ただ道を聞いただけなのに、目的地まで案内まで一緒について来てくれたり、送り迎えをしてくれて、さらに観光スポットに案内してくれたりする人もいました。他人の私になんでこんなに優しいのか、とても驚きましたが、日本で生活していると気づかないやさしさになんだか暖かさを感じました。彼らにとっては当たり前のことかもしれませんが、私にとっては身にしみる優しさでした。日本にもこの優しさを持ち帰って行動したいです。

最後に、パレスチナに行くにあたり、並木さんを始めとして、金子さん、渡辺さん、本当にたくさんの人にお世話になりました。ありがとうございます。

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net