アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

第11回:会員・支援者担当 宮西有紀

2015年度広報インターン 渡辺 由香
2016年2月25日 更新
皆から頼られる姉さん的存在です!皆から頼られる姉さん的存在です!

こんにちは。広報インターン渡辺です。
今回のインタビューは会員・支援者担当の宮西さんです。JVCで働く前はバリバリのキャリアウーマンだった宮西さん。どのような変化を経てこの仕事にたどり着いたのか、色々聞いてみたいと思います!

今までのキャリアを教えてください。

新卒では、ポケベルの会社で事務として働いていました。長く働きたいと思っていたので、女性でも働きやすい環境であったことに惹かれて入社を決めました。3年半勤めたあと、勉強したいことがあったので退職しました。
退職後は、 編集の学校、DTP(DeskTop Publishing。要するにパソコン、MACです。)の学校、テープ起こしの学校と、3つの専門学校に行きました。昼間は派遣会社に勤め、夜は学校に通う日々を2年間続けました。

前職をやめるときの送別会での一枚。チームをまとめるマネージャーだったそう前職をやめるときの送別会での一枚。チームをまとめるマネージャーだったそう

その後、就職したのがインターネットサービスの会社です。JVCに入るまで、13年勤めました。営業事務を担当し、広告の配信・企画・審査等、インターネットに広告が掲載されるまでの一連の仕事をしていました。チームを持っていて管理職を担っていました。もうひたすら仕事に費やす日々を送っていましたね。

どうして国際協力に携わろうと思ったんですか?

ドイツの日本人学校の皆と。宮西さんは最前列右ドイツの日本人学校の皆と。宮西さんは最前列右

原体験は、子供の頃にあります。私は10歳~14歳まで、旧西ドイツで生活していました。 

当時、父に連れられ、ヨーロッパ各地へ旅行しました。東ベルリンで見た、戦後40年経った後も建物に生々しく残っている銃痕や、アンネの日記のアンネ・フランクが生活していた本当に小さな屋根裏部屋、ベルゲンベルゼンにあるユダヤ人強制収容所など、ドイツの戦争にまつわるものを自分の目でたくさん見る経験をしました。ベルゲンベルゼンの収容所では、「エリカ」と言うピンク色のかわいいお花がたくさん咲いていたんですが、そこで友達が私にこう言ったんです。「この綺麗なエリカの下にはたくさんのユダヤ人の骨が埋められているんだよ」。今でもその声が耳に残っています。こういったことを自分の肌で直に感じたことで、多感な時期に自分自身で経験することは大人になってもずっと残るんだ、と実感しています。

こんなこともありました。ある日6歳上の姉が泣きながらインターナショナルスクールから帰ってきたんです。姉は、泣きながら母にこう訴えかけていました。「どうして教えてくれなかったの?」

その日、姉はインターナショナルスクールの授業で、第二次世界大戦に日本軍がした虐殺や強制連行、人体実験などを習ってきたようでした。そして自分は日本人なのに、その事実を知らなかったことが非常にショックで、泣いて母に訴えていたようです。子どもながらに「世の中には知らされていないことがあるのかもしれない」と思いました。ドイツの歴史やドイツがしてきたことは自分の目で見る機会もあったけれど、日本の歴史や日本がしてきたことについて、自分はまだ知らないのではないか。たまたま知らないだけなのか、それとも知らされないことなのか。色々な葛藤がうまれました。このような体験が今に繋がっていますね。

JVCに転職した経緯は?

もともと40歳を過ぎたらキャリアチェンジをしようと考えていました。仕事漬けの生活から、社会人人生折り返し後は自分の得意分野を生かして、やりたいことを新しく始めようと決めました。先ほど話したようなドイツでの体験もあって、NGOという選択肢が出てきた感じですね。

渡辺:転職することに不安はなかったのですか?

まったくありませんでした(笑)やめなければよかったと思ったこともありません。13年も勤めた仕事は好きだったし、誇りも持っていましたが、もうやり尽くしたな、と感じていました。私にとって、このまま会社で働き続けることの方が不安でした。私がやるべきことはこれなのかな、このままでいいのかな、という想いが常にありました。だから本当に、びっくりするくらい退職にあたっての不安はありませんでしたね。

その当時JVCで、新しく「支援者担当」というポジションを募集していました。JVCを支えてくださっている方の情報を管理するポジションです。今までの自分の経験とぴったりで、募集を見つけた時は私が応募しなくちゃいけない!と思いました。

実際に入ってみて、企業であろうとNGOであろうと、基本的には何も変わらないな、と感じています。モノ・サービス・コンテンツで消費者を満足させ対価を得る企業と、活動に理解・共感を得てご支援をいただくNGO。営利か非営利かの違いはありますが、どちらも、社会に貢献することには変わりがないと思います。

渡辺:最近は、コリアの事業にも携わっていらっしゃいますね。

コリア事業に関わるようになったのはJVCに入職した年の冬からです。他の事業は日本が他の国を支援するという構図ですが、コリア事業は複雑な日朝関係もあり、まさに私たち日本人が当事者なんですね。そこにとても興味を持ちました。もともと私は大学で「社会運動史」を学び、書いた卒論は日韓関係についての「サハリン残留韓国・朝鮮人問題」でした。現在はコリア事業のサポートチームに入って、事業担当と一緒にプロジェクトについて考えたりしています。

ちょっと質問を変えて、趣味を聞いてもいいですか?

忘年会でタップを披露してくださった時の動画のスクリーンショット!JVC軽音部とのコラボです忘年会でタップを披露してくださった時の動画のスクリーンショット!JVC軽音部とのコラボです

タップダンスです。高校の時に習っていたジャズダンスの基礎練習の1つに、タップダンスが組み込まれていたのがきっかけでした。靴を履いて音をならす。「自分が音になる」ことが楽しくて、すっかり虜になりました。タップダンスは、人によって全く音が違うんですよ。そして自分がリズムを刻むことでまるで自分が楽器のようになるんです。就職してから通い始めたタップダンスの教室は、気づけば20年間続けています。JVCの忘年会などのイベントで披露することもありますよ(笑)

愛用のタップシューズ。一見フォーマルな普通の靴に見えますが、裏側はご覧の通り専用の金具が取り付けられています。愛用のタップシューズ。一見フォーマルな普通の靴に見えますが、裏側はご覧の通り専用の金具が取り付けられています。

渡辺:メジャーでない習い事を20年も続けているのが、ぶれない宮西さんらしくてかっこいいです。

最後に、座右の銘を教えてください。

「無駄な経験はない」ですね。私は、今まで仕事で身につけたこと、専門学校で学んだ技術が、今まさにJVCでの仕事に活きています。無駄なことなんて何もないんですよ。全ては自分の糧になっていて、それがいつかはわからなくとも役に立つ時がくると、身をもって感じています。

【インタビューしてみての感想】

宮西さんのいつもぶれないところは、今まで、いろいろな経験を身につけて得たものであったことを初めて知りました。経験豊富な宮西さんだからこそこなせるお仕事があるのだと思います。インタビュー中は、ユーモアを交えてお話しいただけて、新たな一面が見えて嬉しかったです!

【次回予告!】

瞳にこだわって書き上げてくださいました。キラキラです。瞳にこだわって書き上げてくださいました。キラキラです。

次回は宮西さんが一言で表すと「星の王子さま」だとおっしゃるあの方にインタビュー!目がキラキラしていて、純粋なところがヒントかも...?

■JVCを応援したい方、会員制度・寄付についての詳細はこちらから
会員になる
寄付をする

スタッフインタビュー2015 の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2016年7月25日 更新最終回:2015年度広報インターン 
清水春香/渡邊由香
2016年7月21日 更新第19回:経理担当 中原和江
2016年6月16日 更新第18回:南アフリカ事業担当 渡辺直子
2016年5月 9日 更新第17回:南相馬事業担当 白川徹
2016年4月28日 更新第16回:気仙沼事業担当 横山和夫
2016年4月 8日 更新第15回:アフガニスタン事業担当 加藤真希
2016年3月23日 更新第14回:コリア事業担当 寺西澄子
2016年3月15日 更新第13回:パレスチナ事業担当 並木麻衣
2016年3月14日 更新第12回:カレンダー事務局 橋本貴彦
2016年2月25日 更新第11回:会員・支援者担当 宮西有紀
2016年2月16日 更新第10回:スーダン事業担当 小林麗子
2016年2月15日 更新第9回:ラオス事業担当 平野将人
2016年2月 3日 更新第8回:広報担当 大村真理子
2015年12月24日 更新第7回:アフガニスタン事業統括 小野山亮
2015年12月11日 更新第6回:コンサート事務局 石川朋子
2015年12月 3日 更新第5回:経理担当・イラク事業担当 池田未樹
2015年11月26日 更新第4回:カンボジア事業担当 山崎勝
2015年11月18日 更新第3回:事務局次長 細野純也
2015年11月12日 更新第2回:事務局長 長谷部貴俊
2015年10月15日 更新第1回:代表理事 谷山博史

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net